加賀谷樹里

君の声は僕の声  第六章 17 ─告白─

今泣いていたのは『心』心は小さな子どもだ。そして、森の中に逃げて行ったのは『陽大』だ。僕も彼らも、杏樹ではない。僕は杏樹でもないし、陽大でもない──見ろ、誰も信じやしないじゃないか

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第六章 18 ─如是─

難しく考えずに、杏樹の中の『彼ら』とそのまま向き合えばいい。玲には玲と。陽大には陽大として。そうすれば自然と彼らを受け入れることができるはずだ。──聡のようにね

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第六章 19 ─天帝─

今ここに存在するのは、遠い過去の人々が暮らし、今では忘れ去られ、ひっそりと森に抱かれて眠る広場と神殿。そして遮るもののない宇宙 そして僕たち── ──第二部 完──

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第三部 (第七章) ─序章─

利発で聡明な弟。 竜二の控え目な態度が浩一の自尊心を苛つかせた。屋敷の使用人からも「妾の子」と囁かれ、浩一には竜二が何か汚れたもののように思えてきた。 浩一のそんな気持ちを竜二は敏感に感じ取る。そして更に自分を抑え込む。兄を超えぬよう、並ばぬよう……。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第七章 1 ─青い海に沈む王国─

仮に海に沈んだのが本当だとして、海を見つけてどうするんだ? 遺跡が海の底に眠っているだけだぞ? どうやって海の底の遺跡を調査するんだ? 山のてっぺんでサルベージでもするのか? どうやって?

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第七章 2 ─透馬─

定期的に家族から手紙が送られてくるし、面会にも来る。寮生とはいえ、家族にも愛され、透馬は穏やかに見える。だが、もともと音楽を愛する情熱家だ。その胸の内は他の少年たちよりも激しいのではないかと櫂は思う

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第七章 3 ─薪ストーブ─

自分たちは常識から外れている。でも現に僕たちは存在している。見方を変えれば、僕たちが存在していることのほうが常識なのだ

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第七章 4 ─薄氷─

聡のここも痛いけど、秀蓮のここはもっと痛いよ

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第七章 5 ─木漏れ日─

杏樹はまだ知らない。自分の中に『他人』が住んでいることを。それを知ったら、杏樹は……?

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第七章 6 ─故郷─

「これは秀蓮、あなたのことではないでしょうか」 瑛仁がさらにページをめくると、『C―001』の部分が『N─001』『N─002』と、数字は082まで続いていた。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted