黒猫現る 少しの夢を見させる 新妻、妊婦編

すんのはじめ

黒猫現る 少しの夢を見させる 新妻、妊婦編

何処からか黒猫が現れ「お前が大切にしている想い出をもう一度見させてやる」と言うと不思議な体験が・・

- - - - - - - - - - ☆ ☆ ☆ - - - - - - - - - -

まだ、朝なのに

「しようぜ。脱いで、テーブルに手をついて、尻を突き出せよ」
とズボンを下げながら言ってきた。

「そんなの嫌よ」 と返したら

「お前、させないと浮気するぞ。もう、何日もしてないじゃあないか」

私は、しぶしぶ言う通りにして、お尻を突き出していた。

「孕んでいるせいか、アソコが締まって気持ちいいぜー、ウッウツ、お前もいいだろう」

私は、声が出そうなのを押し殺して、気持ちがたかぶってくるのを我慢していた。終わると、仕事に出ていってしまった。私は、むなしい気持ちでティシュの箱に手を伸ばした。

 昔、付き合っていた人と別れてから、しばらくして、高校の時の同級生に誘われて、遊びに行った。カフェという話だったけど、行った先は照明が暗くて、小さなステージではセクシーな衣装で男女が怪しげなダンスをしていた。その手前にテーブル席が並んでいて、壁側にはボックス席が幾つかあり、その中では抱き合っている男女も居た。私達は、テーブル席で飲んでいたのだけれども、そのうち、隣の男二人連れと同席していた。久しぶりだったので私飲み過ぎたみたい。

皆で外に出た時、歩き始めたら直ぐに酔いがまわってきて、気が付いたら、男の人と二人っきりだった。強引にラブホに連れ込まれて、私、半分、どうでも良くなっていた。服を脱がされて、入れられてしまった。「お願い、中には出さないで」と言うのが、精一杯だった。その後も、たびたび、呼び出されては、言われるままに、抱かれた。その男の人が健ちゃんだった。初めのうちは、優しかったけど、彼のアパートに行くようになると、だんだん横柄になっていった。だけど、好きだと言ってくれたし、身体の関係もあったし、そのうち同棲するようになった。

 夫の健ちゃんは、25才、今は印刷会社の営業をしている。私と付き合い始めて、直ぐに同棲して、もう3年になる。去年の秋に妊娠がわかって、籍を入れてもらった。同棲を始めてから、家賃や生活費は私が全部出してきた。
 
 3か月前に、私は自転車も危険なので、それまでの仕事を辞めている。それ以降、貯金が減り、出産の費用だけを何とか残している状態だ。彼は、自分の給料は、競馬とかパチンコに使って、飲んで帰ってきて、私の身体をむさぼって、勝手に寝てしまう毎日だ。

 前の職場の仲間に相談すると、「そんな男とは早く別れた方がいいよ、ただで出来る女とぐらいにしか思っていないんだからね」と言われたけど、お腹の子の為にも、シングルマザーは避けたいと思っている。今朝も、「生活費を幾らか入れてください」とお願いしたが、機嫌が悪くなって出て行ってしまった。

 - - - - - - - -- - - ☆ ☆ ☆ - - - - - - - - - -

 産婦人科を出て、私は海岸が見える公園のベンチで休んでいた。もう、臨月に入っていて、初めての子が産まれるのが近い。私は、白川ルリ 23才になったばっかり。

 気が付くと赤いリボンをした黒猫がこっちを見ている。手下げ袋の中を探ったら、[食べる煮干し]があった。妊娠がわかって鉄分補給にと、間がさして買ったやつだ。「食べる?」と言って数匹を手のひらにのせて差し出した。

「お前が大切にしている想い出をもう一度見させてやる」と黒猫がしゃべった。
 
「忘れられない想い出はあるか?」と続けた

 私の母は黙って、家を出て行った。父に言わすと、男と浮気していたので、その男のもとに走ったという話だ。しばらくすると、あの男は、お母さんもやっていたことだからと、私に一緒に風呂に入って背中を流せと言ったり、男のアソコを手で洗えと強制するようになってきた。だから、直ぐにアパートを借りて、家を出た。

 私は、昔付き合っていた男性のことを想い返していた。20才近く年が離れていて、妻子持ちだったけど、単身赴任で来ていて、同じ職場だった。私が、就職して1年程経った時に付き合い出した。

 帰っても独りだからと、何回か食事に誘われて、優しくて、会社の中でも色々教えてもらっているうちに、私は彼のことが好きになっていって、そのうちに、身体の関係も持つようになっていた。私の方から「抱いてください」って言いだした。

 職場内でウワサになると、あの人に迷惑が掛かると思って、会社も変えた。正直言って、いやらしいんだけど、私は、あの人にしてもらうのが好きだった。私はあの人が二人目だったけど、初めては高校の時で、その時は乱暴だったし、半分無理やりだったから、だけど、あの人は優しく扱ってくれて、いつも絶頂になりそうだったし、その時は幸せだった。

 その人と付き合っていることが、親にばれてしまって、母から「人の家の家庭を壊すようなことを、あなたにしてほしくないんだょ」と涙流して、こんこんと言われた。その時、私はあの人のことを好きだったけど、やっぱり、良くないことだからって・・別れる決心をした。
 
 『もう、会えない』とメールした。あの人からは『君とは、一緒になろうと思っていた。離婚すること考えている』って返ってきたけど、『もうメールも電話もしないで』 それっきりになってしまった。でも、あの時には、もう母は浮気していたんだと思う。私は、その血筋だったかもしれない。でも、今でもあの人のことは忘れないでいる。


 - - - - - - - - - - ☆ ☆ ☆ - - - - - - - - - -

「俺が、その想い出に連れて行ってやるから、夢の続きを見ろ」と黒猫が言った。

 私は彼の腕の中にいた。さっきまで、激しく愛し合っていたのだ。不思議な感じだった。だけど、健ちやんと違う。あの人だ。どうして!

 離婚してくれた彼と昨日、二人だけで式をあげ、夜、二人で倒れ込むようにしてベッドで抱き合った。身体中を愛撫してくれて、私のアソコにも口を近づけて「ダメ、私、健ちゃんと散々やってきたから、そこは・・」と心の中ではつぶやくが 

「ダメーそんなとこ」

「ルリ かわいいよ アソコから泡みたいに湧いてきているよ」

「アーン 嫌だぁ そんなこと だって、だってね 早くあなたの欲しいから」

 私は、この人にめちやめちゃにして欲しかったから・・。だけど、全身がとろけて行くようで、全部今までのこと忘れてしまって、甘えていた。それから、私に中に入ってきて躍動するように彼のものが動いた。確かに、あの人だ。私は必死にしがみついていたが、奥に注がれた瞬間、これまでにない感じと絶頂を迎えて、とっても幸せだった。マンションの5階だから、思いっきり声をあげていたかも知れない。

 彼は優しかつた。私の妊娠を知ってから、「君は休んでいろ」と家事は一切彼がしてくれていた。「適度な散歩も必要だよ」と会社から帰ってきてから、手を繋いで連れ出してくれたりもした。

 妊娠中も、私からせがんで、後ろからとか私が上になったりしてアレは続けた。私は淫乱かしらと思ったりもしたが、無性に彼が欲しくて、この幸せが逃げて行くのが怖いと思った。臨月に入ってからは、さすがに辛くて、出来なかったので、朝、彼が出掛けに

「ねえ、あなたのをお口でしゃぶらせて」

「えぇー そんなことまでいいよ」

「うぅん、私、とっても幸せだからあなたにも喜んでほしいの」

と言って、彼のズボンを下げていって、手を添えながら、口を這わせていった。

「ルリ、気持ちいいよ、ありがとうな  ウッ ウーン」

 - - - - - - - - - - ☆ ☆ ☆ - - - - - - - - - -

 私は産婦人科のベッドに居た。さきほど、産まれたばかりだったが、彼は間に合わなかったみたい。もうすぐ、看護婦さんが赤ちゃんを連れてきてくれる。陣痛が始まって3時間程で出てきてくれた。その時に「女の子ですよ。元気です」と聞いたけど、その後、私のアソコをきれいにしてくれたりしていたので、今は別のところに居る。私、とっても幸せだった。母親になれるんだ。

 - - - - - - - - - - ★ ★ ★ - - - - - - - - - -
 
「その幸せを想い出として大切にして生きていきな。これからは、お前の日常に新しい幸せが待っている」と言って黒猫は病院の庭から消えて行った


あとがき

「ルリ、元気か 今、そこで赤ちゃん見てきたけど可愛いなぁ 俺、これから頑張るよ。お前と子供の為にも。みんなで幸せな家族つくろうな」と部屋に入って来るなり 健ちゃんが言った。
 私にも、やさしく チュッ としてくれた。

黒猫現る 少しの夢を見させる 新妻、妊婦編

黒猫現る 少しの夢を見させる 新妻、妊婦編

何処からか黒猫が現れて 「お前が大切にしている想い出をもう一度見させてやる」 と、言うと不思議な想い出がよみがえる。 臨月に入っている新妻には、自分勝手な夫がいたが 不思議な体験を感じていたが、新しい日常に幸せを感じ取る

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 成人向け
  • 強い性的表現
更新日
登録日
2021-05-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted