フランツ カフカ【キメラ編】

きゃする。すわんな。らぷらす。

フランツ カフカ【キメラ編】
  1. I
  2. II
  3. III

キメラの最後。人間の、判決。

I

【キメラの最後】

〝もう、ぼくは、死にたいニャンメェ〟

だめだ。最後まで、ぼくは、面倒を見るよ。

〝イヤメェ。ニャン。〟

〝殺してニャン〟

猫と羊のキメラは、ニャンメェ泣いている。

ぼくに、殺して欲しいという、目つき。

ある時、キメラが、ぼくの(ほお)をつたう、しずくが流れ(こぼ)れた。

II

羊でもなく、猫でもない動物は、最後に(うった)えてくるのは、いのちのはなし。

羊でもなく、猫でもない、人間のしでかした、キメラへの(つみ)

(ころ)した方が、救いになるのか、生かした方がいいのか、どちらの答えも正解である、とわたしは、思う。

生き続けるのが、苦痛で仕方がない。

生きていて、居心地のいい、楽園がある。

死にたくても、死ねない。

生き続けて、大切に(あつか)う。

人間が、作ったキメラ。

カフカは、この父から受け継いだ、キメラを、寿命(じゅみょう)まで、世話をするという。

カフカの、考え方でもある。

III

永遠(えいえん)の幸せを求めて。

(はがね)錬金術師(れんきんじゅつし)の、エルリック兄弟と、スカー【傷の男】の話では、スカー【傷の男】が、キメラを次々(つぎつぎ)に殺してゆく。

スカーは、正義(せいぎ)だと思っている。

キメラの苦しみ。

人間の(あい)運命(うんめい)

殺すか

生かすか。

わたしは、命のある、生物は、やはり、大切に可愛がって、最後まで、面倒をみる、のが、正しい。

そう思う。

フランツ カフカ【キメラ編】

いのちある、生物は。

フランツ カフカ【キメラ編】

フランツ・カフカ短編集 キメラ 訳。動物のいのちを最後。ぼくの頰をしずくが垂れ込んだ。ぼくに、キメラが訴えた。

  • 小説
  • 掌編
  • ホラー
  • SF
  • 青年向け
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted