天国

天国

誰もが頭で考えて、しかしすぐ忘れるようなことをあえて文字に起こしたいです。

朝目が覚めて目を開ける。その瞬間から意識的に人間の脳は考えることを始めます。目の前を流れるとてつもない量の情報を全て取り込むことは不可能ですので、脳は必要がないと判断した情報は勝手に捨てます。
そこで僕は考えます。人間に必要のない情報なんてあるのでしょうか。確かに、米を食べる瞬間の行為に目の前の壁の模様の情報は必要ありませんから、その情報は入ってこないでしょう。
しかし壁の模様を見て得た情報と米を食べる瞬間の行為を意図的に結びつけることができるのなら、それは普段人間が考えもしないようなことを文字に起こせるんじゃないか。
僕の書く文章はそういったところです。

無力

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

写真には映らない何か

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted