残響

残響

詩人と小説の狭間にて、幻視する白いパンセの孤独

カン!カカン!(拍子木)

さあさそこ行く坊ちゃん嬢ちゃん、鵜の目鷹の目天眼通のお歴々!
これより見せるは、稀代の狂者の紡ぎし御っ伽話の法螺吹き噺!
さあさそこ行く旦那様がた、見るも浸るも午睡の痛快、踊るアホなら見る阿呆!
見なきゃ損損、お代は無料、なぁにダスタエフスキィの如き長々しさはござんせん。

ただし……
人間の思考が紡ぐ歴史というモノが、連綿たる「ひと」の実存を規定するならば、
その胡蝶の夢たるもまた、短さに反比例して莫大なる指数関数のサインカーブを描くであろう。

何のかって?
それが、「物語」「詩/小説」の、長さってェものですわ……

さあ!
さあ!
見るやこの幻視の世界を!
あちらこちらに移動する、時間と空間の幻想物語!

カカンカンカンカン! カンカカン……(拍子木)

ほうき星町の人々――「力」

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ほうき星町の人々――「湖畔の高台の家」

  • 小説
  • 短編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ほうき星町の人々――「童貞事実と童貞意識」

  • 小説
  • 短編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted