青く腐りきってしまっても

白石 あめ

僕は僕でありたいな

自分のままでいることを

誰もが願ってた


夢なら覚めろと思ってた

現実には戻りたくないとも思ってた

光はいつも

微かでよく見えない

でも追わずにはいられない


大人になったらなにしてるんだろう

今 なにになりたいんだろう

抱えた夢を抱えたままにはしたくない


行ってみたい場所がある

会いたい人がいる

食べたいものがある

味わってみたい感動がある


なにかに縋るように

届けと願うのは

青く腐りきってしまっても

青く腐りきってしまっても

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-01-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted