北きつね

北きつね

ちょっと切ない小説や、ちょっとだけホラーテイストの小説と、異世界物をメインに書いています。

 アルファポリス/カクヨム/エブリスタをメインに活動しています。
 投稿小説は、ほぼ同じ物(ユーザ名は同名です)です。

 小説を書くために使いやすいテキストエディタ(StoryEditor)を開発をして、やっと納得ができるアウトライン・テキストエディタができたので、公開するとともに、仕事が終わってからの時間に、小説を書いています。

 ちょっと切ない小説や、ちょっとだけホラーテイストの小説と、異世界物をメインに書いています。
 誤字脱字が多く読みにくいとは思います。日々いただくご意見を参考に修正を行っています。

小説を書く為に開発したエディタ - StoryEditor
https://nfox.biz/soft/StoryEditor/

奴隷市場

国が少子高齢化対策の目玉として打ち出した政策が奴隷制度の導入だ。 狂った制度である事は間違いないのだが、高齢者が自分を介護させる為に、奴隷を購入する。奴隷も、介護が終われば開放される事になる。そして、住む場所やうまくすれば財産も手に入る。制度としては間違っているが、すがる人がいるのも事実だった。 男は、奴隷市場で1人の少女と出会った。家族を無くし、親戚からは疎まれた少女。 男は、少女に惹かれる。入札するなと言われていた、少女に男は入札した。 徐々に明らかになっていく、二人の因果。そして、その先に待ち受けていた事とは・・・。 二人が得た物は、そして失った物は?

  • 小説
  • 長編
  • 恋愛
  • サスペンス
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

紡がれた意思、閉ざされた思い

尊敬する上司と頼れる仲間。何もできない私。でも、私はここで生きていきます。 火消し部隊。 システム屋の中に有っても異色な部隊。 専門職が強いIT業界にあって、その専門家の中ならエキスパートと呼ばれる者たちが集まった。本来存在してはならない部隊。 日々の仕事は炎上している現場の鎮火。 今回の現場は病院施設が併設された介護老人ホーム。 行政の監査も入る事が考えられる。少しの行き違いで、簡単に大火になってしまう。 そして、火消し部隊は今までに経験したことがない鎮火作業に挑むことになる。 注)IT業界の話です。 専門的な言葉がありますが、なるべくわかりやすく書いていきます。 異世界転生物の序章で書いた物を構成しなおした物です。異世界転生はしません。

  • 小説
  • 長編
  • サスペンス
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

優秀高場

その学校の卒業生は優秀な者が揃っている。1名の秀才と99名の優秀な者。 それがこの学校の伝統とでも言うのか、設立以来続いている状況だ。 調べていた記者が消えた。 何かが行われているのは間違いない。 学校では何が行われているのか、小学校から高校卒業までの11年間。全寮制の男子校。そして、長期休みでも誰ひとりとして学校の寮から出て帰省しようとしない。 この学校は、存在が不気味で、どこかおかしい。おかしいことしかわからない学校なのだ。 生徒を、優秀な者に変える工場のような物なのか?

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • ホラー
  • 青年向け
  • Copyrighted

見えない手

僕の住んでいる町では不思議な儀式が残されている。 古くから伝わる儀式には、いろいろな噂がある。 大人たちは、今年は何かが違ったという。あとからならいくらでも言えることだ。 今日、僕はその儀式を受ける子供の一人だ。 何のことはない。海に飛び込んで、船の下を潜ってまた船に上るだけの事だ。 本当に・・・・それだけのはずだった。

  • 小説
  • 短編
  • ホラー
  • 青年向け
  • Copyrighted

笑えない話

仕事熱心な人が死んでしまったら、会社はそのパソコンをどうするのでしょうか? パソコンの中には大事な資料が残されています。途中だった仕事があるかもしれません。 夜中に起動するパソコンが近くにありませんか?

  • 小説
  • 短編
  • ホラー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

消えない絆

僕の隣には、君がいる。君だけいれば僕は何もいらなかった。 僕は、僕の不注意で君をなくしてしまう。でも、僕には見える。君につながった手が・・・。 不思議な絆で結ばれた男女。 お互いがいれば、他には何もいらないと思っていた。 それが間違いであったことに気がつくことがない。

  • 小説
  • 短編
  • ホラー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

消された証

お互いの印が消える日。それは、お互いが認めてしまった日でもある・・・。 俺は、消防士をしている。 よくある話だが、この職業をしていると、”バカ”に遭遇する事が多い。 今日も、高校生の”ガキ”が、公園で花火をしていると連絡が入った。”警察に言えよ”とも思うが、公園の遊具が燃えていると言われたら、緊急出動しなければならない。

  • 小説
  • 短編
  • ホラー
  • 青年向け
  • Copyrighted

感じた重さ

僕のすべてだった・・・それを奪った奴らを許すことなぞできるわけがない。 僕は、あいつらを見つけ出して復讐すると誓った。 でも、僕には力がない。 僕を・・・違うな、僕のすべてだった・・・彼女を大切にしてくれた人がいる。 僕は願った。僕のすべてを・・・。 僕は、今日彼女の所に行く、最後にあの人に会えたら良かったのだけど、叶わないのだろう・・・。 でも、いい・・・あの人が幸せそうにしているのを何度か見かけた。僕は、それだけで満足だ。 あいつらも・・・。

  • 小説
  • 短編
  • ホラー
  • 青年向け
  • Copyrighted

嘘と裏切り

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • 青年向け
  • Copyrighted

近くて遠い50cm

彼女との距離50cm。この距離がもどかしい 僕は、20歳になる大学生だ。 バイトに明け暮れていた。そのバイト先に、彼女が来た。 最初みた時から、心を奪われていたのだろうか? いつから、僕は、彼女のことを目で追っていたのだろう。 この気持ちは隠さなければならない、僕だけの秘密なのだ。 淡い恋心。そんな言葉で表す事が出来るのは過ぎ去った恋だけ、現在進行形の恋心には、昨日よりも今日、今日よりも明日。そして、近くて遠い人への恋慕が溜まっていく。

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted