草片文庫(くさびらぶんこ)

草片文庫(くさびらぶんこ)

無我

瞑想する場所を求める茶色の茸。京都のちょっとしたお話です。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

氷河の土産

氷河の中に、赤い茸が輪になって入っていた。それは何を意味しているのだろうか。

  • 小説
  • 短編
  • ミステリー
  • SF
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ともだち

人の訪れることのない小さな島に、茸の友人が住んでいる男の奇妙な物語。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • コメディ
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

熊の青い茸

マタギが青い茸をくわえて巣穴に入るのを見た。中から出てきたのは男の子だった。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • コメディ
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

茸寿司

茸を握る寿司屋。その主人の正体は

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • ホラー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

土左衛門茸

川に浮く死体に必ず茸が生えていた。流行病の土左衛門だ。船頭の又吉は頼まれた荷物を荷車に積み遠くの屋敷に運ぶ。そこから又吉の運命は変わっていく。茸にくわしい又吉が病を治す薬を見つける手助けをする物語である。

  • 小説
  • 短編
  • ミステリー
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

茸の飼育

マンションの隣に住む女性は茸の料理研究家であり栽培家だった。フィギュアデザイナーの僕は彼女と知り合って、茸フィギュアを作ることになるのだが、

  • 小説
  • 短編
  • SF
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

電気茸

電気を発する茸があると信じて探す男の物語

  • 小説
  • 短編
  • SF
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

恋文

ポストに古風な恋文が入っていた。差出人名がない。老人は誰が出したのか、ポストを見張っている。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

茸鍋

土鍋の底の松茸の絵が茸鍋をしたら本物になって現れた。絵を他のものと取り換えることができることがわかった彼は、松茸の代わりに人と指と入れ替えた。

  • 小説
  • 短編
  • ホラー
  • コメディ
  • 青年向け
  • Copyrighted