上松煌

 怪火(あやしび)夜話

暑さの折り、怪火譚を4話。 現代文じゃ趣に欠けるので、明治の文語体で。 日本の古文っていいよな。 語彙やリズムが心地よくて、書いていて癖になる。 日本人の血脈が脈々とおれに流れているのを幸福に感じるひと時。

  • 小説
  • 掌編
  • ホラー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

腰越海岸の出来事

気力が続かないので、短いものをひとつ。 最初は子供のころの思い出に見えて、その実…。 ちょっぴり哀しくて深いお話しです。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ボーダーライン上の舞曲

いわゆる「背徳小説」です。 家族はもちろん、親兄弟・親類縁者・友人知人には見て欲しくないものです。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • ホラー
  • 成人向け
  • 強い暴力的表現
  • 強い性的表現
  • Copyrighted

眠れぬ夜の物語

自分の来し方が思い出されて寝られない夜って、誰でもあるよね。 いいから寝よう寝ようって思いながら、夜が白々明けてしまう。 ドッと疲れるんだよねぇ…。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted