加賀谷樹里

君の声は僕の声  第五章 3 ─古代文字─

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第五章 4 ─自然体─

自分の身体を隠そうともせずに、夏の太陽のまばゆい光の下にさらして笑っている陽大は自然体だ。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第五章 5 ─杏樹─

──そんなに言うなら杏樹を起こそう 炎で赤く染まった頬を動かさずに、秀蓮に向かって玲は言った。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第五章 6 ─杏樹の母親─

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第六章 1 ─地図と羅針盤─

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第六章 2 ─陵墓の夜─

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第六章 3 ─癒しの手を持つ少女─

櫂が薪をくべると、火の粉が散り、薪がはぜる音が大きく響き渡った。みんなはまた無言で炎を見つめていた。時折聞こえてくる鳥や獣の声が、より一層森の静寂を深める

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第六章 4 ─初代帝陵─

杜雪が『癒しの手を持つ少女』だとわかると、彼女はその日から巫女にされた。巫女は清められ、他の子供たちとは離されて大切に育てられる。だが、彼女には好きな人がいたんだよ……君のお父さんの名は夜風だね

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第六章 5 ─誓い─

──透馬の言う通りだ。俺たちはみんな同じだ

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

君の声は僕の声  第六章 6 ─二匹の蛇─

──まるで巨人の身体に張り巡らされた血管みたいだ

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted