1日も離れたくない君の声・・・・僕は君の

PIERo

  1. ストーリー
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7

登場人物
新城白(あらしろはく)
年齢18歳
趣味は、、、特になし
彼女居ない歴は18年
告白もされたことない
まずモテたことない
親は居ない生まれつき孤児院育ち
血は繋がりは無いけど妹がいる
朝倉なつ(あさくらなつ)
年齢17歳
趣味は?友達と夜遊び
彼氏歴は.....秘密
でも好きな人はいる
父親と喧嘩中
母親は知らない
家出中
くらら
年齢17歳
趣味はゲーム
親は普通に仲がいい
昔は少し喧嘩したけど
彼氏はゲーム
いつかプロゲーマーになる為に今!練習してる

古い家でもなんかと暮らしてる生活は苦しいけど楽しいことも少しだけある
そんな生活をここに記録する
あー自立がこんなに大変だと知らなかった
でも楽しいことも今覚えてる
彼女はできない生活でもモテる気がしない
あー
それから僕達は・・・・
付き合って年々

ストーリー

君の声を聴いて僕は何を思ったのか。君に僕を、、、、
携帯を手に持ちながら思いつづ
君の何が足りないのかこの時の僕はまだ気づいてない
僕の答えは。
僕は昔のこと思い出を頭の中で
映画のように流れた
りさ、、、、僕は最初に呼んだ
顔はよく覚えてないけど
声だけ覚えてる
何故?自分自身に問う
分からない。答えも出てこない
何故。君のことが最初に頭に思ったのか
でもこんなこと思っていいのか?
携帯をじーーーーっと見てもりさから掛かることはない
もちろん僕からもかけない
寂しいことは君がよく知ってると思う
そう簡単に忘れることなんかできない。
君は何者で僕は何か・・・あー
寂しい
手を繋いで僕はいつも君のこと呼んでた
いつも。でもいつからか僕は
君のこと忘れて友達と遊んで君のこと忘れてしまった
家に帰ればいつも君が居てくれた。
どんなに暑い日でも
いつでも。けど君は僕を必要としてくれた。
あーわかってる。君。嫌
愛してる
そんなに必要として欲しかったけど
君の声は僕には届かない
僕は。
いつも・・・・・
そんなこと考えてると携帯が鳴ってびっくりした
「もしもし」
聞き覚えがある声だった
「元気?」
僕は
「うん」答えた
それから電話が切れた・・・・
頭の中が「?」
疑問だらけに掛けなおしてもいいと一瞬だけ過ったけど
しないでそのまま放置。
暑いと思っても部屋にはエアコンがない
ただの扇風機1台でこの暑い夏を1人で過ごしてる
けどあの電話は何がしたいのか?本当に疑問だ
この古いアパートは築何年?と言うかわからないけど
壁は薄い
音は全部聞こえる
嫌な音
好きな音
窓も古くて開けることもできない
開けるとしても2ミリ?3ミリ?くらいしか開かない
だから外出できない。したいけど、出来ない。
1人で外出しても何処に行けばいいのか
女の子居ればデートくらいしたいけど
する相手が居ない。
自分でもわかってる。モテ期でも本当にあるならしてみたい
心の中で思ったけどそう~簡単には
現実に起きるわけない。
地道に自然な出会いが来るとだけ思いたい
今日の風呂はどうするか・・・・毎日が大変
お金ない時はいつもバイトの人から借りてから風呂に入る生活
こんな貧乏でも服だけはちゃんとしてる
店長からもいつも言われてる
「お前はいつも汚いここにいる時だけは綺麗な格好で仕事しろ」
会う度に言われてる。
わかってるけどいつも癖で汚い格好で店に入る
あーって思うと憂鬱

1日、2日、過ぎた何とも言えないことは起きない
テレビはあるけど見る番組がない
携帯だって見ても誰からも掛かるはずもない(笑)
けど楽しみはいつも優しくしてくれる子だけが今の楽しみ
なんかこんなこと書くと年寄りみたいで嫌だけど
本当の俺だ
いつもと変わらない1日。でも
僕はバイト先で好きな人?できた
片思いだけど、、、、好きになっていいのか
まだ話もしたことない中身がわからないから。けど
僕がバイトの度によく会う??偶然?
僕とよく一緒になる子と話する所よく見かけるから
それで来てるのかな?かわいい声してる
あーなんかストーカーみたいことしてる。全然そんなにことしてないのに
よそ見してると
「あのーすみません」声がする
見るとお客さんが居てびっくりした。
焦って慌ててレジを打った
まじびっくりした。けど終わったころにその子はもう居ない
名前はなんて言うのかなー凄く気になる
隣の子に聞けばわかると思うけど人見知りだから聞けない
仕事の話なら聞けるけど、、、それ以外は無理。
明日も来てくれるといいなぁー心の中で小さく願った
そんなこと考えてると僕のバイト時間が終わって上がる時間になった
裏に行ってタイムカードして
着替えて裏から出た。
ため息
それから自転車でアパートまで
街中はカップルとか見るけど僕には関係ない
縁もない
出会いも1ミリもない
と、思ったけどやっぱり欲しい
もしできるならデートとかしたい
色々と回って行きたい!
そんなこと考えていると片思い中であの子と、、、、ドラマじゃないんだからありえない
話すとかありえないから離れた所から止まって
僕は信号が変わるまでそこでそこ子見てながら。あーこれってストーカー?
犯罪??
信号は青になって、、、、誰かに呼ばれた気がする。
白(はく)って絶対に気のせいだ
今度は大声で
え!?
誰?後ろ向くとあの子
なんで僕の名前知ってるの?え??
話したことないのに何で?どこから情報漏れた
んー。バイトで一緒の子?
そんなに仲がいいとは知らなかった。
僕以外に興味あると思うのに何で?
けど。話してみたい
でも恥ずかしいから自分からできない
名前呼ばれたけど逃げた。
こんなダサい服着て普通に話すことなんか出来ない
ちゃんとした服ならわかるけど今は無理。
もうスピードで自転車を飛ばした
3分くらいで凄い疲れたけど(笑)
眠い
あんな可愛い子が何故?僕を、、、、

今日も声かけることできなかった
どストライク!けど名前わかっても名前は呼べない
私はどうすれば考えても分からない
好きなタイプ!
あー話したい
同じ女の子ならわかるかも
同じレジ打ちしてる子に聞いた。
あーあの子ならやめたほうがいいよ
「服とかダサいし毎日店長に怒られてるし」聴いて自分で納得した
次に会ったら声かけよう
いっぱいバイトしてる店に行こ!
学校の帰りに行くけど最初は何時にバイトしてるのか全然わからないから
毎日行った
女の子とはすぐ仲良くなったけど
白(はく)は全然会えない
むしろなんで会えない?
たまたま今日行った時に会えたけど
声かけること出来ない。
なんて声掛けたらいい?
いつも普通に買い物して帰る
凄い偶然じゃない限り
会えない。
話すことも出来ない
また明日学校の帰りに行こ
次こそ話したい
それが今日になった!いま目の前にいる!
あ。先に行かれると思って初めて名前を呼んだ
「はくー」
こっち見てびっくりした顔だった
そんなにびっくりする?私
それからまた逃げるように行くから
さらに大声で名前を思い切り出して呼んだ
こっちを一瞬だけ見てけど怖いのか
凄いスピードで行かれた。
なんで?悪いことやった?
そんなに逃げないで?思ったけど
もう遅い
もう見えない。もうあそこに行けない
完全に嫌われた
もう顔も見てくれない。どうしょう
やっぱり最初が悪かった?
普通に話すればあっちも良かった?普通にお客さんとやればいいのかな?
もう遅いけど
時間が解決してくれるかな?
もうあの店に行けない。
どうしょう私はずっと引くずる
本当に好きだけど話すこと出来ないのは辛い憂鬱
店にいる時と違う服は、、、、私から全然イケる
そんなに服とは気にしない
あっちからすればダメなのかな?
あ。
やっぱ無理か、、、、デートしたいなぁー
全然デートしてない。元彼は別れたら連絡全部切るし
男友達とか居ない
なつには彼しか見えない
大好きになると彼以外は興味ない

今日もバイトにあの子がいる
本当にストーカーみたいになってる
こっち見てキョロキョロとこっちみてくる
僕が気づくと違うところ向いて!
見てないフリまでして
店長に言ってシフト変えて貰おう?
本気で考えたけど
多分一緒にしてる子から情報漏れるか
毎日来るか?すると思うからあまり意味がない
ここやめると困るし
こっちから話かけてみる?
でもなんて言う・・・・?
「ストーカーみたいなことやめてくれないか」言う?
絶対言えない逆上したらどうしょうと考えると怖い
綺麗な顔してるし
彼氏絶対いる!って思うし
それなのに何故?僕??
ストーカーになるまで毎日来る?(僕がいる時)
買うのはバラバラ
酒とかお菓子とか本当にバラバラで
タバコだけは買わない
この前「はく」って呼ばれてびっくりして逃げたけど
少し気にしてるかな??
あ。帰った
何も言わないで。って思ったけど
また来店して
僕のレジに来て
「あの!昨日はごめんなさい」って言って
レシートだけ残して帰った
え!?
そんなに声は大きくなかったけど
周りの人がこっち見てる
僕は悪いことしてないのに
下向くと何もなかったように店に流れるラジオに救われた
それから
なんで??残したレシートを手に取って捨てようと
ふと思ったけど
裏に何か書いてある。あ、、、、
なんかのアドレスがある
多分だけどLINEのIDかな??
もう少しで休憩時間だから
やってみるけどー
返事はしないけど
でも僕は
「ストーカーみたいなことやめてほしい
 僕に話あるなら影でコソコソしないで
 言ってほしい僕も話聞くから」
書いて送った
終わると休憩時間のもうすぐ終わる時間に迫ってきた
携帯の電源切ってレジに戻った
あとで返事来てると思うから
バイトの終わりに見て、、、、
判断する

あれから2時間。バイトして終わった
バイト中も気になってポケットの携帯を触ったけど
ポケットから出さないで我慢して
バイト終わったから着替える時でも
見ようとその時に思った。
実際はバイト中にみたけど
返事はなかった
やっぱり
少し言い過ぎたかなと少しだけ後悔したけど
あのくらいでダメならそれでいい
と、思った
あ。もうこんな時間だ
て着替え終わってから誰もいない所で
「おつかれー」小声で言って店を出た
いつものように帰り道を進むと
なつがいる
その隣に見たことない人がいる
LINEの返事かな?思って近くに行くと
その隣に居た子が話始めた
「なにがダメで?ストーカーしたから?それであんなLINEして来てさー」
口を開いた瞬間に怒りだして
「あんなことLINEで書けば誰も返事しない!お前さぁーわかってやってるの?」
自分ではそんなのこと思ってないけどそう取られられても文句は言えない
「で、返事は」
なつに話す番になってやっと話始めた。
「私ははくと付き合いたい!本当に
 それでだめなら諦める」
言った。僕は。
「こんなバイトの前で大声で言えないけど俺もバイトに来る時は少しだけ気になってチラチラ見てた」
正直になつに言った
そうすると突然
なつが泣いた・・・・え
すぐ後ろ向いて隠したけど
隣に居た子が
蛇の睨みのようにこっちを見てきた
怖くなってそこから僕は逃げた。
あのまま居たらどうなっていたか
居たい子の名前はわからないけど
顔は読モにいる子で凄い綺麗だったことはよく覚えてる
けど。なんで一緒に居たのか?いまも分からない
僕と付き合ってもいいことない
逆に悪いかもしれないけど
それでも僕と付き合いたい?
それをLINEで言いたいけど
逆にもっと好きとか言われたらどうしょう
自分では気づかない何かあるのか?それに気づいた子がなつ?
君は僕の何に魅かれて来たの?
君に問いたい。まだ答えなんか聞けないけど
わかってる
それで僕に恋と言う言葉に言ってほしい
ってことかな?

私は彼に魅かれていく
言葉じゃ説明できないけど
でも大好き
我慢できない早く告白したい
でも怖い
「ごめん」と言われたら
それでもアタックしたい
攻めたい!!
こんなモヤモヤしてる時は
格ゲーで気分転換!!
下手だけど(笑)
ゲームにハマると時間忘れてるから
そこだけ注意かな
親友のくららは今頃.....何してるかな?
ゲームでもしてるかな?
くららは私よりゲーマーで私より上手いし
性格は強気でついキツイこと言うけど
私こと心配してくれる優しい親友だから
自慢できる親友!!
LINEは返事来ない
いくら待っても来ない
でも諦めたくない!
返事来るまで我慢する。

僕はそう
片手を天井に挙げて
なにか掴む感じてで握ると
手の中には何もないことを知る
僕はなつを掴むことできるのか
大好きって気持ちがまだ分からない
けど。一緒になってもいい
本人には言えないけど。多分気づいてる?

1日も離れたくない君の声・・・・僕は君の

1日も離れたくない君の声・・・・僕は君の

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-08-11

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted