*星空文庫

ゆおん

ゆおん

ただよいながら生きて いつか幸せを書きたい

明るい夜に。

詞です。歌詞のように流していただければ幸いです。ミラーボールの下で電子ピアノの音にのせて。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-01-19

愛しの

詞です。歌詞のように流してください。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-01-19

幻と踊る少女の夜。

孤独でもひとりではない夜 すがりつくでもなく 化学物質を取り過ぎた夜。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-01-19

12月の時雨日に。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-01-20

電車を見送り夜を漂う朝に怯え

どこでもなかった どこにも行けなかった どこにも居られなかった。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-01-23

まるで冬の曇天みたいな。

曇天の下であなたと。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-01-25

渡り廊下に春が見えたら。

桜の道を歩いて出て行ったあなたと 見送った私と。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-01-27

花の名前

源氏名で笑っていた夜。 ピンヒールとドレスとグラス。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-01-30

smoking sister.

彼女と煙草の話ばかりしていた。 幸せになりたかった。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-02-01

ある春の日。

歌詞。 CM7が好きでそこから作った曲。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-02-02