雨尾 秋人

雨尾 秋人

僕らはまだモノクロームな街で

ある季節を、ぼくは探していた。それなのに、ぼくはそれから逃げていた。深い霧を抜けようと、ぼくは思っていた。それなのに、ぼくはそれから逃げていたのだ。弱いぼくは傘をさし、モノクロームなままの街で逃げるだけだった。君は夜明けのまにまに雨を降らしてくる。コーヒーは苦いまま冷めていく。蓮の花もまだ服をきたままで、蜘蛛の糸も垂れてこない。「さよなら」と言えないぼくが逃げこんだところは、ぼくの知らない街だった。

  • 小説
  • 長編
  • ファンタジー
  • 青春
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

さよならの後は、ふたたび

【短編】ある猫は悩んでいた。それは猫が恋している女学生の顔から、笑顔が消えたことだった。どうして彼女は変わってしまったのか、猫はわからないでいた。彼女の失くしてしまった表情を見つけ出すため、猫は自分なりに彼女を救おうと努力するが……。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

水たまりで暮らす金魚みたいに。

【短編】深い影によって、顔が見えない君は簡単に引き金を引けてしまう拳銃を握っていた。君の心はまるで壁だ、と言う白黒テレビは、そこにかつてあった「海の下にある街」で起こった出来事を静かに話しはじめる。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

夢から踏み出たその汗、

【短編】振り返れば、僕のためにさよならをする誰かが手を振っている。振り返れば、思い出が起きている。影もない足元に、涙が隠れてる。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

離ればなれ、だけど。

【短編】二匹の猫と、思い出の話。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

さよならは、海と月に。

僕の街。僕が生まれ、僕が雨を知り、雪を知って、空の青さを一番多く見た街。初めから、今の瞬間もずっと僕にへばりついた薫りや感情も、すべて教えてくれた街。僕が暮らすこの街の名は「くらげ町」と呼ぶ。正確に漢字にしてみると、「暗気町」と書く。くらげ町には、いつも海が隣り合わせになってあった。僕が生まれた頃から、あの海はあの海のままだった。僕の街。僕が母を知り、言葉を知り、子宮の中を忘れた街。つまり僕の故郷を、説明するとそんな街だった。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

宵子

【短編】夜明け前。何の季節も問わず必然的に設けられたその静寂の中で、宵子は踊り、去ってゆく。

  • 小説
  • 短編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

Girl

春が近い街。桜の森。僕と彼女。柔らかい夢。夜明け前。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

夕方少女の透明感

きっと僕は夏になれるのだと思っていた。夕方少女な君も、僕も、16歳だった。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted