*星空文庫

万田 竜人(まんだ りゅうじん)

一生涯学生作家

 生涯学習の一環として、脳トレ的には、小説を書くことを日々の趣味としており、独自の吊り橋理論に基づいて「一生涯学生作家」を目指している。
 身体的にはテニスを趣味としており、最近は「ゆっくりと打ち合う並行陣」を修得したことにより、これも生涯学習の一環になると考えている。
他には、日々、俳句の投稿による俳友との交流を重ねており、季節の変化を楽しみながら・・・コミュニケーションを図っている。

【長編】シルバーエイジの物語

  • 小説
  • 長編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2015-10-31

【短編】山のあなたの音楽家夫妻の物語

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2015-11-01

【中編】高千穂峡のすみれ草

  • 小説
  • 中編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-04-23

【俳エッセー】 俳句入門講座を振り返る

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-05-12

【第一句集】 海に学ぶ

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-05-12

ゴールデンエイジの物語(1.1~2.22話)

  • 小説
  • 長編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2017-02-17

ゴールデンエイジの物語(2.23~2.25話)

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-03-21

【連載】ゴールデンエイジの物語(2.26話)

☆角界も古き善き時代のしきたりや風習・慣習を、そのまま、同じレベルで年間行事として当て嵌めていったら、やがて、角界の組織全体が疲弊して行くことは目に見えている ☆貴ノ岩への暴力事件による怪我はその疲弊した状況が表舞台に露見した事件として観たときに、今、角界にパラダイム・シフトが必要になってきていることを如実に物語っている ☆それは角界においても『働き方改革』が必要になってきているということである。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-04-12

【連載】ゴールデンエイジの物語(2.27話)

【余談から抜粋】最近、国会や報道局面において与党の首脳に向け退陣を迫る場面が多いが・・・◇かつて、2011年の東日本の大震災発生時に原子力施設への危機対応において日本全体を壊滅的な脅威に晒して、その後に続く失政から就職氷河期などの局面に国民を突き落として与党から転落、今また、過日の衆議院選挙において大敗 ◇その溺れる野党にしがみつかれて困惑している現政権の首脳においては・・・(中略)・・・今後の政局を展望するときに自民党の二階幹事長のチェック&バランスに期待を託す意味合いは大きく成ってくるに違いない。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-04-18