すんのはじめ

私の中に猫がいる 完結

俺はプチ 捨て猫だったのを少女に拾われて、幸せな日々だったが、ある日少女の身代わりとなって、トラックに飛び込んでいったつもりだった。猫の神様のもとに居たが、短い生涯だったので、もっと、少女のもとで暮らしたいと、許しをもらい、魂だけが戻れることになった。そして、彼女を守るのだが・・

  • 小説
  • 中編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 青年向け
  • Copyrighted

それから 本町絢と水島基は 最終章

僕は地方の大学海洋学部に進んだ。オリエンテーションの日、絢が学生会館の柱の陰から姿を見せた。僕を追って、教育学部に入学していたんだった。駆け寄る彼女を、僕は、思わず抱きしめていた。 それから、ふたりは大学生活を楽しむ日々を送っていたが、僕は夢を叶えるために沖縄に・・そして、絢も・・ 最終章

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 青年向け
  • Copyrighted

僕は 彼女の彼氏だったはずなんだ

僕等4人の仲好しグループは同じ小学校を出て、中学校も同じで、地域では有名な進学高校を目指していた。中でも、中道美鈴には特別な想いがあったが、中学を卒業してから、彼女の消息が突然わからなくなってしまった。僕の頭からは、彼女のことを消え去ることが出来なかったが・

  • 小説
  • 長編
  • 青春
  • 恋愛
  • 青年向け
  • Copyrighted

僕は 彼女の彼氏だったはずなんだ 第二部

僕は、彼女と小学校から、なんとなく付き合っていた。そして同じ高校に揃って進むつもりだったが、中学卒業間際、彼女のお父さんが脳梗塞で倒れて、彼女の人生が変わった。そして、彼女は僕の前から、消えた。彼女は違う道を選ばざるをえなかった。僕は大学生になって、彼女は地元に帰ってきて、レストランを再開と言う形で運営している。

  • 小説
  • 中編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted