九藤 朋

九藤 朋

竜は蝶を追う 言霊

逢って間もなくひっぱたいてやった男が、自分の名を狂おしく呼ぶ理由を美羽は知らない。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 時代・歴史
  • 青年向け
  • Copyrighted

竜は蝶を追う その声で

雨の中、カメラを構えていた竜軌は美羽に気付いた。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 時代・歴史
  • 青年向け
  • Copyrighted

音響

自由律風な歌を一首。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

振り子

字余り短歌です。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

竜は蝶を追う 二歩、三歩

優しい声に、美羽は更に踏み出してみようと思った。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

竜は蝶を追う 箱庭

竜軌の母、新庄文子に美羽は招かれた。

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

竜は蝶を追う 欠片も残さず

文子の提案に乗り、美羽は園遊会に出ることを決意する。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

竜は蝶を追う 客席にて

竜軌と孝彰、父子の対話から読み取られたものは――――――――。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

竜は蝶を追う 善かれと

美羽は竜軌に眠れないと訴えた。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

竜は蝶を追う 対岸

変調をきたした美羽の前に、最も出逢ってはならない男は現れる――――――――。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
  • Copyrighted