すんのはじめ

初心者です。よろしく

猫のきおく

俺は捨て猫だった。ある日、女の子に拾われ家族になった。それから、女の子とともに幸せな日常を送るようになった。そして、桜が舞い散る頃、女の子が事故に巻き込まれそうになって、俺はそれまでの感謝を込めて身を挺して身代わりになっていった。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

黒猫現る 少しの夢を見させる おばぁさん編

黒猫何処からかが現れて 「お前に少しだけ夢を見させてやる」 と、言うと不思議な想い出がよみがえる。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 成人向け
  • 強い性的表現
  • Copyrighted

黒猫現る 少しの夢を見させる 新妻、妊婦編

何処からか黒猫が現れて 「お前が大切にしている想い出をもう一度見させてやる」 と、言うと不思議な想い出がよみがえる。 臨月に入っている新妻には、自分勝手な夫がいたが 不思議な体験を感じていたが、新しい日常に幸せを感じ取る

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 成人向け
  • 強い性的表現
  • Copyrighted

黒猫現る 少しの夢を見させる 青年編

黒猫が何処からか現れて 「お前に少しだけ夢を見させてやるからやり直してみな」と

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 成人向け
  • 強い性的表現
  • Copyrighted

絢と僕の留メ具の掛け違い・・そして 最終章 結末

絢とは小学校3年からの同級生で、席が隣同士が多い。6年の時、僕は、一緒に勉強するかと言ってしまった。その時から二人は接近してゆくが、高校生になって、だんだん会う日が少なくなって、僕の思い違いから離れてしまう。僕は、地方の大学に進んだが・・二人の留メ具は 第1章~最終章

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

本町絢 外伝 絢と僕の留メ具の掛け違い・・そして 最終章 結末

水島基君、私の小学校3年のときから、ずーと同級生で席も隣が多かった。あることが、きっかけで私は彼のことを意識し始めて、それから彼の後ろを追いかけて・・ 初めてモト君と待ち合わせした時と同じように、柱の陰で来るのを待っていた。彼はまだ私との留メ具を持っていてくれるのだろうか・・ 大学の学生会館の前、必ずこの前を通るはず。 来た! その時、周りは見えない、モト君だけしか私には映らなかった。あの青と紅の蝶々お守りを握り締めて、私、自然と小走りになって、 絢と僕の留めメ具の掛け違い・・そして の本町絢の気持ちを綴った物語 第1章~最終章結末

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 青年向け
  • Copyrighted

それから 本町絢と水島基は

僕は地方の大学海洋学部に進んだ。オリエンテーションの日、絢が学生会館の柱の陰から姿を見せた。僕を追って、教育学部に入学していたんだった。駆け寄る彼女を、僕は、思わず抱きしめていた。 それから、ふたりは大学生活を楽しむ日々を送っていたが、僕は夢を叶えるために沖縄に・・そして、絢も・・ 絢と僕の留メ具の掛け違い・・そして 続編 連載

  • 小説
  • 長編
  • 青春
  • 恋愛
  • 青年向け
  • Copyrighted

黒猫現る 少しの夢を見させる OL編

付き合っている彼氏と喧嘩別れしたあと、知らない男性に声をかけられ、飲みにいったが・・・ 希望もなくして、公園にいると 赤いリボンの黒猫が現れ、後悔する前に連れて行ってやると・・

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 成人向け
  • 強い性的表現
  • Copyrighted

黒猫現る 少しの夢を見させる 娘と父親編

私は、愛する妻と娘と普通の生活を送っていたが、妻がお墓参りに独りで出掛けた後、連絡が途絶えていた。警察からの連絡で、確認に行ったら、確かに妻だった。衣服が引き裂かれ、無残な姿だったらしい。その後、愛する妻への想いを抱きながら、娘と平穏な日々を送っていたが、娘の結婚が決まり、嫁ぐ日の前日、妻と愛し合った時のことを想い出していると 黒猫が現れ・・

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 成人向け
  • 強い性的表現
  • Copyrighted

それから 本町絢と水島基は 9-5

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 成人向け
  • 強い性的表現
  • Copyrighted