*星空文庫

赤羽根 比呂

赤羽根 比呂

ラストチャンス

 中学三年の頃、私には大好きな人がいた。 いつも側にいたから好きと伝える事さえ出来なかったけど、それでも良かった。 同じ高校に行こうと約束していたし、まだ時間はあると思っていた。 そんなある日…。※続きは本文へ。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2013-02-06

カミカクシ

 10月24日。各都道府県で同日、約同時刻、児童が行方不明に合うという事件が発生し、13人もの児童が神隠しに合った。予備校の帰りに居なくなるという手口が酷似していた事もあり警察は同一犯であり、組織的犯行だと判断したが行方不明になった児童達の年齢もバラバラで共通点が見つからず無差別的拉致誘拐と決めつけた…。※続きは本文へ。

  • 小説
  • 掌編
  • サスペンス
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2013-02-08

空は青かった

 三つの話に関連する少女『カヤノ』…。  顔を横に向けると短めのチェック柄のスカートからスラリと伸びた細い脚が目に飛び込んで来た。ドキッとして起き上がると黒髪で長めのポニーテールの少女が赤いフレームのメガネ越しにこちらを見ていた。同じクラスのカヤノだ…。※続きは本文へ。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2013-02-10

もしもあの日…

 突然ケータイにメールが届いた。知らないメールアドレスからだった。 『やぁ、神崎君。元気にしてるかい? もう、恋い抱くクラスメイトの大島由実には告白しただろうか? 何で知ってるかは後々気づくだろう。それより明日の放課後、君の大好きな大島由実は図書館前の横断歩道で車に轢かれて死んでしまう…』 助ける方法は…。※続きは本文へ。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2013-02-17

君に恋してた

 僕は両親と折り合いが悪く高校を卒業してから直ぐ就職し、隣町のこの部屋に住み始めた。 それから半年が過ぎた頃から、何が楽しいのか二つ下の従兄弟の愛佳が学校帰りに寄るようになり、いつの間にかもう一人分の食器が違和感なく増えていた…。※続きは本文へ。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2013-03-03

朝寝坊の寝顔×さよなら

『さよなら』をテーマに二つの詩を贈ります。それぞれ違う意味での『さよなら』ですので、楽しんでいただければ…。※続きは本文へ。@ココミュ(台本)

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2013-03-04

素直になれたら

「ねぇ、明日晴れるかな?」「はぁ?」「晴れるの~。晴れないの~」「今日はまだ天気予報見てないから知らないけど」「な~んだ。つまんないっ」「酔ってんの?」「酔ってないっ」「酔ってんじゃん…」※続きは本文へ。

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2013-03-10

恵梨佳×奏恵

 『恵梨佳 -エリカ-』 僕は急に呼び出され夜九時の公園に向かうとベンチに座る恵梨佳がボーッと夜空を見上げていた。いつもはポニーテールにしてるのに今日は髪をほどき月明かりに照らされた恵梨佳は何とも妖艶だった。  『奏恵 -カナエ-』 僕が部屋に入るなり「豊君でしょ?」と人形のように動かず窓辺の椅子に座る盲目の彼女は言った。開けていた窓から風が入り込み長い髪を遊ばせながら、見えないのに何処か遠くを見つめていた。※続きは本文へ。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2013-03-11

初恋の記憶

 一週間後、僕は結婚する。僕の部屋に彼女が引っ越して来る事が決まり、仕事が休みの今日彼女の荷物整理を手伝う約束をしていた事を僕は…。※続きは本文へ。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2013-03-20

詩×虹(コウサク)

  天気は良好、雲一つ無い青空、君がいる階は三階、窓辺…。

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • CC BY-NC-ND
  • 2013-03-20