しっぽの日

もり ひろ

しっぽの日

しっぽの日

♤ しっぽの日なんて久しぶりだな。最後に日本にしっぽの日が来たのって、いつだっけ。

♧ 二十三年ぶりだってテレビでやってたよ。

♤ 二十三年前じゃまだ赤ん坊だったから、全然覚えてないや。

♧ そうだなあ、実家にしっぽの日の写真が残っていた気がするけれど、大したことなかった気がするよ。

♤ でも、お前、ちょっと始まってるぜ。

♧ え、うそ、どこどこ。

♤ ほら、お前のズボン。尻のあたりが膨らみ始めてる。

♧ うわ、ほんとだ、もう始まってるんだ。

♤ いいなあ、俺なんてまだ何も始まってないぜ。

♧ まあ、まだこれからでしょ。ピークはこれからだし。

♤ ピークは何時だって?

♧ 十四時四十分だって。

♤ あと二時間もあるのか。

♧ 二時間もあれば生えてくるでしょ。

♤ さすがに二時間でどうにかなるとは思えないけど。

♧ 僕なんて、ちょっとズボンがきつく感じてきたし、しっぽが伸びたって良いことないと思うよ。

♤ でもよお、次は十九年後なんだろ。そんなに待っていられないさ。

♧ マジで、ズボンの中がきつくなってきた。ちょっと脱いでいいか。

♤ いいけど、前からぶら下がっているほうはあんまり見たくねえな。

♧ 何言ってんだよ、銭湯でいつも見てるだろ。

♤ 銭湯で見るのと、部屋で見るのはなんか違うだろ。

♧ いやあ、脱ぐと楽だわ。見ろ見ろ、こんなに伸びてきたぜ。

♤ そっちじゃなくて、後ろ向けよ。

♧ あ、こっちか。

♤ すげえ、マジで伸びてきてる。

♧ こんなのズボンに収まるわけないよな。

♤ なんだっけ、あれ買えば良かったじゃん、ほら、あの、

♧ 「しっぽの日パンツ」のこと?

♤ そうそう、あれ買えば良かったじゃん。

♧ たった一日のためだけに長蛇の列にならんでまで買えるかよ。しかもけっこう高いんだろ?

♤ 俺買ったぜ。しっぽの日パンツ。

♧ え、いつの間に買ったんだよ。

♤ 一昨日かな。

♧ 並んだの?

♤ いや、並ばなかった。

♧ 高かっただろ。

♤ イチキュッパ。

♧ 一万九千八百円もしたのか。

♤ 百九十八円。

♧ やっす! どこで?

♤ ドンキ。

♧ ドンキかあ、大丈夫なやつなの?

♤ 一日履くだけだし、大丈夫っしょ。

♧ わざわざ今日のためだけに買ったのか。

♤ 俺はさ、これを履いて、ピークに合わせて外出するつもりなんだ。

♧ パンツはあっても、「しっぽの日ズボン」だって必要だろ。

♤ 買ったよ。

♧ いつの間に?

♤ 一昨日。

♧ ドンキ?

♤ ドンキ。

♧ あれもけっこう高いんだろ?

♤ サンキュッパ。

♧ 三万?

♤ 三百。

♧ やっす。大丈夫なのかよ、ほんとに。

♤ 一日履くだけだし、大丈夫だろ。

♧ で、わざわざそんなの買って、お前はどこに外出するつもりなんだよ。

♤ 渋谷。

♧ 渋谷?

♤ 渋谷のハチ公前とか、アオガエルとか女子高生がいるじゃん。

♧ うん。

♤ あの子たちにしっぽ生えてみ?

♧ え?

♤ お前は想像力がねえな。お前のしっぽが伸びてきてからズボンがどうなった?

♧ ズボンは、脱ぎ棄てられた。

♤ その前だよ。

♧ ズボンが苦しくなった。

♤ そう、それよ。

♧ それと女子高生が何の関係があるんだよ。

♤ 女子高生って言ったら、みんなスカートだろ。スカートでしっぽが伸びたらどうなると思う?

♧ こう、にょきにょきして、ズボンじゃなくてスカートだから、あ、あ、あ!

♤ な? こっちの前のしっぽがにょきにょきしそうだろ。

♧ なあ、お前のその「しっぽの日セット」を僕にくれよ。

♤ なに言ってんだよ、俺が買ったもんだろ。

♧ だったら僕がお前から買おう。合わせて千円もしないしな。

♤ 普通に買ったらめちゃくちゃ高いんだぞ。五万だ、五万。

♧ 五万出すよ、ほらくれよ。

♤ 俺がこれを履くんだ。

♧ 十万でどうだ。

♤ くう。

♧ お前、大してしっぽだって伸びてないし、使う必要ないだろ。

♤ まだ二時間もあるんだぞ、伸びるかもしれないだろ。

♧ そしたら、下半身裸で行けばいいだろ。

♤ 捕まるだろ、絶対嫌だ。お前に売るつもりはない。

♧ 十五万でどうだ。

♤ 売ろう。

♧ 単純だな。ほれ、寄こせよ。

♤ その前に、現金でもらおうか。

♧ 待て待て、そんなまとまった現金なんて手元にないよ。

♤ 今ある分、とりあえず全部もらおうか。

♧ 財布にある二万、とりあえずこれでいいか。

♤ まいどあり。

♧ で、ブツはどこにあるんだ?

♤ これだよ、これ。

♧ ずいぶんと厳重に保管してたんだなあ。

♤ ほら、これ、やるよ。

♧ サンキュー。開けるぜ。

♤ おう。

♧ あれ?

♤ おや。

♧ 布、少なくないか?

♤ 布っていうか、紐だな。Tってやつだな。

♧ 僕が知ってるのと全然違う。テレビでやってたやつだと、普通のボクサーパンツの後ろにスリットが入っていて、しっぽだけ出せるようになってたぞ。これは、女性用のセクシーなランジェリーじゃないか。

♤ 布が少ないから安かったのかあ。まあ、紐ならしっぽが伸びても邪魔にはならないよな。

♧ 二万返せ。

♤ やだね、俺はもうお前に売ったから。

♧ クーリングオフさせろ。

♤ もう二万、使っちまったし。

♧ いつ使う時間があったんだよ。返せ、悪徳商人。

♤ それ履いて、渋谷行って来いよ。

♧ こんな恥ずかしいもん履いて行けるわけないだろ。この三角の布に、前が収まるわけないし。

♤ お前のなら収まるから、大丈夫だから。

♧ うっせ、いいから二万返せ。

♤ 待て待て、お前は「しっぽの日ズボン」だって俺から買ったんだろ。

♧ どうせこっちだって、似たようなもんだろ。

♤ 見てみろ、こっちは案外大丈夫そう。

♧ あ、ほんとだ、これなら履けるかも。

♤ 一度、履いてみ?

♧ ノーパン?

♤ Tバック履けよ。

♧ Tバックって言っちゃってるし。

♤ あ。

♧ あ、じゃねえよ。とりあえず、履くけど、金は返せ。

♤ どっちかにしろよ。まあ、いいや。とりあえず、履いてみ?

♧ どうよ。

♤ ああ、見た感じ大丈夫そう。

♧ じゃ、僕は一足先に行ってくるよ。

♤ 早いなあ。

♧ お昼のワイドショーで街角インタビューとかされるみたいだし、テレビつけて見ててよ。

♤ わかった。テレビで様子見ながら準備して、僕もぼちぼち向かうよ。

♧ じゃ、またあとで。

   ◇

――まもなくピークを迎える「しっぽの日」ですが、渋谷ではいつもとはちょっと変わった光景が見られます。都内の公立高校は、本日に限り私服での登校としました。女子高生たちは、都から支給されたしっぽの日専用の衣服での登校をしています。その渋谷で、臀部を露出した男性が逮捕されました。全国各地でこのような事件やトラブルが頻発しています。

♤ あ、あいつ捕まってる。尻丸出しじゃん。安いズボンだから後ろに布がなかったのかあ。俺は家で大人しくしていよう。

しっぽの日

しっぽの日

二十三年ぶりに日本に訪れた「しっぽの日」、次に日本に訪れるのは十九年後。 ピークの二時四十分に向けて、彼らのしっぽが伸びてくる。 そんなしっぽの日に、好奇心を満たそうと画策する二人の会話劇。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-06-02

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted