星空文庫星空文庫の作品リスト 2

作品抽出: 全36135作

がんばらない

疲れきったわたし。《がんばれ。がんばれ》しんどいよ。すでに、がんばってきたんだ。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ハートハードビート

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

親たち

父親が仕事をして持ってくるおいしい肉とは

  • 小説
  • 掌編
  • ホラー
  • 成人向け
  • 強い反社会的表現
  • Copyrighted

茸虫

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • コメディ
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
茸虫

夜が明けたら

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

disる

Twitterでの、日常の一コマ。

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
disる

北十字

健太は消息不明の弟健治の動向を案じていた。自分も自慢できるような生活はしていないが、弟はそんな自分よりも不器用に見えていた。弟が残した下宿には自分が住んでいる。どうせ自家以外のどこかには住むのだし、いつでも弟が帰って来れるようにとの思いだった。 母親の宮沢賢治好きが講じた花巻家族旅行の思い出は、鮮明である。自分も弟も「銀河鉄道の夜」に魅せられて、帰宅後から相部屋を、その世界観で満たしていった。二段ベッドを寝台車とみなし、「おやすみ」のかわりに「出発、進行」と言って眠りに落ちた。 健太はあるコースで散策した後に就寝して、弟の夢を見た。以来、同じことを繰り返すようになった。その頃から二人は引き寄せあっていたのかもしれない。 わずかな時間差で先に動き出したのは健太だった。しかし健治も動き始める。再会の時は近づいていた。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
北十字

九月

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
九月

散歩道

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
散歩道

病みの国

病みの国。暗く、おそろしい、声。人々の錯覚。でも、ひかりは差し込まれる。

  • 小説
  • 掌編
  • ホラー
  • SF
  • 全年齢対象
  • Copyrighted