孤独な、哲学者

きゃする。すわんな。らぷらす。 作

 哲学者は、孤独。わたしは、そうやって、ひとりで生きてきた。

真実とは

 わたしは、『ここにいる』が、肉体と、脳、それぞれ、二つの『わたし』がいる。真実を突き詰めると、人々の『幸福』を得て、最後には、死が待つ。
 わたしは、哲学者だ。
 宇宙は、変容し、常に新しいもので、埋められる。
 わたしは、新しい、『進化』を見た。
 二つのわたしは、『現象』と、『感情』がある。
 現象とは、つまり、行ったこと。そして、『感情』とは、その事実による、『こころ』である。
 例えば、ある男をみて、『好き』になるか、『不細工だな』と思ったり、『服装が変』だと思ったりする、センサーである。
 二つのわたしは、どちらも、『わたし』だ。
 こわいのは、その二回目の、『幸福』を得れば、ナイフを持って、怯えること。
 真実は、二つの、『わたし』が結果を示す。

孤独な、哲学者

 わたしは、山を下り、人々と交わる。それが、普通の『人間』に戻ることが、『しあわせ』なのだ。

孤独な、哲学者

哲学者は、孤独。示された事実は、二つの『わたし』がいる。二つの『わたし』が、事実を裏付ける。

  • 小説
  • 掌編
  • ミステリー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-03-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted