石ころと明星 その後の二人

平井みね

 鳥の鳴き声が聞こえる。ツツピーと聞こえるこの高い声は、カラ類だ。控えめでどことなく上品な鳴き方なので、おそらくアオガラだろう。
 まぶたの向こうに光を感じる。エッダはゆっくりと目を開けた。
 薄いカーテンを透けて差し込んでくる柔らかい光が、ほんのりと寝室を照らしている。もう外はだいぶ明るい。
 すっかり朝である。普段のエッダは夜明けと共に起きるので、完全に寝坊である。しかし、そうなってしまったのも仕方なかった。昨夜はイグナーツと思い出話に夢中になってしまい、(とこ)に入るのが遅くなってしまったのだ。
 エッダはゆっくりと毛布から抜け出ると、ベッドの縁に腰かけた。ひんやりとした空気が肌にまとわりついてくる。朝は気温が低くなってきた。今、身に着けている薄手の寝衣では、涼しく感じる。秋である。油断していたらあっという間に終わってしまう。イグナーツが屋敷にやって来る準備に気を取られ、すっかり後回しにしてしまっていたが、そろそろ本格的な冬支度を始めなければいけない。
 となれば、早く起き出さなければ。そう思いエッダは腰を浮かしかけたが、すぐに思いとどまる。立ち上がるのを止めたエッダは、体を捻ってベッドの方を見やった。
 イグナーツはまだ眠っていた。
 エッダは乱れた毛布をイグナーツの首元までかけ直した。それから、彼の顔をじっと見つめる。
 長いまつ毛にすっと通った鼻筋。美しい寝顔だ。だが、どこかあどけなさを感じてしまうのは、昔の記憶が重なるためだ。幼い頃、二人で遊んでいた時。はしゃぎ過ぎて疲れてしまうのか、エッダの隣でイグナーツが眠ってしまうことがあった。
 エッダは手を伸ばし、そっとイグナーツの頭を撫でた。大きく波打つエッダの髪とは異なる亜麻色の直毛は、指通りが良い。彼の感触に、エッダの心は満たされる。自然と口角が上がってしまう。
 髪から頬に指を滑らせる。ふっくらとした健康的な肌色の頬。こちらも滑らかな感触だ。本当に、彼にあばたが残らなくて良かったとエッダは思う。
 こうして起き抜けに、眠っているイグナーツに触れるのはエッダの日課だ。イグナーツと一緒に暮らすようになって十日余り、一日もこの日課を欠いたことはない。イグナーツには内緒にしている、エッダの密やかな楽しみである。それは今日も違わずに、薄靄のように煙る朝の光の中で、エッダはしばらくイグナーツを撫でていた。
「う、ん……」
 ふいにイグナーツが身じろぐ。起こしてしまっただろうか。そう思ったエッダだったが、イグナーツの目は閉じたままだ。眠りを妨げてしまった、ということではないらしい。
 しかし、いつまでもこうして――いたいのが本音だが――いるわけにもいかない。今一度、イグナーツの髪をもてあそんだ後、エッダはようやっとイグナーツから手を離した。指先が離れる瞬間、名残惜しさがこみあげてきたが、そこはぐっと我慢する。
 エッダは体を翻し、今度こそ立ち上がろうとした。その時。
「エッダ」
 澄んだ声に名前を呼ばれる。振り返れば、イグナーツは目こそ閉じたままだったが、嬉しそうに笑っていた。
「もっと撫でて」
 甘やかな声でイグナーツが言う。エッダはどきりとした。
「起きていたの?」
「うん」
 笑い混じりにイグナーツは頷く。
 いつから起きていたのだろうか。それは分からないが、触れていたことに気付かれてしまっていた。
 急にエッダは恥ずかしくなった。ふいとイグナーツから視線を逸らし、慌ただしく立ち上がる。
「起きているなら、早く起きなさい。もうだいぶ寝坊よ」
「うん、分かってる。ちゃんと起きるから、もう少し撫でて」
 イグナーツが再度甘えるように言う。また、エッダの胸が跳ねる。
 何が「分っている」のだ。早く起きろと言っているのに。エッダは呆れてしまう。
 小さく息を吐きつつ、しかしエッダはベッドに腰かけた。
 相変わらずイグナーツはずるい。そして、相変わらずエッダはそんなイグナーツを拒めない。
 エッダは、イグナーツの額に触れた。彼の温もりが、手のひらに広がる。
 イグナーツが嬉しそうに笑い声をもらす。エッダも嬉しくなってくる。ほころんだ心は、あっという間に呆れていた気持ちを書き換える。エッダの頬が自然と緩んだ。
 アオガラの可愛らしい鳴き声が、朝の柔らかい光が、そして彼の感触が、心地よい。
 イグナーツを撫でながら、エッダは思った。今年の冬は、去年よりもずっと温かく過ごせるだろう、と。

石ころと明星 その後の二人

石ころと明星 その後の二人

『石ころと明星』の二人のその後。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-03

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted