不動

不動

気まぐれで投稿します

不動の乖離で公式HPを公開しています。
興味のある方は、左下にリンクがあります。

パラレル世界~研究の仕儀~ 『A』

倉木秋彦は、中学3年生の研究者だった。 彼は研究の実験中、予想外の事故でパラレルワールドに飛ばされてしまった。 この事象に頭を抱えながら、元に戻る為の設備資金を無職の父親と一緒に開始するのだった。 ※この作品は小説を読もう、のべぷろ!で重複投稿されています。 ※各サイトでENDが異なっています 小説を読もう『R』・・・Return END 星空文庫『A』・・・Another END

  • 小説
  • 長編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ナル∪クラ

異世界から来た篠沢春希は、今いる世界の学校行事に頭を悩ませていた。 その行事は学校の代名詞とされていて、”彼女争奪戦”と呼ばれていた。これは一人の女子生徒を投票で選び、男子生徒がその女子生徒を取り合うという理解できないものだった。 ※この作品はのべぷろ!、小説を読もうで重複投稿されています。

  • 小説
  • 長編
  • ファンタジー
  • 青春
  • アクション
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ナル∪クラⅡ

異世界から来た篠沢春希は、争奪戦に向けて生徒会長の前宮かなえに特訓を強要されていた。 寝技は会長に教えてもらい、クラスメイトの前宮望に空手を習うことになっていたが、棒術だけは教わる相手がいなかった。 しかし、会長が連れてきた同じ部活の後輩である三島若菜から、棒術を教わることになってしまった。 そして、この三人に争奪戦までしごかれる羽目になるのだった。 ※この作品はのべぷろ、小説を読もうで重複投稿されています。

  • 小説
  • 中編
  • ファンタジー
  • 青春
  • アクション
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ナル∪クラⅢ

学校行事の彼女争奪戦まで5日を切った。 篠沢春希は、三人から酷くしごかれたが、なんとかここまで耐え忍んできた。 その特訓もようやく終わり、争奪戦の初戦が始まるのだった。 ※この作品はのべぷろ、小説を読もうで重複投稿されています。

  • 小説
  • 長編
  • ファンタジー
  • 青春
  • アクション
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ナル∪クラⅣ

学校行事である争奪戦の一回戦に勝利した篠沢春希は、 静かな場所で休憩しながら、後輩の三島若菜を相手にしていた。 長くつらい若菜の話を一時間半近く聞き続けた結果、 休憩前より精神的疲労に襲われてしまった。 春希はその状態のまま、次の試合に臨むのだった。 ※この作品はのべぷろ、小説を読もうで重複投稿されています。

  • 小説
  • 中編
  • ファンタジー
  • 青春
  • アクション
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ナル∪クラⅤ

争奪戦終盤。 クラでの用事を終えた篠沢春希は、静かに学校を去ろうとしていた。 しかし、周りの人たちの余計な行動のせいで、いろいろな面倒事が降りかかるのだった。 ※この作品は小説を読もう、のべぷろで重複投稿されています。

  • 小説
  • 中編
  • ファンタジー
  • 青春
  • アクション
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

マトレイ

一つの幽体が笹井余喜の前に現れた。いつもは見て見ぬ振りをするのだが、この日に限って反応してしまった。 それに幽体が気づき、余喜に助けを求めてきた。しかも、助ける方法が憑りつくという気分の悪くなるものだった。 何度か断ったが、あまりにうるさいので一時的に許可してしまった。 そこから余喜の生活がほんの僅かな期間だけ変わっていくのだった。

  • 小説
  • 中編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

異界遍歴①

就活中だった春斗は、捻じれた空間に吸い込まれ、青く照らされた森に吐き出されてしまった。その場所は空気の比率がおかしく、酸素が極端に薄かった。 誰もいない森を歩き回るのだが、誰とも会わない上に酸欠で長時間歩くことができなかった。 そんな中、春斗は一人の少女と出会い、物語が進んでいくのだった。

  • 小説
  • 中編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • 成人向け
  • 強い暴力的表現
  • Copyrighted

異界遍歴➁

  • 小説
  • 長編
  • ファンタジー
  • 成人向け
  • 強い暴力的表現
  • Copyrighted

異界遍歴③

武力組織に扮したサーミャを仲間にしたのはいいが、彼女がいるだけで場の空気が重苦しくなった。彼女は好戦的で、人形のリンだけではなく、春斗にまで絡んできた。 そんなサーミャをフローランスが威嚇することで抑え、なんとか下山し、民主組織の拠点を目指すのだった。

  • 小説
  • 長編
  • ファンタジー
  • 成人向け
  • 強い暴力的表現
  • Copyrighted