*星空文庫

ちぃひろ

ゆるゆるときどき書いてます

救えないものを救う作品が描けるようになりたい

……なんて、大きなことを言ってみる。

打ち上げ花火

結婚報告を兼ね、地元に帰ってきた沙也。丁度その日は、夏祭りの日であった。沙也は夫と二人夏祭りに出かけたが、つい逸れてしまう。仕方がないので、1人でも花火を見ようと懐かしの場所を訪れると、そこには、よく知っている彼がいた。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2016-05-05

ペチカの自販機

「雪の降る夜は楽しいペチカ~♪」これは北原白秋の「ペチカ」の一節ですが、ペチカとは、レンガなどで造られた暖炉のことだそうです。 暖炉の「ペチカ」と本文は全く関係ありませんが、少しだけ歌を思い浮かべながら書きました。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-03-24

シトリのいた里

シトリはいい歳になっても夫も持たず、一人、自身の生まれた里で暮らしていた。しかし、シトリの住む里は、間も無く国府の軍勢によって攻め滅ぼされるはずだった。シトリは、訪れるかもしれない死を前に、孤独と寂しさに苛まれていた。 ジェンダーのような語りにくいものこそ、ファンタジーにしてみれば、描きやすくなるのではないかと考え、書き始めた作品です。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 青年向け
  • Copyrighted
  • 2018-06-10

2nd吹きの憂鬱〈上〉

ある高校の吹奏楽部のトランペット吹きの話。 2nd吹きとして舞台に上がることが多かった朝比奈先輩だがコンクールではトップを任されることになった。朝比奈先輩とその周りのトランペット吹きの物語。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-08-29

2nd吹きの憂鬱〈下〉

ある高校の吹奏楽部のトランペット吹きの話。 2nd吹きとして舞台に上がることが多かった朝比奈先輩だがコンクールではトップを任されることになった。朝比奈先輩とその周りのトランペット吹きの物語

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-09-02

句集「落葉」

以前「お〜いお茶 俳句大会」に応募して、選考落ちしたけれども個人的には気に入っているというものを中心に、いくつか書き出してみました。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-06-27

籠目

「かごめ」の歌に関する古い絵を見て作った作品であったと思います。 明るい作品ではありませんが、誰の心の中にもある薄暗いものを通して、何か感じてもらうことができれば嬉しいです。

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 時代・歴史
  • 青年向け
  • Copyrighted
  • 2016-05-05

はつがおいしくなったわけ

ある幼稚園に咲いた一輪の梅の花、はるつげ。彼女が恋をしたのは、あるみつばちであった。 はるつげが梅干しになるまでの物語。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2016-05-08

空色絵の具

「青春ほど死の翳を負い 死と背中合わせな時期はない」 空に魅せられ、空に吸い込まれそうになりながらも、そこに生きている少女の物語です。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2016-06-04

魔法のパンケーキ

童話です。あったかい作品をめざしました。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2016-05-05