もり ひろ

もり ひろ

平成三年生まれ。

左京区・北白川に在住。
お土産屋のアルバイトをしながら、執筆に勤しむ。

尊敬する小説家は、吉田篤弘さん、中村航さん。

1DK

わたしとパートナーのタマくんとの生活には、 起承転結も序破急もなければ、オチもない。 そんな、なんの変哲もない毎日こそが わたしと彼の全て。

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ぼくらのベストショット

彼らは、持ち主と見た景色を忘れない。 中古カメラ店のショーケースの中で、カメラたちが以前の持ち主との想い出を語ります。 彼らがどんな景色を見てきたのか、ちょっと聞いてみませんか?

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

しっぽの日

二十三年ぶりに日本に訪れた「しっぽの日」、次に日本に訪れるのは十九年後。 ピークの二時四十分に向けて、彼らのしっぽが伸びてくる。 そんなしっぽの日に、好奇心を満たそうと画策する二人の会話劇。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

妻にもう一度、恋をした。

「元妻」の左手は、遠い。 離婚した妻と私は、離婚後も結婚指輪を外さなかった。 しかし、久しぶりに会った妻の左手薬指から、指輪が消えていた。

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

翻訳アプリは、愛を紡ぐ。

便利な時代が到来しました。相手の国の言葉がわからなくても、コミュニケーションがとれる素敵な時代です。外国籍の友人ができたり、一緒に仕事ができたり。 もちろん、恋愛も。 言語の壁なら、簡単に超えられます。あとは本人の勇気だけ。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

おひるごはん、どうする?

おひるごはんを食べるだけの作品。 毎日食べる、おひるごはん。何を食べるか、とっても悩むもの。 今日のおひるごはんに悩んだら、読んでください。

  • 小説
  • 短編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

16:9

「それじゃあ、現場で会おう」 それが、彼女とかわした最後の言葉だった。 16:9の画面の中で妖艶に笑う彼女は、矯正して綺麗になった歯ならびで笑っていた。

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

深夜徘徊

ぼくと赤石さん、たった一夜の真夜中の探検

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

恋する自動販売機

自動販売機に話しかけたことはありますか? 彼らは言葉を発しません。ただそこにじっと佇んで、ぶいんと唸るだけ。 そうやって紳士的に悩みを聞いたり、弱音を受け止めるのが自動販売機なのです。 人生に迷ったら、自動販売機に打ち明けてみてください。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

捨て猫、アン。

「これ、わたし知っているかも。あれだよね、雪。」 「わたし、猫だけどいいの?」 仔猫の可愛い恋のお話。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted