星・・・〈みどりの星〉

しばこまつだ

〈みどりの星〉

 そこは豊かな星だった。
 たくさんの生き物がいた。
 そして誰不自由なく食べ物を得ることができた。
 小鳥も多くいた。
 小鳥の歌声は、豊かさの象徴だった。
 泉に水汲みをしている少年がいた。
 少年が水瓶を水面に差し入れると、水はきらりと光った。
 水瓶の中には魚がたくさん入っていた。
 「どいておくれよ。僕は水を汲みたいんだ」
 少年は魚を泉に戻した。
 そして今度は慎重に泉の上澄みだけを救いとった。
 けれど水瓶には、やはり数匹の魚が泳いでいるのだった。
 少年はあきらめて、魚ごと水瓶を持ち帰った。

 「ねえ、母さん。この魚を飼ってもいい?」
 少年は母親に聞いた。
 「ダメよ。泉の魚は泉にいないと死んでしまうのよ。戻してあげなさい」
 少年は手で水瓶から魚を掬い上げると、再び泉に向かった。
 けれど、泉に返すころには、手の中の魚は死んでしまっていた。
 水面にぷかりと魚の死骸が浮かんだ。

 「母さん、魚は死んでしまったよ」
 少年は泣きながら言った。
 「それは残念ね」母親は言った。「でも、そのうちまた生まれ変わってくるでしょうよ」
 魚の死骸は他の魚たちが食べた。
 魚はなかなか生まれ変わってこなかった。
 でも、泉にはあまりにたくさんの魚がいるので、誰もそんなことは気にしなかった。
 少年もすぐに魚のことなど忘れてしまった。

 少年は大人になった。
 彼は宇宙飛行士になった。
 彼は銀色の服を着て、尖っていて、光っていて、その姿はまるであの時の魚のようだった。
 彼は勇ましかった。
 母親は彼のことを誇りに思っていた。
 ロケットは打ち上げられた。
 彼は宇宙へと放たれた。
 しかし、不慮の事故で彼は死んでしまった。
 母親は悲しんだ。
 魚の死のようにすぐに忘れることはできなかった。
 何しろ彼は母親にとって、たった一人の息子だったからだ。
 彼の死体はいつまでも宇宙に漂っていた。

 数百年の時を経て、彼は違う星で生まれ変わっていた。
 彼はこの時も宇宙飛行士という人生を選択していた。
 まるで宿命のように、それ以外を思いつけなかったのだ。
 彼はある使命を受けて、宇宙に飛び出した。
 そこで彼は長いこと宙を彷徨っていたかつての自分の死体と遭遇した。

 彼は探査用のアームでそれを取り寄せた。
 十分な危険度チェックと消毒が施され、それは宇宙船の機内に運び込まれた。
 宇宙服の中には美しい青年の死体があった。
 彼はその青年にそこはかとない親しみを感じた。
 けれど、まさか自分の死体であるとは気づかないのだ。
 彼はしばらくの間、その死体を抱きしめ交流を交わすと、死体を頭から食べ始めた。
 彼は死体に感謝していた。
 実のところ、宇宙船は軌道から外れ、方向を失っていた。
 食料は尽き果て、彼は死を覚悟していたところだったのだ。
 死体は彼に滋養を与え、生きる気力を蘇らせた。
 彼は操縦席に着くと、手がかりになるものを探して目を凝らした。
 そしてはるか遠くに、とてもとても小さな赤い点を見つけた。
 
 それは宙に向かって、燃えるようになびくマコの赤いスカートだった。
 そしてそこは同時に、かつての彼が生まれた星でもあるのだ。

 マコは、「やっぱり自分の赤いスカートが好き」と思った。
 それで、星でいちばん高い山に立って、思う存分にスカートをなびかせて生きることに決めたのだった。
 

星・・・〈みどりの星〉

星・・・〈みどりの星〉

〈みどりの星〉そこは豊かな星だった。泉には魚たちが溢れていた。生まれては死に、生まれては死にしているのだ。母親は息子を事故で失った。いつかどこかで生まれ変わると知っていても、魚の死のようにすぐに忘れることはできなかった。息子はいつか生まれ変わる。それが宇宙の巡りなのだ。星にまつわる物語2/3。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-02

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted