星・・・〈死の星〉

しばこまつだ

彼がその星に降り立った時の印象はこうだった。
 荒涼として何もない星。
 けれど、ここはとても豊かな星なのだ。
 マコは彼がこの星に降り立つまでの一部始終を見ていた。
 何しろ、彼はマコの赤いスカートを目掛けて飛んできたのだ。
 「人を見るのは久しぶり」とマコは思った。
 彼女の周りは風がひどかったし、山はとても人が登れるような高さではなかったから、星の住人たちは誰も彼女に近づかなかった。
 でも、マコの心の中には、以前のような〈孤独〉はなかった。
 ここに立つことはマコが決めたのだ。
 そして彼女は星のみんなのことが好きだった。
 
 人と言っても、彼は人間のような容姿ではなかった。
 魚のような昆虫のような不思議な形をしていた。
 マコは風に声をのせた。
 その声は天まで吹き飛ばされていき、パラパラと雨のように落ちてくるのだ。
 彼は手の中に落ちてきた言葉を眺めた。
 それはマコが心を込めて送った挨拶だったが、彼には意味がわかるはずもなかった。
 口に入れると、甘酸っぱいリンゴのような味がした。
 
 彼は姿勢を低くして四つん這いになると、長い舌を地中に潜らせて、マコに向かって伸ばした。
 舌はまるでロープのようにマコの体に巻きついた。
 「痛いっ」マコは思った。
 ギリギリと舌が巻き上げられていき、彼の体が近づいてきた。
 そしてとうとうマコの目の前までやってきた。
 「何なの?」マコは言った。
 相手は何も答えなかった。
 マコは恐怖を感じた。
 その生き物は何でも知っているというように、迷わずマコの背中に舌を這わせ、装置のスイッチを切った。
 マコの赤いスカートがパサリと宙から落ちてきて、風が止まった。
 「何なの?」マコはもう一度言った。
 「ナンデモナイ。ナンデモナイヨ」彼は言った。
 それは機械から発せられたような声だった。 
 「あなたは誰?」マコは言った。
 「ダレデモナイ」
 「私の邪魔をしないで!」
 マコは強い口調で言った。
 「キミト ナカヨクナリタイ タダ ソレダケ」
 「私と?」
 「キミト」
 マコはその言葉を噛みしめてみた。
 そんなことを言われたのは初めてかもしれない。
 彼女の心は温かくなった。
 「いいわ」マコは言った。
 「アリガトウ」
 彼がマコの首に舌を巻きつけ締め上げると、マコは簡単に死んだ。
 彼はマコを残さず食べた。
 彼は町に下りていって、町のみんなも食べた。

 そして、みんな1つになった。

 それこそが彼が与えられたミッションだった。
 寂しいはずはなかった。
 でも、何だか少しさみしいのだった。
 
 豊かな星の泉にはたくさんの魚が泳いでいる。 
 生まれては死に、死んでは生まれを繰り返しているのだ。

星・・・〈死の星〉

星・・・〈死の星〉

マコは昔より強くなった。彼女は自分がどう生きるべきなのか決めたのだ。だからひとりぼっちでも決して落ち込むことはなかった。でも、やっぱり彼女は愛がほしかったのだ。求めることと、求められること。どちらもヒトリボッチではできないこと、、、。星をめぐる物語3/3

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-02

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted