芝田康彦

随筆や翻訳をしています。

ただの素人です。

光に抱かれて

“Embraced by the Light” by Betty J. Eadie 「光に抱かれて」ての、著者ベティ・J.エディの経験は、上のことからすると仮死の状態での体験だということです。そして、その内容は、彼女の潜在意識と彼女の生命であり、創造の一部である部分霊との共同作業として映像化されたものでした。彼女の現在意識がそれを受け取り、一部はブロックされた状態で記憶から削除されていました。

  • 小説
  • 中編
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

火星創世記 ・・・人類の地球外起源

最近、火星の探査が行われていますが、古代から地球に記録されたいろんな事実から、火星に迫った本です。

  • 小説
  • 長編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted