それから 本町絢と水島基は 9-5

すんのはじめ

それから 本町絢と水島基は 9-5

 僕は地方の大学海洋学部に進んだ。オリエンテーションの日、絢が学生会館の柱の陰から姿を見せた。僕を追って、教育学部に入学していたんだった。駆け寄る彼女を、僕は、思わず抱きしめていた。
 僕の20才の誕生日、ふたりは初めて、結ばれた。その後、2月の絢の20才の誕生日に合わせて、海の近くで泊ることにした。

 2月になって、ふたりともクラブを終えて、大学のカフェに居た。

「22日 絢 誕生日だろう 20才だな お祝いをふたりでしょっ」

「うん どっか、ご飯に行くの?」

「いや 海辺で泊ろうかと思ったんだ」

「お泊りかぁ いいよ Xmas以来だね たぶん、アレも終わっていると思う」

「アレって?」

「いいの! アレよ 茜のところに泊りに行くって言うね」

 - - - - - - - ☆ ☆ ☆ - - - - - -

 その日も、学内のカフェでお昼を食べてから、出掛けようと言っていたので、さっきまで、慎二も居たが、バイトがあると言って、出て行った。

 ふたりで駅前まで行って、バスに乗り換えた。ふたりとも、少し、緊張していたように思う。バスの中では、あんまり話をしなかった。着いて、海に向かったが、風も強いので寒くって、早い目にチェックインした。

 部屋に入って、コートを脱がすと、絢は紺のベルベット地のワンピースだった。僕は、抱きしめてキスをしていった。絢も待っていたかのように、抱き着いてきた。

「混む前に、夕食の前にお風呂に行こうか」と、二人で大浴場に向かった。古い施設なので、部屋に風呂は無く、ただ、海に向かっての眺望の良い部屋にしてもらった。
 
 風呂は大海原が見渡せる展望風呂で、男の方には、僕一人だった。絢は髪の毛を洗うから、時間かかると言うので、出口のところで、しばらく待っていた。そのうち、男性4人組が入って行った。早い目に入って、良かったと思っていたところに、絢が出てきた。旅館の浴衣に、頭にはバスタオルを巻いていた。

「待ったよね? はよ、部屋いこー ウチ、ブラしてないねん」

 僕は、ドキっとしながらも、下がうずいているのがわかった。部屋に戻って、多分、僕は、我慢できなかった。絢が、自分の着ていた服とかを整理しているのを、後ろから抱いて、ベッドに連れて行った。

「あぁーん 髪の毛、乾かさないと

 僕は、かまわず、キスしていった。絢の帯紐を解きながら

「絢 可愛いよ こんなに色っぽいの我慢できないよ」

「うーん そんなの 今 するの?」

「うん したい」僕は、絢の浴衣をはぎ取り、僕も脱いで、被さって行った。

 シャンプーとかセッケンの匂いを感じながら、絢の耳の後ろから、プリンとした乳房に唇を這わせていった。絢は、口を半分開いたまま、時々ピクンと身体が動く。口を手で塞いだりするが、「あぁー」と小さい喘ぎ声が漏れてくる。

 レースの縁取りの白いパンティに手をかけ、スルリと脱がすと「あぁーん」と、絢は、抱き着いてきた。僕も、脱いで、先をあそこにあてがった。そこは、濡れていた。抱きしめて、舌をからませていったが、突然、絢が「アッ」と言って、顔をしかめた。入ったんだ。

「痛いのか」

「うぅん もう ダイジョウブ モトシの感じるよ 入っている」
 
 僕も、しっかり感じていた。絢のに包まれている感じ。

「ちょっと 待ってよ アレ着けるから」と、離れるとき、絢は「アァー」とため息だった。

「動くの ゆっくりして まだ、こわいから」
 
言われて、ゆっくりと動いていたが・・そのうちに激しくなって。終わった時、しばらく、そのまま抱き合っていたけど

「なんか ウチ 鶏の丸焼きみたいな恰好だったね ごめんね、ウチ髪の毛乾かさなくっちゃ」と言いながら、ドライヤーをあて始めていた。

「モトシ 外見てて 着替えるから 見られてると、やっぱり、恥ずかしいやん」 

 レストランには、平日のせいか、数組しか居ないみたいだ。奥の方には、男性4人組が祝杯をあげている。絢は

「ウチも浴衣の方が良かったかな」みんな浴衣に羽織姿だったから。僕は浴衣をきていたけれど。

 食卓には、海鮮の会席風が並んでいたが、僕達には、見慣れたものだった。絢は、何かを口にする度に「おいしいー」とか声に出していた。気が付いたんだが、この娘は、ずーと、そういう風に育ってきたんだろうなと思った。

 食事が終わった時、客席は、僕達と、奥の男性のグループだけだった。絢が

「あんな さっき、ちょっと気持ち良かってん 茜が言ってたけどな する度にな、気が付くと、すごく気持ち良くなって来るねんて モトシ、気持ち良かった?」

「そんなこと ここで言うなよ 絢なんだから、当たり前やろ 良かったよ」

「他の子とは どうなん?」

「バカ 良かったよ 初めて、僕の可愛い彼女とした時もな 早く、戻ろー」 
 ペロッと舌を出している絢を誘った。

 お土産のコーナーをちょっと見て、部屋に戻ったら、直ぐに後ろから、絢が抱き着いてきた。

「おい ここにも、君の可愛い彼女が居るぞ ねぇ あっちでビールでも飲んで、待ってて」と、絢は洗面所に消えて行った。

 僕は、とりあえず、ビールを出してきて、真っ暗な海を眺めていた。すると、絢は、この前と同じスリップキャミソールを着て、出てきた。普通の顔をして、この前は恥ずかしがっていたけど

「ウチにも少しちょうだい」と言って、椅子を隣に寄せながら、コップを差し出してきた。

「寒いだろう」と、僕は言いながら、肩を抱き寄せると、絢も身体を預けてきた。

「こうやっていると、幸せだわ ずーと、このまま続くと良いのにね」

 僕は、柔らかな生地の上から、絢の乳房を手で包むようにしていくと

「ウチ 小さいよね ごめんね」

「大丈夫だよ こうやっていれば、そのうち、大きくなるって」

「うーん モトシ 大きくさせてね」

 僕は、我慢できなくなって、絢をベッドに誘った。ふたりは、思いっきり、舌を絡ませながら、身体をまさぐった。絢の中心に手を持っていくと、さっきのとは違って、ピンクとブルーのレースで飾られたものを着けていた。その中心を撫でると、絢は小さく声を上げた。そこを、撫で続けていると、その部分は湿ってきているようだ。絢も甘えた声を出している。

 縁に手を掛け、お尻から脱がしていくと、手であそこを隠すようにしていたが、その手を開けるようにして、僕は、太腿から中心に向かって、唇を寄せて行った。

「あーん いやぁー そんなとこ 恥ずかしい」と言っていたが

 そのまま、中心に唇を寄せて、周りから中心に舌を入れて行った。絢は、「嫌」と言いながらも「あぁー だめー そんなー」と喘ぎ声に変わっていた。

 僕は、絢を全裸にして、しばらく、白い身体を眺めていた。胸はそんなに大きくないが、その分、腰も細すぎるくらいにくびれていて、脚も細く伸びている。

「なんで、そんなに見つめているのー」と、首に抱き着いてきた。

 僕は、絢に入って行った。もう、絢もすんなり受け入れたみたいだった。でも、やっぱり最初は、ゆっくり動いてと言ってきていた。途中で、アレを着けて、入って行くと

「うーん 奥まで、入ってきてー」としがみついてきた。奥まで、入ると

「アァー いい うーん ウチ すごく うれしい モトシのを感じる このままで、いてー」

 入口がヒクヒクしているのがわかる。しばらくすると、絢が「あぁー」と言って、全体で締め付けてくるのを感じて・・

 
 朝も、やっぱり、起きると、絢は僕を見つめていて、

「ねえ もう一度して」とねだってきた。

それから 本町絢と水島基は 9-5

それから 本町絢と水島基は 9-5

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 成人向け
  • 強い性的表現
更新日
登録日
2021-07-22

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted