佐藤駿祐

ガキの心を忘れない

1つの小説や短編的な話を細々と投稿していくんだぜ
よろしくなんだぜ

矜羯羅がる

現代ミュージックを奏でる若き青年たちは、足元にある些細な日常の中で思いのまま楽しむ。郷愁と永劫の中でひっそりとそれでいてでかく胸を張って生きる。そんな彼らは確立した音楽ジャンルにも、この社会にも囚われない。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted