instant/20200414

林やは

緩やかな日々の、深層に、わたしの街がある。ゆるされない、罪や愛を、失ってしまうことこそ、神様の殺戮にひとしい。わたしはあなたを愛さない、しかし失わない。断罪されないまま、わたしは天使みたいに、うそぶく。

instant/20200414

instant/20200414

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted