蜆川無溟(仮名)

蜆川無溟(仮名)

人でなしです。

人でなしです。都内のバカ大学に通っています。常に死にたいです。精神科に通院してます。薬飲んでます。彼女がいます。彼女はでも、僕のことを愛しているのか不安です。愛されたことが無いです。死にたいです。もう死んでしまいたいと思っています。酒と煙草と薬とリスカに依存しています。主に詩と随筆を書いてます。絵も描きます。プロフィールのやつは、自分で描いた絵です。僕は天才です。人を傷つけたいです。人に傷つけられたいです。神になりたいです。リスカの跡が痛くていつも眠れません。睡眠薬が酒のせいで効きません。今日も東京のどこかで一人で煙草を吸っています。そんな毎日です。はい。死ね。

暗黙の夏夜

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

時間と人生

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 青年向け
  • Copyrighted

死への憧憬

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

詩と愛、愛と芸術、芸術と詩

  • 随筆・エッセイ
  • 短編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

プラタナス、そして

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

渦巻ける長恨

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

私は男に生まれて恥ずかしい

  • 随筆・エッセイ
  • 短編
  • 青年向け
  • Copyrighted

甲虫と白雲

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

リスカと泥濘

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青年向け
  • Copyrighted