ZOEAZ

文芸ろぐ

年齢制限のない小説を置いています。
年齢制限のある小説はTwitter、またはHPから飛んでください。

思考供養

いったいどんな顔をして現れるのかと思えば、なんのことはない。十年ぶりに再会した疋田の印象は当時と変わらず、ただそこにいるだけの凡庸な男であった。ではなぜ、高校を卒業してから一度も――学生の時分ですら連絡を取り合わなかった彼が、私の電話番号をわざわざ探し出してまで、接触を図ろうとしたのだろうか。/2020年製作。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

対岸の火事

対岸の火事を見ている。それはことわざでも比喩でもなく、小高い丘に腰を下ろした喜多は、眼下に広がる民家がもうもうと煙を上げて燃えさかっているのをただ黙って見つめていた。/2018年製作。聾唖の女性と恋をするお話です。ややグロテスクなシーンがあります。

  • 小説
  • 短編
  • サスペンス
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

接吻

オーストリア全域に雨が降っていた。まるで届いたばかりの悲しい知らせに申し合わせたかのようだ、と彼は手配したハイヤーの車窓から灰色の空を眺めて思った。/2018年製作。

  • 小説
  • 短編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

解放

極彩色のネオン。往来を走る車が、威嚇するようにクラクションを鳴らした。美亜は不安から、繋いだ手にぎゅっと力を込める。十二月に入ってから、一段と日没時間が早くなったように感じるのは気のせいではないはずだ。太樹は、美亜の手を握り直した。冬が近付くと一日が短くなったみたいで切ない、と少し前に、美亜が言っていたのを思い出したからだ。/2019年製作。女装がテーマの作品です。

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

禁忌の味

叫びたくても、口に詰め込まれた布がそれを許してくれない。可奈は、真っ暗な視界の中で必死に酸素を取り込んだ。かび臭いような、腐肉のような、不快な臭いが嗅覚を刺激する。自然と嗚咽が込み上げるが、この状況で嘔吐すればもっと最悪な事態を招くことは五歳の可奈でも十分に理解できた。/2019年製作。年齢制限なしでカニバリズムを書く試みです。

  • 小説
  • 短編
  • サスペンス
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ショートコント『サラリーマン』

「ショートコント、サラリーマン」暗闇を円形にくり抜いたようにパッと照らし出されたステージの中央。バーコード頭に口ひげ、鬱陶しいほど長いネクタイを締めた背広姿の男がひとり、観客席に向かってそう言った。/2018年製作。

  • 小説
  • 掌編
  • SF
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

惑星崩壊と破滅のためのルール

「どうしたんですか? 二億五千人目の調律師」/2019年製作。投稿サイトの企画に参加するために書いた作品です。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

私のナオミ

読者諸君は『痴人の愛』という小説を、ご存じだろうか。/2019年製作。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

柔らかな皿

誰にも侵入されないように下ろした、窓のクレッセント錠。閉め切ったベージュのカーテンに、肌寒い冷房の風が当たって静かに揺れる。私の心も、こんなふうに不安定に見えるのだろうか。/2017年製作。女性の揺れ動く心情をテーマにしたお話です。女体盛りのシーンがあります。

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

怪物は夜明けを知らない

生きとし生ける者全て、使命を持って産まれてくるんだと私は思う。 ただし成すべきことを本人が理解できるかどうかはまた別の話。運良く到達したとして、運悪くビルから飛び降りたあとだったら意味がない。 その点、私は幸せ者だ。 /2019年製作。自殺がテーマのアンソロに寄稿予定だった作品です。

  • 小説
  • 短編
  • サスペンス
  • 全年齢対象
  • Copyrighted