星・・・〈赤い星〉

しばこまつだ

〈赤い星〉

マコは思った。
 「ここにいていいのかしら」
 それはいつも思っていることだ。
 でも、ここにいるしかないのだ。
 彼女の赤いスカートは、長く、長く、遠くまでなびいていた。
 風がとても強いのだ。
 彼女に近づくものは、すべて遠くに吹き飛ばされてしまう。
 それでマコはいつもひとりぼっちなのだった。

 星の半分では静かで豊かな生活が営まれていた。 
 しかし、マコの風が届くところは荒涼として、草一本生えていなかった。
 風はマコが作り出していた。
 けれど、彼女は自分で風を止めることはできなかった。
 そのための装置はマコの背中についているのだ。

 ある日、旅人がやってきた。
 彼は遥か遠くからマコに話しかけた。
 旅人の声を風がどこかに運んでいってしまった。
 旅人は諦めて、星の半分の都に向けて歩いて行ってしまった。
 マコはがっかりした。
 
 しかし、その3日後、うれしいことが起こった。
 突然として、マコの風が止まったのだ。
 旅人は諦めたのではなかった。
 3日かけて星を一周すると、マコの背中に回って装置のスイッチを切ったのだ。
 「ありがとう」マコは言った。
 旅人は頷いた。
 間もなく鳥がやってきて、マコの肩にとまった。
 鳥はずっと、マコの肩にとまりたかったのだ。
 「町に行くかい?」旅人は言った。
 「でも、、」
 マコは悲しそうに自分の足元を見つめた。
 長いこと強風にさらされたマコの足は、飛ばされないように大地にしっかりと根を張ってしまっているのだった。
 旅人は彼女の長いスカートのすそをめくり上げてそのことを確かめた。
 「寂しいだろうに」
 「でも、今はあなたがいるから寂しくないわ」マコは言った。
 誰かに向かって微笑んだのはどのくらいぶりだろう、とマコは思った。
 旅人は市場で買ってきたリンゴをマコに差し出した。
 マコの口の中に甘酸っぱい果汁が広がった。
 マコはよろこびを噛みしめた。
 マコはずっとずっと食べ物を口にしていなかった。
 いつの間にか彼女は、根っこのような足を伝って養分を摂るようになっていたのだ。
 「おいしいわ」マコは涙を流した。
 「僕は思うんだけどね」旅人は言った。
 「そのうちこちらの土地にも人々がやってきて、町を作ると思うよ」
 「本当に?」マコは言った。
 「何しろ、風は止んだのだからね」旅人は言った。
 「うれしいわ」
 「それがいいことなのか、僕にはわからないけれど」
 旅人は次の目的地を目指して星を出ていった。
 
 間もなく、旅人が予言したように風が止んだマコの周りにはたくさんの人々が集まってきた。
 そしてあっと言う間に町ができた。
 マコの周りはいつもにぎやかで彼女は幸せを感じた。
 でも、気に入らないこともあった。
 マコの赤く長い長いスカートを皆が踏んでいった。
 マコはスカートのことをとても気に入っていたからそれが悲しかった。
 それに彼女の肩に、鳥はもうとまらなかった。

 町が眠った夜に旅人は再びやってきた。
 「どうだい?幸せかい?」
 「ええ、だいたいは」
 そう言うマコの顔は浮かなかった。
 「気に食わなければ君はいっぺんにこの町を吹き飛ばすこともできる」
 旅人は言った。
 「私はこの町を気に入っているわ、、」マコは言った。
 旅人はマコの背中に回って装置のボタンを押そうとしたが、思いとどまってやめた。
 「またいつか」
 旅人はバッグからリンゴを取り出すと、マコに手渡し去っていった。
 マコはリンゴに齧りついた。
 リンゴはやっぱり甘酸っぱく、おいしいのだった。
 
 それから数百年もの時が経ち、町の様子はすっかりと変わった。
 マコはそれほど年を取らなかったが、町の人々は死んでは、新しく生まれた人々と入れ替わっていった。
 町の人々はマコの汚れたスカートをめくり上げ、何か相談をしていた。
 マコを根本から引き抜いて、処分しようとしているのだ。
 マコは逃げ出したい気持ちだったが、彼女の足は大地に根を張ってしまっているのだった。
 そこへ再び旅人がやってきた。
 マコは泣きながら今までの一部始終を旅人に話した。
 「装置のスイッチを入れるといい」旅人は言った。
 「だけど、町は吹き飛んでしまうんでしょう?」
 「でも、君は助かる」
 マコは悩んだ末に、装置のスイッチを入れないことにした。
 また一人ぼっちになって生き続けたところで、それに何の意味があるのか、マコにはわからなかったのだ。
 「それじゃあ、これでお別れだね」旅人は去っていった。
 「さよなら」マコは言った。

 マコは大きな機械に挟まれて引き抜かれた。
 激しい痛みを伴ったが、マコの悲鳴は町の誰の耳にも届かなかった。
 間もなく、地中深くに埋まった根っこがすべて引き抜かれるというその時、機械がマコの背中の装置に触れ、途端に激しい風が巻き起こった。
 でも、町は吹き飛ばなかった。
 マコが吹き飛んだのだ。
 町の人々があんぐりと口を開け見上げる中で、マコは星を飛び出し、宇宙に放り出された。
 マコの長い長いスカートが、漆黒の闇の中で赤く尾を引いた。
 
 行き着いたのはミドリの星だった。
 気付くと彼女はその大地に横たわっていた。
 風は止んでいた。
 「やあ、また会うとはね」
 そこにいたのは旅人だった。
 「あなたが私をここに呼んだの?」
 「呼ばないさ。君がここに来たのさ」
 「ねえ、私って、いったい何なのかしら?」
 「さあ、それを知るために僕は旅をしているんだ」
 旅人が言った。

星・・・〈赤い星〉

星・・・〈赤い星〉

〈赤い星〉マコは自分が何者なのか、何のために生きているのかわからなかった。自分の好きな赤いスカートをなびかせるためには、風を巻き起こす必要があった。でも、その風は星の住民もろとも町を吹き飛ばしてしまうのだ。「私は生きていていいのかしら?」マコはいつも疑問なのだった。星をめぐる3つの物語。1/3

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 冒険
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-11-02

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted