【零の勝ち】

禽 作

【零の勝ち】

零になりたい。
始まるのも終わるのも数える人のお勝手に
わたしはじゆうになる
底には零だけがある
勝手に独り歩きして零は形を持つけど
私は在るままに生きを据えるカラ
どうとでもきにならない
みにもならない
やっぱりじゆうでしょう
からばこだから
ひとつ
そこにないから
からばこひとつ
なんにもないから
零。
でも価値はある。
みえなくてさわれないけど
存在は皆に知れる。
どんな思いも抱いてもらえる
「羨ましい程の零が 沢山あるでしょうに」
皆 
数に安心を得るでしょう。
見える触れる未来に続く確かな存在に。

恐怖は懐かない
それは本質でしょう。
バグなのかもしれないけど
だって食い潰すだけの存在
何処に価値があるのでしょう
だれが何のために
ここに木を持つ必要があるのか
温暖化することで地球は死を早めるのに
ヒトを置いて嘲笑うのは
たのしいですよね。
飽きるでしょう
平和では物語にはなりませんから
ぜろになりたい
苦しくてもいい
下呂吐いてもいいから
叶えて下さい。
私にすこしでも救いを、
魅せて下されば。
リセットして
新しく始めたところで
それをきづいているのだから
零なんかありえないのです
[未知の留の下呂]

【零の勝ち】

【零の勝ち】

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-03-17

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted