きのこガール

しばこまつだ

「きのこガール」

 きのこガールは戦闘の真っ只中にいた。
 きのこガールは赤いきのこのヘルメットをかぶり、胸に機関銃、太ももにはピストルを装備している。手榴弾も持っている。
 きのこガールは木の合間から木の合間へすばしっこく移動する。
 その軌跡を銃弾が追いかけていく。
 「ふぅ」
 きのこガールはヘルメットの下から流れた汗を手の甲で拭う。
 これでは平和が訪れるのはまだまだ遠そうねと、きのこガールは思う。
 木の陰で様子を伺っているうちにきのこガールはうとうと眠ってしまう。
 疲れているのだ。
 彼女は眠るとただのきのこに戻る。
 ゆっくりと寝かせてあげよう。
 目が覚めれば、再び戦闘がはじまるのだ。
 
 きのこガールは激戦地の戦闘用に作られた秘密兵器だ。
 何しろ、彼女たちは小回りが利く、かわいい、食べられる。
 激戦地にうってつけだ。
 もちろん、武器としてのすごい破壊力も備わっている。
 万が一、きのこガールに銃弾が当たろうものなら、半径6メートル一帯が吹き飛んでしまう。
 味方も死ぬが、敵も死ぬ。
 すごいインパクトだ。
 だからきのこガールはむやみに殺せない。
 しかし、放っておくとむやみに攻撃を仕掛けてくる。
 きのこガールはたちが悪い。
 きのこガールは毒がある。
 だけど、きのこガールはとってもかわいい。
 
 きのこガールがいつものように森を走っていると、大木に突き当たった。
 いや、大木じゃない。死体だ。
 血の匂いがする。
 きのこガールは死体を見上げた。
 死体はこめかみからドロリと血を流していた。
 ただし、死体は生きていた。
 生きているから死体じゃない。
 青い2つの瞳がじっときのこガールのことを見ていた。
 きのこガールも勝気に見返した。
 きのこガールは兵士の体に駆け上がると、肩口から体をいっぱいに伸ばして彼にに口づけをした。
 きのこガールは恋に落ちたのだ。
 きのこガールは即決、行動派だ。
 きのこガールに迷いはない。
 兵士は敵兵だった。
 しかし、きのこガールにそんなことは目に入らない。
 きのこガールは優秀な兵器だが、基本、自分の衝動を優先する。
 兵士はじっとしていた。
 きのこガールが爆破を企てていたとしても、仕方ないと諦めていた。
 どうせ彼は死にかかっているのだ。
 きのこガールはヘルメットの端を千切って、兵士の口に押し込んだ。
 兵士はおとなしくそれを食べた。
 たとえ、毒キノコだったとしても、どうでもいいことだ。
 とにかく彼は死にかかっているのだ。
 きのこガールは兵士の体を駆け上ったように、駆け下りて、そのまま森の中に消えていった。
 それきりだ。
 きのこガールの恋の発生から完結までの早さには舌を巻く。
 兵士は彼女の慌ただしい後ろ姿を見送りながら少し笑った。

 さて、戦争は終わった。
 きのこガールたちは戦勝国に回収された。
 構造を研究するためだ。
 きのこガールはもう動かない。
 人形のように目を見開いてとぼけている。
 やがて、調査が終わると、きのこガールたちは銃から弾を抜かれ、汚れをきれいに拭き取られ、子供用の玩具として市場に並んだ。
 きのこガールの人気は爆発的だった。
 これぞ秘密兵器と呼ばれるゆえんだ。
 
 彼はデパートの売り場で箱に入ったきのこガールを見つけた。
 「やあ、君にまた会えるとはね」
 彼はきのこガールを購入し、家に持ち帰った。
 彼はあの時の兵士だった。
 彼は死ななかったのだ。
 きのこガールがヘルメットをちぎって食べさせたおかげだ。
 彼が彼女を見つけたのもヘルメットが千切れていたおかげだ。
 
 きのこガールは今日も元気に部屋中を駆けずり回っている。
 ゴミバケツの影に隠れて、飛び出すタイミングを見計らう。
 本棚の隙間に素早く移動し、それからティッシュの箱の中へ。
 駆け抜けながら機関銃を構え、猫の脇腹へ銃弾を浴びせる。
 猫は彼の飼い猫だ。
 たまに彼のふくらはぎも標的になる。
 でも、危険はない。
 彼が弾倉に米粒を詰めてやったのだ。
 「痛ったたた」と言いながら、彼は部屋中を逃げ回る。
 猫も逃げる。
 きのこガールはどこまでも追いかける。
 銃を構えて乱射する。
 きのこガールは根っからの戦闘好きなのだ。
 
 
 
 
 

 
 
 
 

きのこガール

きのこガール

きのこガールは戦闘の真っ只中にいた。彼女は戦争に欠かせない秘密兵器だ。ある日、彼女は敵国の負傷兵にキスをした。一目惚れだ。彼女は戦争を愛す。しかし、自分の恋愛を最優先する。彼はもう間も無く死のうとしている。彼女は彼女なりの決着をつける。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-06-29

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted