instant/20200423

林やは

愛だとおもっていました。きみのすべてを、わたしと等価だとすることを、それは、いつか沈んでしまう、残骸のようなものなのに。あたたかいものの、あたたかいところに、触れていないだけ、わたしはさみしかった。きみのやさしくないことが、ほんとうのやさしさなら、わたしはきみを、抱きしめたいよ。いつまでも消えないな、肌から先。

instant/20200423

instant/20200423

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted