TOKIの庶民記『神々の探偵事務所!』(H29執筆)

ごぼうかえる

TOKIの庶民記『神々の探偵事務所!』(H29執筆)
  1. カフェ事件
  2. チョコ事件
  3. ひなドール事件
  4. チェリーおにぎり事件
  5. こいストゥリーマー事件
  6. ホールあじさい事件
  7. やたいフード事件
  8. サマーやすみ事件
  9. ハロウィン事件
  10. やきポテト事件
  11. クリスマス事件
  12. 最終話まよいチャイルド事件

木々に「YES」「NO」のクエスチョンを投げかけると木々が『YES』『NO』で答えてくれるという能力を持つ少女、草木の神であるツマツヒメ神のツマとそれに悪乗りしている少女、刀身の神、天之娘影神(あめのこかげのかみ)ニッパーが日常のどうでもいい事件を推理し、解決する物語。
無駄にアツい彼女達は事件を解き明かすことはできるのか……。

TOKIの世界書シリーズですが関係はありません。

カフェ事件

 古めかしい洋館の中は図書館だった。本が沢山置いてあるこの図書館は人間用ではない。
 ここは神々が利用する図書館だ。ちなみに世界の神々は他にある神々の図書館を使うようでここは日本の神々しか利用者はいない。
 その怪しい図書館の椅子に少女が座っていた。少女は表情なく辺りを見回して一つ頷いた。
「ニッパー……暇。」
 緑色のウェーブのかかった髪を揺らしながら少女は静かにつぶやく。
 「暇っすよねー。」
 少女の隣に座っているのは同じ年齢くらいの少女。ニッパーと呼ばれた少女は縦棒を引っ張ったような変わった目をしており、長く濃い茶髪に赤い魔女帽子、下は着物を着ているだいぶん変な格好をした少女であった。
 「ミステリー小説もう飽きた。そろそろ自分で解決したい。」
 緑色の髪の少女はどこかつまらなそうな顔で持っていた本を目の前の机に置いた。机にはかなりの量の本が積み重なっており、よく見るとどれも推理小説であった。
 「ツマっちゃん、自分で解決したいなら、ほらあれっすよ!自分で事件を起こせば……。」
 こげ茶髪の奇妙な少女ニッパーはいたずらっぽく笑いながら緑の少女、ツマツヒメ神ツマを仰いだ。
 「……やだ。私は解決したい。名探偵になりたい。」
 ツマは表情なく静かにつぶやいた。彼女はあまり表情が顔に出ないタイプのようだ。不機嫌そうに見えるが今は精いっぱいのアツい顔をしているつもりである。
 「じゃあ、この『武器の神で炎を操れる』あたし、天之娘影神(あまのこがげのかみ)ニッパーがドカーンと暴れて……。」
 「ニッパー、それは犯神があなただってわかる……。誰でもわかる。……ニッパーは私の助手。」
 ツマはニッパーの言葉を遮り、少しだけ語気を強めて声を発した。
 大して変わっていなかったが。
 「助手って……ワトソンくんみたいな……?おう!おもしろそうっすね!じゃあ、事件探しに行くっす!いやっはっ!」
 「そうこないと……。」
 ニッパーは突然テンションが上がると勢いよく立ち上がった。ツマも情熱的な目で立ち上がったが傍から見ると渋々立ち上がったように見えた。表情をうまく作れないというのは案外誤解を生むのかもしれない。
 何やら騒いでいるツマとニッパーを影でこっそり見ている男がいた。
 彼は別に変態なのではなく、ただ単純に彼女達を心配しているだけだった。
 「……はあ。また何かやろうとしているわね。あの子達。」
 彼は見た目は男でも中身は女であった。つまり、オカマである。紫色の着物に星形を模したような帽子を被っており、きれいな青い髪が腰辺りまで伸びている。顔は整った顔立ちをしていてパッと見てかなりのイケメンだった。
 彼はただのオカマではなく、この神々の図書館を管理しつつ、館長をやっている神で名を天記神(あまのしるしのかみ)と言った。
 「……行くぞ。ニッパーくん。」
 「はいっす!名探偵!」
 ツマとニッパーは謎のアツい握手を交わし、情熱のこもった目でこの図書館の館長、天記神を見つめる。
 「うっ……な、なにかしら~?わたくしはこの図書館にある本の事しか……。」
 「何か事件を起こして。私が解決するから。」
 戸惑っている天記神をまっすぐ見据え、ツマがビシッと指を差した。
 ……ああ……推理ものばかり読んでいたから嫌な予感はしたけど……始まったか。
 天記神は顔を引きつらせながら頭を抱えた。
 ツマは非常に何かに感化されやすい神だった。だいたいいつも一緒に遊んでいるらしいニッパーはツマがおもしろいからと言って悪乗りをする。
 そして彼女らのたまり場はいつもなぜかここ、図書館なのであった。
 「事件って……わたくしは本の事しか……。」
 「なんでもいいっすよ!事件っぽい事でもなんでもいいっすよ!」
 ニッパーの子供っぽい笑みに天記神はさらに頭を悩ませ、しばらく考えていたが最近不思議だったことを思いだした。
 「ああ、そういえば現世のダージリンコーヒーっていうカフェで人間の男女の揉め事があったってここを利用する神々から聞きましたよ。」
 天記神がそう言った刹那、ツマとニッパーが同時に立ち上がり叫んだ。
 「それだ!」
 そう叫ぶなり二神は天記神を置いて疾風の如く走り去っていった。
 「……大丈夫かしら?余計な事しなきゃいいけど。」
 天記神は茫然と嵐が過ぎ去った図書館のドアをただ見つめていた。
 

 「じゃーん!図書館から現世に来ましたっす!」
 ニッパーはテレビ番組でよくあるジャンプすると別の所にワープする編集された演出のようにジャンプしていた。
 目の前にはダージリンコーヒーの看板がかかっているカフェ。きれいなお庭があり、周りは高いビルばかりの都会なのだがここだけ西洋の雰囲気が漂っている。カフェの中にも席があるがお庭の方に出されている席でティーブレイクをするのがどちらかといえば人気が高そうだ。現在は午後二時半。天気は冬なので寒いが快晴なので外でお茶をしている奥様なども多い。
 「時刻は午後二時半。現世のカフェに不思議なところはない。まずは情報集めだけど私達は人間の目に映らない。では、どうするか。」
 ツマはドラマなどでよく見る探偵のように顎に手を当てて無駄に歩き回る。
 「ツマ探偵!ツマ探偵の能力を使うっす!」
 勝手にツマ探偵と呼ぶようになってしまったニッパーを別に咎めるわけもなくツマは大きく頷いた。
 「イクザクトリィ。その通り。ニッパーくん、ちょっと一緒に来たまえ。」
 慣れない言葉を使い、ツマはニッパーを連れてカフェのまわりに植わっている植木の前に立った。
 「ここで木に話しかける。私は草木の神なので木と話せる。しかし、会話という会話はできず、私の能力では『YES』、『NO』クエスチョンしか木が答えられない。答えられない質問はすべて答えない……という設定。」
 「設定とか言っちゃってるっすね……。」
 おそらく他の事もできるはずだがツマはこのゲームに縛りをかけるようだ。
 ツマツヒメ神は木種の神と名乗れば有名すぎるほどの神であるイソタケル神、大屋都姫神(ヒエン)の妹であり、スサノオ尊の娘でもある。
 神格はそこそこ高い。
 もしかすると木々を従わせる能力も持っているかもしれない。
 「では質問タイムに入る。」
 「質問タイム!?探偵っぽくない言葉が出たっすね。」
 ツマはニッパーを半ば無視し、植木にそっと手を置いた。
 「……男女のいざこざがここで起こったか?」
 ツマがそう質問すると木がザワザワと風で動いた。
 その後、
 ……YES……
 と言葉が返ってきた。言葉というより文字が頭に浮かんだ感じだ。
 「今日それが起こった?」
 ……NO……
 「昨日それが起こった?」
 ……YES……
 「昨日の……えーと……二時頃に起こった?」
 ツマはカフェでお茶を飲みそうな時間帯を言ってみた。
 ……NO……
 「違うのか。じゃあ午後起こった?」
 ……YES……
 「じゃあ午後の三時頃に起こった?」
 ……YES……
 ここまでを整理すると男女のいざこざは昨日の午後三時頃に起こったという事らしい。
 「えー、では……どれくらいの年齢か聞こう。……学生だった?」
 ……YES……
 「学生……。高校生だった?」
 ……YES……
 「高校生か。」
 「高校だったらこの近くに麻木理高校(あさきりこうこう)があるっすよ!」
 「なんでそれを知っているの?」
 ツマは無機質にニッパーに尋ねた。
 「いや……そこの学割を見たからっすよ。麻木理高校の生徒は割引って。わざわざ名を出して割引にしてんだから近くにある高校でしょって話っす。」
 ニッパーの軽い推理にツマはどこか悔しそうな顔をしていたがプイっとそっぽを向いて再び木に尋ねた。
 「それは麻木理高校の生徒か?」
 ……YES……
 「……麻木理高校の生徒……。」
 ツマは思わせぶりに辺りを見回す。よく見ると学生服を着た人間が何人かいた。学校が終わる時間にしては早い。
 店内をこっそり見ると、麻木理高校の生徒だと思われる彼らは皆、問題集を開いている。
 「なるほど試験期間中……。はっ!」
 お庭の方にある席で学生服の女性二人が何やら真剣に話しているのが見えた。一人は半泣き状態でもう一人は彼女を慰めている。
 「怪しいっすね。」
 ニッパーはどこか悪戯っぽい顔をして女学生を興味深そうに見ていた。
 ツマも耳を傾ける。
 「もう、ほんと酷いの。昨日、ダージリンコーヒーに来たらさ、彼が知らない女の子と一緒にいてさー……。なんか楽しそうに話してんの!全然浮気しなそうな男だったからショックで……。彼のとこにいって怒鳴って一方的に帰っちゃった。」
 「……あの人、そんな感じじゃないのになあ。見た感じ。まあ、テスト終わったら聞いてみたら?間違いかもしれないしさ。」
 「……うん。」
 女の子二人はある程度の会話をすると問題集を広げ勉強を始めてしまった。
 「……間違いない。あの事件だ。」
 ツマは探偵にありそうな腕を組んで考える仕草をすると再び植木に向き直った。
 「男の方はそういう事する人じゃないっぽいから潔白を証明してあげよう。楽しそうに話していたというのは気になるがそれよりもまず……浮気を疑われている彼は潔白か?」
 「ちょ、それ聞いちゃったら話終わっちゃうっすよ!」
 確かに木が『YES』と答えたらこの事件はうやむやに解決する。
 しかし、木は意外な答えを出してきた。
 ……。
 無言だった。
 つまりわからないという事だ。
 「わからない……。見てなかったって事か。」
 ツマはしばらく考えて頷いた。
 「つまり、犯行は店内で起こった。この木々からじゃあ店内の様子は遠くてわからない。しかし、被害者の女の子が泣きながらとかアクションを起こして出てきたため、この事件を木が知っていたって事か?」
 植木からは確かに店内をうかがう事はできない。店内の窓はスモークガラスになっており、今日のように快晴ならば光が反射してさらに中が見えない。
 「……当時、店は混んでいたか?」
 ……。
 これにも木は無言だった。やはり植木からは店内の様子がわからないようだ。
 「手詰まりだ。」
 「早くないっすか?」
 ツマが無表情で小さく頷くのでニッパーは思わず突っ込んだ。
 「だって、木が答えてくれないと何にも解決できないし。」
 「いや……推理してくださいっすよ!」
 「男の外見と一緒にいた女の外見を聞いてみる。」
 ツマがしゅんとした顔で植木に再び話しかけた。
 「……男は麻木理高校の学生か?」
 ……。
 「女は麻木理高校の学生か?」
 ……。
 両方とも無言だった。つまり木々は今現在、お庭の席で勉強道具を広げている女生徒以外の人物を見ていない。
 「……うーん。待てよ。さっきの質問を含めると木々が何も答えないって事は事件が起きたのは知っているけど実際『店内の客の誰と争ったか知らない』って事か。」
 「なるほどっす!木々は最初に『男女のいざこざがあったか』という質問に『YES』を言っているっす。つまり……。」
 「女生徒が何か言いながら出て行ったって事か。男女のいざこざだってわかるような言葉を。」
 ツマの目がわずかに輝いた。あまり表情がないため、普段はあまり気がつかれないが。
 「では、質問は……えーとあの女生徒が男女のいざこざについて何か言っていたか?」
 ……YES……
 答えは当たっていた。しかし、何を言っていたかは『YES』、『NO』のクエスチョンではないので木は答えられない。
 「これで色んな事がわかったっすね。あの女生徒が男女のいざこざだとわかる言葉をこの植木達に聞こえる部分で言ったか叫んだか。それで植木達はそのことを知っている。だけど店内で起こった事なので誰がもめたのかはわからないって事っす。」
 ニッパーのまとめを聞きながらツマは探偵が部下からの報告を聞くように大げさに頷いた。
 「……もしかしてあの女生徒が彼を連れてここに来たことがあるのかもしれない。それも聞いてみよう。……あの女生徒が男と二人でここに来たことはあるか?」
 ……YES……
 「イエス。……では昨日その男はあの女生徒以外の女と一緒にここに来たか?」
 「お!おお!その質問は考えつかなかったっす!」
 ニッパーが感動している中、木は
 ……NO……
 と答えた。
 「ノー……。ではその男は昨日ここに来たか?」
 ……YES……
 植木の返答を聞き、ツマとニッパーはお互い強い視線を交わし合った。
 「すごいっす!男の外見がわからずとも女生徒の彼氏だと証明したっす!……でも、あの子以外の女とは昨日来てないって言ってたっすけど……。」
 「まだまだ。カフェ内で待ち合わせしたかもしれない。もし待ち合わせしていたとして彼が早くとも遅くともカフェに着くこともあり得るから『その前後で誰か女が来たか?』という質問はかなり頼りない。」
 「た、確かに……。」
 ツマの言葉にニッパーは肩を落とした。
 「彼が来た時間を割り出してみよう。逆に考えるんだ。……もし違ったとしても仮に彼が学生だったとしよう。今はテスト期間中だ。早く帰れるが早くても二時くらいだろう。事件が起こったのは三時頃だ。つまり女生徒がこのカフェに来たのが三時頃。つまり彼はもっと早くこのカフェにいてその時には彼は見知らぬ女と一緒にいた。」
 「おお……!」
 やたらと『つまり』を発するツマにニッパーは尊敬のまなざしを向けた。
 「つまり彼は二時から三時あたりにいたという事になる。そうすると女もそれくらいの時間に来たことになるね。学生かどうかを確かめるには二時頃に来たかどうかを確認すれば予想はつくかな。さすがに試験を休んで朝からカフェにいたとは考えにくいし。学生ならばだけど。」
 「すごいっす!きれきれの頭っす!」
 感動しているニッパーを満足そうに見つめたツマは再び植木に向き直った。
 「……彼がここに来たのは二時から三時の間か?」
 ……YES……
 「イエスだ。つまり彼は学生の線が強い。あの女生徒と同じ学校の生徒……だと予想できる。しかし、制服を着ていなかったのだろう、彼がカフェに来ても木々は学生かどうかわからなかった。」
 「ここまでわかればっ……あれ?肝心の彼の潔白が証明できないっす……。」
 「いける。……その男はよくこのカフェに来るか?」
 ニッパーに強いまなざしで頷いたツマはさらに質問を重ねる。
 ……YES……
 「彼はいつも私服で来るか?」
 ……YES……
 「やはりいつも私服でカフェに来ている。では……お庭の席はよく利用するか?」
 「!」
 ツマの質問にニッパーは何か閃いたような顔を向けた。
 ツマは黙ってうなずく。
 ……YES……
 「イエス。彼はそのお庭の席でよく勉強をしているか?」
 ……YES……
 「イエスだ。ふむ。この試験期間中、もっとも勉強しなければならない時期にいつもの席とは違う席にいるのは妙だな。ニッパーくん。」
 ツマは調子が出てきたのかどこぞの探偵の物まねをしている。
 「妙っすね。ツマ探偵!」
 ニッパーの方は完全にキャラが安定していない。
 「よし、逆に考えよう。木々は先程、『店が混んでいたか?』という質問に対して答えられなかった。だが、答えはけっこう簡単に出る。……質問はこうだ。あそこのお庭の席は満席だったか?」
 ツマは真剣な眼差しで木々に問いかけた。ニッパーが息を飲む。
 しばらくして木々から
 ……YES……
 の答えが出た。
 「イエスだ。ではもう一つ、ここの人気の席はお庭の席か?」
 ……YES……
 「イエス。決まった。つまり、このカフェは一般のカフェとは違う混雑状況である。店内の席から埋まるのではなく、人気の外の席から埋まるのだ。つまり、現在は試験期間中であり、一般客もいる。店は混雑していたんだろう。外の席が満席だったことから彼は店内に陣取る他なかった。」
 「な、なるほどっす!」
 「それではまだ潔白は証明できない。さらに推理することがある。」
 ツマはワクワクしているニッパーを見つめながら人差し指を立てた。
 「それは……?」
 「彼が勉強していたかどうか。」
 「……ん?」
 ニッパーが首を傾げた。それを見ながらツマは続ける。
 「彼が勉強していたなら女生徒は浮気だと思わないと思う。つまり、教科書を広げる前に彼女が来た。彼は制服のままカフェに行かない人っぽいから着替えている時間を合わせると三時に近かったんだと思う。もうわかったかな?ニッパーくん。」
 ツマは表情には出ていないがどこか誇らしげに言った。
 「わからないっすよ……。」
 ニッパーはさらに頭を抱えた。
 「ふむ。では説明しよう。つまりあれだ。『相席よろしいでしょうか?』ニコニコ。女、『ええ、どうぞ。』ニコニコ。って事。」
 「!?」
 「そう。彼はすでに店内にいた女に優しくほほ笑んで相席を頼み、女も優しくほほ笑みながら承諾。それをちょうど来た彼女に見られていた。彼女は彼が楽しそうに女と話していると思い込み、怒りに行った。そのまま彼女は状況を確認せずに泣きながらか知らないが男を罵り出て行った。というわけ。まあ、彼はポカンとしたと思う。」
 ツマはすがすがしい顔で伸びをした。
 「なるほどっす……。やっぱりツマ探偵はすごいっす!」
 ニッパーが感動をあらわにし、その場で飛び跳ねていると勉強中の女子生徒が再び声を上げた。
 「そういえばさ、彼から連絡あったの?」
 女生徒の内のひとりが思い出したように尋ねた。
 「うん。あったんだけど……全部出なかった。メールも見てない。」
 「メール見なよ。勘違いかもしれないのに。」
 女生徒の一人がクスクスと笑っている。
 「だって頭きたんだもん。」
 「じゃあ、ほんとは黙っているつもりだったけど、しょうがないから教えてあげるよ。昨日、あんたが怒鳴り込んできた時、あたし、後ろの席にいてね。あの時、めっちゃ混んでたじゃん?彼、後から来て席を探してたわけ。で、もうそろそろ席を立ちそうな女の人を見つけたの。そんで相席を頼んだの。ただそんだけ。彼からしたらあんたはわけわかんない女だよね。」
 女生徒の一人は心底楽しそうに笑っていた。この子はもしかするととても性格が悪いのかもしれない。
 もう一人の被害者女生徒は目を見開いて驚いていた。そしてスマホを落としそうになるくらいの慌てぶりで彼に電話をかけていた。
 電話をかけている最中に突然、例の彼が現れた。時刻は二時五十分。服装はダウンコートに下はよくあるズボンを履いていた。制服から着替えてきたようだ。被害者女生徒は驚いて再びスマホを落としそうになっていた。
 「当たった。これが私の推理です。犯人はあなたの心にいる。バーン!」
 ツマはどこかの小説を真似たのか独特のセリフを言い、満足そうに頷いた。その後、どこかのドラマかのBGMを歌いだし、かっこよく演出を始めた。
 「か、かっこいい……っす。」
 ニッパーは勝手に盛り上がりツマに向かって拍手をしていた。
 解いた内容はたいしてないが彼女達にはそれはどうでもいいことだった。
 「ニッパーくん。君はコーヒー派かね?紅茶派かね?」
 「え?えっと自分はコーヒー派っすね。香りが好きっす。ええ。」
 「君はコーヒー派か……私は紅茶派。ダージリンが一番好きだ。」
 ツマはもう一度カフェの看板を見つめた。ニッパーもならって看板を仰ぐ。
 「ダージリンコーヒー……なんだかよく見るとわけわからんカフェ名っすね。」
 「……うむ。では行こうかニッパーくん。ちゃ~らら~らら~ちゃ、ちゃら、ちゃ、ちゃら、ちゃ、ららららら~」
 「はいっす!ら~らら~。なんか色々混ざりすぎて何の探偵を演出しているのかわからないっすけど……。」
 ツマとニッパーはどこかの洋ドラの探偵のように颯爽と歩き出した。
 快晴の澄んだ空気の中、今ここにアホな探偵と助手が誕生した。

チョコ事件

 「あー、今日は楽しいお祭りだったっスね!」
 縦に棒を引っ張ったような目をしている着物姿の少女、ニッパーはおいしそうなチョコが入った箱を抱えて楽しそうに神々の図書館へと入ってきた。
 古臭い洋館のような図書館の重たい扉を頑張って開ける。
 「天記神!お祭りでチョコもらって来たっす!バレンタイン祭りとかなんとか。二日に渡ってやっていたらしいっすよ!今日が最終日でチョコ間に合ったっす!」
 広い図書館に響き渡る声でニッパーは叫んだ。
 しかし、天記神の返事はなかった。ニッパーが首を傾げていると隣からひょこっと緑の髪の少女が顔を出した。
 「何してるの。ニッパー。」
 緑の髪の少女は表情があまりないままつぶやくように小さく声を出した。
 「ツマっちゃん!天記神がいないっす。」
 「そんなわけない。彼は外には出られないはず。あ……。」
 緑の髪の少女ツマは図書館内をある程度見回してから声を上げた。
 「ん?」
 「ほら、あそこのすみ。天記神が寝てる。」
 ツマは図書館内の沢山机が置いてあるはじっこの部分を指差した。
 そこの一番端の席で天記神が幸せそうに眠っていた。
 「ほえー……天記神も疲れてるっすね~。じゃあ、ツマっちゃん、こっそり、天記神コレクションの盆栽を少し見に行きましょうっす!」
 「眠りは深そうだから覗いても気づかない。いいよ。」
 ツマは天記神に断らずに勝手に返答をするとニッパーを促した。
 「あっ!ちょっと待ってくれっす!このもらったチョコを図書館の冷蔵庫に入れておきたいっす!」
 ニッパーが思い出したように手に持っていたチョコをかざした。
 「ああ、そう。チョコ溶けてしまうからね。冷蔵庫に入れておけば安心。私は待ってるから。」
 「うん。閲覧コーナーの奥に冷蔵庫があるっす。ちょっと待っててねー。」
 ニッパーはツマを残して冷蔵庫まで走って行ったあと、すぐに戻ってきた。
 「早かったね。」
 「すぐそこっすからね。さあ、盆栽眺めに行くっす!」
 ニッパーが元気よくツマを引っ張り、外へと歩き出した。
 「彼が寝ている内に隠されている方の盆栽から見よう。」
 ツマの提案にニッパーは満面の笑みで大きく頷いた。


 盆栽を堪能して一時間。
 ついにツマとニッパーは眺めることに飽きた。
 「うう……飽きたっす。どれみても同じ緑のモコモコで……疲れたっす。」
 「うん。疲れた。」
 二神は何百年にも渡って管理された高価な盆栽を「疲れた」で終わらせながらてきとうに辺りを見回した。
 どうでもよい事だがウン百年と存在している天記神は下の世代へと移っていくはずの盆栽を一神で管理している。筋金入りの盆栽好きで売れば何億になるかもしれない盆栽も育て続けていた。いつまでも存在に終わりがない神ならではの所業である。
 そんな素晴らしい盆栽もわからない者達からすればただの緑のモコモコで片づけられてしまうのだった。
 「じゃあ、戻ってチョコ食べるっすか?」
 「た、食べる!」
 ニッパーの提案にツマは目を輝かせて答えた。
 「じゃあ、図書館内に戻るっすよ。」
 「うん。」
 盆栽を眺め始めて一時間、ツマとニッパーは早くも図書館へと戻った。
 図書館内では一時間前とたいして変わらなかった。天記神は同じ格好で今も眠っている。
 ニッパーは足早に閲覧奥の冷蔵庫へと向かう。ツマはその間、近くにあった閲覧コーナーの席に座った。
 「あ、あれ?硬いっす!」
 ふと奥に引っ込んでいたはずのニッパーの叫び声が聞こえた。ツマは慌てて立ち上がり、叫んだニッパーの元へと走り出した。
 何か事件のかおりがした。
 「ニッパー?どうしたの。」
 「ツマっちゃん!このチョコ、かっちかちに硬くなっているっす!石みたいに硬いっす!トリュフみたいなほっこり柔らかだったんっすよ!これ。」
 ニッパーは声をかけたツマを振り返り、再び叫んだ。
 図書館の奥は天記神がお客神にお茶菓子を準備する小部屋になっていた。小さなコンロと冷蔵庫、お菓子が入っている棚がある。
 ニッパーはそのうちの冷蔵庫の前で立ち尽くしていた。
 「ニッパー?『冷凍庫』の方に入れたの?」
 「入れてないっす!」
 ツマは冷蔵庫の下の段にあるアイスなどが入っている冷凍庫を指差した。しかし、ニッパーは入れていないと言う。
 「まあ、たかが一時間足らずでチョコがカチカチになるわけないか。」
 ツマは一つため息をつくと探偵モードになった。
 無駄に腕を組み、考える仕草をする。
 「これは事件だ。ニッパー君。」
 「うわっ……またいきなりスイッチ入ったっすね……。」
 こうして無邪気な二神の探偵ごっこはまたスタートしたのだった。


 「まずは聞き込みだ。ニッパー君。」
 ツマは目に力を込めて言うとニッパーを連れて閲覧コーナーへと戻ってきた。
 「聞き込みってどうするっすか?誰に……?」
 ニッパーの言葉にツマはにやりと得意げに笑った。
 「決まっているだろう。ニッパー君。」
 「天記神を叩き起こすっすか?火力はマチマチでいいっすよね?」
 ニッパーが突然謎の炎をまき散らしはじめたのでツマは慌てて叫んだ。
 「ち、違う!外に置いてある盆栽に話を聞くのだ。」
 「なんで盆栽?冷蔵庫の調子が悪いだけかもしれないっすけど……。」
 「念のために外部の者の仕業かどうかを確認しに行く。そうだった、ニッパー君、聞き忘れていたが最初にチョコレートを冷蔵庫に入れた時、変わった事はなかったか?」
 ツマに問われ、ニッパーは首を傾げた。
 「ああ、これが冷蔵庫に異常はなかったかの質問っすか?普通に冷蔵庫だったっす。後は自分がチョコの箱を入れた時と出した時、何にも状態は変わっていなかったっす。誰も冷蔵庫を開けていなそうでしたっすよ?」
 「……なるほど……密室殺人って事か。」
 「……密室でも殺人でもないっすけどね。」
 神妙な顔で頷くツマにニッパーはため息をついた。
 「まあ、第一容疑者はここで健やかに眠っている天記神だが……。」
 「うん。」
 「彼を起こすと面白くないので起こさないでおこう。」
 「う、うん。」
 ツマは色濃い第一容疑者を素通りし、ニッパーを連れて外へと出た。
 なんだか色々と間違っているような気もするがこれが彼女流である。
 天記神を無視したツマとニッパーは図書館入り口付近にある盆栽の元まで歩いて行った。
 「よし、このへなへなした松に聞いてみよう。」
 ツマは流れるような動きがある松を『へなへなした松』と命名した。こういう風に流れるように枝をうねらすにはけっこう難しかったに違いないが知らないツマ達には関係ないのだった。
 それはさておき、ツマには一つ、能力がある。それは木種の神ならではのもので木々にYES、NOクエスチョンで答えた場合のみ木からYESかNOの返答が来るといったものだ。
 「えー……私達が外にいた時に誰か来たか?」
 ツマはへなへなした松に手を当てると質問をした。
 ……YES。
 松の返答はYESだった。つまり、ツマ達が外で盆栽を眺めていた時に誰か図書館に来たという事だ。
 「誰か来たみたいっすね……。でも、図書館内には天記神以外誰もいなかったっす。こわっ!」
 ニッパーは顔色青くツマを見た。
 ツマは何かを考えるそぶりで再び尋ねる。
 「それは天記神か?」
 ……NO。
 天記神が外へ出たかどうかも聞いてみたがこれはNOだった。
 「違うのか。じゃあ、一体誰が来たのだろうか。えー……それは男だったか?」
 ツマは図書館に来た神物の特定に入った。
 ……NO。
 「ノーだ。つまり女か?」
 YES。
 「イエス……女だ。」
 ツマはニッパーを振り返る。ニッパーは相変わらずまだ青い顔をしていた。
 「幽霊かもしれないっす!ちょっと怖いっすね。」
 「私達神が幽霊を怖がってどうするの?……それは神か?」
 ツマは念のため、へなへなした松に神だったかを聞いてみた。
 ……YES。
 「イエスだ。という事は女神。誰だろう?」
 当然、松はこの問いには返事をしない。
 「手詰まりっすね。他に松に聞けることがないっす。」
 ニッパーがワシワシと頭をかいた。
 「うーん……。外部の者が来たようだがチョコをカチカチに変える意味がわからない。何のメリットが……?」
 ツマは腕を組んだままウロウロとその場をうろつき始めた。どうやら考えているらしい。
 「この一時間足らずでどうやってチョコをカチカチにしたんっすかね?」
 「はっ!」
 ニッパーの言葉でツマは閃いた。
 「そうだ。チョコをカチカチに凍らせるには長時間冷凍庫に入れておかなければならないじゃないか!つまり、ニッパー君のチョコをカチカチに凍らせるのは不可能だ!きっと、先に『冷凍庫にチョコが長時間入りっぱなし』だったんだ!」
「ん?でも誰か来たのはこの一時間の間っすよ?」
ツマの言葉にニッパーが首をかしげた。
ツマはニッパーの顔を眺めながらチッチッと指をふった。
「青いな。ニッパー君。」
「青い?私は火を使うからどちらかといえば赤い……。」
「若造が。」
ニッパーの言葉をツマは偉そうに遮った。どこかの探偵の真似をしているのだろうか?
「ニッパー君、こう考えたまえ。一時間の間で来た女神は冷凍庫に入れっぱなしにしてしまったチョコを取りに来たと。……つまり、彼女は二回この図書館に来ている。一時間前に来たのは二回目だ。」
「なるほどっす……。」
理解ができていなそうなニッパーにツマは意気揚々と話し始めた。
「バレンタイン祭りは二日に渡って行われていた。犯神の女神は一日目の祭りに参加し、ニッパー君と同じチョコをもらった。そしてそれを図書館の冷蔵庫に入れた。しかし、後でそれが冷蔵庫ではなく、冷凍庫だったことに気がつく。慌てた女神は私達が外でのんびり盆栽を眺めている間にチョコを冷凍庫から冷蔵庫へと移した。」
「んん……でもそれだと冷蔵庫に入っているチョコの箱は二つになるっす。でもひとつしかなかったっすよ?」
「それの謎を盆栽に解いてもらおう。」
ニッパーの不思議そうな顔を眺めながらツマは再び松に向き直った。
「昨日に先程の女神が来たか?」
……YES。
「イエス。……チョコを持っていたか?」
……YES。
「イエス。ここまでは私の推理が合っていそう。では……一時間前に来た女神は図書館から出てきた時にチョコの箱を持っていたか?」
「おお!」
ニッパーはツマのこの質問でなんとなくツマが言いたいことがわかった。
……YES。
「イエスだ。ここまで来たらニッパー君も予想がついたんじゃないかな。その女神は冷凍庫内にあった自分のチョコを取り出して食べられないくらいにカチコチになっていることに気がつき、とりあえず、冷蔵庫に入れようとした。冷蔵庫内にはニッパー君のチョコが入っていた。それを見た女神は自分のチョコを冷蔵庫に入れてニッパー君のチョコを持って図書館を出たって事だ。」
「同じものだから大丈夫だと思ったんすかね?」
ニッパーはチョコが食べられない悲しさにため息をついた。
「……だからと言って他人のものを持って行くなんて最低だね。」
ツマはどことなく怒っていた。
そこまで会話が進んでからツマとそっくりな少女が恐る恐るこちらを窺っていることに気がついた。
「ん?」
ツマは緑の長髪をなびかせた少女を視界に入れた刹那、目を見開いた。
「あ、あの……ごめんなさい。い、入れ替えたのわたくしなのです……。」
少女は弱々しい声で控えめに頭を下げた。
「お姉ちゃん……。お姉ちゃんがやったの?」
ツマは少女をお姉ちゃんと呼んだ。彼女はツマの姉、大屋都姫神(おおやつひめのかみ)ヒエンという名であった。
「ヒエン……酷いっす!冷凍庫のチョコと交換するなんてひどいっす!」
ニッパーはウルウルと目を潤ませながらヒエンを仰いだ。
「あ……それを今、あやまりに来たのです……。どうしようもない事情があったものですから……。本当にごめんなさい!」
ヒエンは慌てながらニッパーにしきりに頭を下げていた。
「どうしようもない事情って何?」
ツマはやや冷ややかな顔でヒエンに尋ねた。
「ツマちゃん……少し顔が怖いですよ……。え、ええと、実はお祭りに行けなかった少女神……歴史神ヒメちゃんに『チョコが食べたいけど用事があって行けないのじゃ!うわーん!ワシ、今日行きたかったのにー!』と泣きつかれたので仕方なく、わたくしが代わりに行ってヒメちゃんの分のチョコをもらってきてあげたのです。二日目のお祭りの終わり頃に用事が終わるのでその時に持ってきてほしいと言われ、天記神さんの図書館の冷蔵庫に保管しておきました。しかし、わたくしが冷蔵庫と冷凍庫を間違えてしまい、取り出した時にはカチコチで……ヒメちゃんを悲しませたくなかったので冷蔵庫に入っていたニッパーさんのチョコを持って行ってしまったのです。もうすでにヒメちゃんが待っていましたので……その……仕方なく……。」
「そ、そうだったんすか……。」
ヒエンの話を聞いてニッパーはなんだか怒る気を失くしてしまった。
「容疑者だと思っていた天記神は関係なかったという事……。」
ツマもなんだかため息が出てしまった。
何とも言えない空気が三神を包む中、突然に冷蔵庫方面から声がかかった。
「ねえ?このチョコ、カチコチだからちょっとレンジに入れて食べられるようにしましょうか?」
冷蔵庫方面から出てきたのはうっすらと霜が降りている箱を持った天記神だった。いつの間に起きたのか。
「レンジに入れたら溶けちゃうんじゃ……」
ツマはいきなり現れた天記神に驚きながらも小さく声を上げた。
「自然解凍にしたらちょっと時間かかってしまいますわよ?うちの冷凍庫、けっこう強力ですから。このチョコ、冷凍庫に入っていたんでしょ?昨日から冷凍庫に入れっぱなしでしたよ?」
何も知らない天記神は心配そうな顔で三神を見据えていた。
「ああ……じゃあ、ちょっとレンチンしてみるっす。ほんのちょっとだけ。」
ニッパーは天記神が持っている冷たそうなチョコを悲しそうに見つめながら頷いた。
「……どろどろになっても知らないから。」
ツマは不安げな顔で天記神とニッパーを見つめた。
「ほんとわたくしのせいで申し訳ありません!」
ヒエンはニッパーにずっと頭を下げ続けていた。それを見つつ、ツマとニッパーは深いため息をついた。

こうして三神はレンジで温めたちょっととろけたチョコをシェアして食べたのだった。

ひなドール事件

 神々の憩いの場である神々のための図書館がある。その図書館では今日も探偵かぶれの二神の少女が何かを思考している最中だった。
 図書館の椅子に座り、ツマツヒメ神のツマと刀神のニッパーはひじょうにどうでもいい会話をしていた。
 「つまっちゃん、ロンドンってどういう街並みなんスかね?……向こうの馬車に乗ってみたいっす。」
 ニッパーがある探偵小説を読みながらツマに目を向けた。
 ツマは小説についている挿絵のようなものに目がいっていた。
 「……なるほど……探偵帽子に外套、そしてパイプ……で、助手は医者と……。」
 「つまっちゃん!しっかり内容読むっすよ!こんなオカルトじみた事件の犯人をバシッと推断するのは最強っすよ!」
 ニッパーの言葉にツマは「うーん……。」と唸った。
 「この小説、文章難しくて読めない……。」
 「日本語訳だし簡単なんっすけど。」
 ニッパーはケラケラと笑っていた。そんな会話をしていると閲覧コーナーの奥からこの図書館の館長である天記神がお菓子の入ったお皿を持ってこちらに歩いてきていた。
 彼は男だが心は女である。つまりオカマだ。
 「あらあら、あなた達ね、今日はひな祭りですわよ。もっと乙女に動いたらどうかしら?まあ、いいですけれど……。ヨモギ餅と緑茶ですが食べる?」
 天記神は半分呆れた顔でツマとニッパーを見るとヨモギ餅と熱い緑茶を閲覧テーブルに置いた。
 「食べる―!」
 突然少女になったツマとニッパーは我先にとヨモギ餅へと手を伸ばしはじめた。
 天記神はそれをほほ笑んで見つめると思い出したように声を上げた。
 「あ、そういえば……今日、ひな祭りじゃない?それでね、今ちょっとした事件が起こっているようで……。」
 「事件?」
 ツマとニッパーはヨモギ餅を頬張りながら天記神を仰いだ。
 「ええ……。ひな人形を飾ったお宅のひな人形が次々となくなっていくらしいのよ。ホラーよね。」
 天記神がぼそりと言った言葉にツマは目を輝かせた。
 「ん……なんと……これは事件だ。ニッパー君。」
 「おお!事件っすか!」
 盛り上がり始めた二神に天記神は頭を抱えつつ軽くほほ笑んだ。
 

 ツマとニッパーはヨモギ餅をきれいにたいらげるとすぐさま図書館を飛び出していった。
 「ふーむ……。とりあえず目的の現世に来たがどう聞き込みをするか……。」
 ツマとニッパーは現世に降り立ち、周辺の民家をのんびりと歩いていた。
 けっこう子供がいるのか姿は見えないが楽しそうに騒ぐ声は聞こえる。
 「木を使えばいいんじゃないっすか?」
 「なるほど、子供がいるお宅周辺の木に聞いてみればいいか……。」
 ニッパーの言葉にツマはふむふむと大きく頷いた。何か思わせぶりなのは探偵小説の影響だろう。
 ツマには特殊な能力がある。ツマツヒメ神は木種の神であるが故、木々からYES、NOクエスチョンのみの答えを聞き出すことができるのだ。
 「とりあえず、やってみるっす!」
 ニッパーに促されツマは軽く頷くと近くにあった一軒家の植木に手を置いてみた。
 「……この家では人形が消えたか?」
 ツマの質問に植木はしばらく沈黙した後、
 ……YES。
 と答えた。文字が直接頭に入って来る感じだ。
 「では……隣の家の人形は消えたか?」
 ……YES。
 「イエス……。と、いう事はこの民家と隣の民家は女の子がいることになる。」
 「まあ、そうっすね。」
 ツマの言葉にニッパーはうんうんと頷いた。
 「それでこの民家も隣の民家も飾っていた人形が消えたと。……では、その人形は突然消えたのか?」
 ……NO。
 ツマの質問に木々は即座に答えた。
 「ノー?突然じゃない……。という事は……その人形は……盗まれたのか?」
 ……NO。
 「ノーっすか……。盗まれてもいなくて突然消えたわけでもないって……なんなんすかね?」
 ニッパーは気味悪そうに顔をしかめた。
 「他にも人形が消えた民家があるか?」
 ……YES。
 「けっこう大規模な人形消失事件っすね……。」
 先程からニッパーはなんだか怯えていた。
 ツマはそんなニッパーを横目で流し、思考にふけった。
 「……同じメーカーの人形か?」
 ツマは何にも質問が思いつかなかったのでてきとうに聞いた。
 ……YES。
 「……え!」
返ってきた答えがイエスでツマは驚いた。同じメーカーの人形だとは思わなかったからだ。偶然にもこの周辺には同じメーカーの人形を購入した人間が沢山いたらしい。
「同じメーカーの人形……あやしいっすね!」
ニッパーはさらにオカルトな表情でツマに隠れると叫んだ。
「ま、まさか……同じ人形……だったり……。同じ人形か?」
……YES。
 ツマの発言に木々は即座に答えを返した。
 「イエス……なんだか気持ち悪い……。」
 「同じメーカーの同じ人形をこの周辺の人達は買って飾ったって事っすか?末恐ろしい。」
 「誰かがその人形を配ったとか売りまわったとかかもしれない……。これを飾ったら運気が上がります的な……。」
 「ひな人形……っすよね?」
 ニッパーがさらに震えながらツマに尋ねた。
 「とりあえず聞いてみる……。それは誰かが配ったか?」
 ……NO。
 「ノー……では営業で売りに来たか?」
 ……NO。
 「では……ここの住人達が独自に買ったものか?」
 ……NO。
 「ノー?全部ノーじゃないっすか!余計気持ち悪いっすよ!めっちゃ怖い!」
 「ニッパー落ち着いて……。よく考えてみよう。」
 今にも逃げ出してしまいそうなニッパーをツマは押さえつけ、深呼吸させた。
 「考えるって何をっすか?これ完璧オカルトっすよ!」
 「……落ち着いて。買ってもいなくて売りにも来てなくて配ったわけでもないなら……その人形は元々そのお宅にあったという事になる。……人形は元々人形保有者の家にあったものか?」
 ……NO。
 木々はNOの答えを出した。元々家にもなかった人形……という事になる。
 「じゃ、じゃあ人形はどっから来たんすか!」
 「どっから来た……。どこから来たか……そうか!なんとなくわかったぞ!お手柄だ。ニッパー君。」
 完全に怯えているニッパーにツマはどこぞの探偵のモノマネで輝かしい顔を向けた。
 「どういう事っすか?」
 「それはだね……。人形は自分の足で民家に行ったんだ。」
 「んん?そんな気持ち悪いことが起こるわけないっすよ……。」
 「いや、起こる。君も知っていると思うが……。」
 ニッパーをまっすぐ見やりツマは大きく頷いた。
 「……んー……?」
 「つくも神だよ。ニッパー君。」
 首を傾げているニッパーにツマは得意げに言い放った。
 「つくも神っすか?」
 「なんとなくわかった。……見てみていたまえ。……人形は歩いて民家へ移動したか?」
 ……YES。
 「イエス……。……人形はある一定の時間だけその家にいたか?」
 ……YES。
 「では……それは子供達が願った事か?」
 「……?」
 ツマの質問にニッパーは理解できずに首を傾げた。
 ……YES。
 「答えはイエスだ。これでもうわかったぞ……。天記神がこの事件を知っていたのはあの神が夢の世界の住神だからだ。子供達の夢を人形達が叶えたんだ。」
 「……?えーと……まだよくわかんないっすけど……。」
 ニッパーは自己解決しているツマを恐る恐る仰いだ。
 「……もう一つ、確信したい。……人形消失した家庭は人形を飾っていなかったか?」
 ……YES。
 木々の返答にツマは満足げに頷いた。
 「だから……どういう事っすか?」
 「はっきりした理由はわからないが……おそらく、人形を出し忘れて飾れなかった親か、人形を失くしてしまった親か、もともと人形を買うお金がなかった親かを持っている子供がひな祭りに人形を飾りたいと強く願ったのだろう。人形に宿ったつくも神達はその心に反応し、一定時間だけ飾られているに違いない。」
 そこまでツマが言った時、ニッパーは「ああ!」と声を上げた。
 「なるほどっす!オカルトっぽいっすけどいい感じのオカルトだったんっすね!」
 ニッパーはどこかホッとした顔でツマに笑いかけた。
 ツマとニッパーが深く息を吐きだした時、足元から声がかかった。
 「……?」
 足元に目を向けると手のひらサイズくらいしかない少女の人形が三体、笑顔で手を振っていた。
 「あ、今私達の事話してましたかー?」
 三人の少女の内の三つ編みの可愛らしい人形が大きな瞳をパチパチさせながら声をかけてきた。
 「あ、私は宮子と言います。現在は私と雪子と花子でデリバリーひな人形サービスを実施中です。あなた達も女の子ですからひな祭りしませんか?」
 宮子と名乗った三つ編みの少女はほほ笑みながら小さくお辞儀をした。短い髪をしている女の子が雪子で金髪青眼の少女が花子というらしい。
 その可愛らしい外見にツマとニッパーは思わず微笑んでしまった。


 無事事件を解決し、ツマとニッパーは天記神の図書館へと戻ってきた。
 「しかし、あの人形ちゃん達はひな人形とはかなりかけ離れた人形だったっすね……。」
 「まあ、それは子供達が満足すればそれでいい……。」
 「あら、おかえりなさい。無事解決したみたいね。」
 閲覧コーナーの椅子に腰かけたツマとニッパーに気がついた天記神がいそいそと近づいてきた。
 「全部知っていたね……?」
 ツマは天記神が来るや否やすぐに尋ねた。
 「ふふ……まあ……いい暇つぶしになったでしょう?」
 「ええ……多少はね。もっと人間同士のお話で推理したかったけど。」
 ツマは天記神に不満げに目を向けるとため息をついた。
 「最初はオカルトっぽくてビビったっすけどね。」
 「それはニッパー君だけだ。」
 ケラケラと笑っているニッパーにツマはクールに対応した。
 「ああ、そうだわ。菱餅あるのよ。食べます?あの三人のお人形さんもここに来るそうよ。みんなでひな祭りしましょうね。」
 「はーい。」
 楽しそうに笑っている天記神にツマとニッパーはため息交じりに返事をした。

チェリーおにぎり事件

 神々の憩いの場である神々のための図書館がある。その図書館では今日も探偵かぶれの二神の少女が何かを思考している最中だった。
 図書館の椅子に座り、ツマツヒメ神のツマと刀神のニッパーはひじょうにどうでもいい会話をしていた。
 「つまっちゃん、ロンドンってどういう街並みなんスかね?……向こうの馬車に乗ってみたいっす。」
 ニッパーがある探偵小説を読みながらツマに目を向けた。
 ツマは小説についている挿絵のようなものに目がいっていた。
 「……なるほど……探偵帽子に外套、そしてパイプ……で、助手は医者と……。」
 「つまっちゃん!しっかり内容読むっすよ!こんなオカルトじみた事件の犯人をバシッと推断するのは最強っすよ!」
 ニッパーの言葉にツマは「うーん……。」と唸った。
 「この小説、文章難しくて読めない……。」
 「日本語訳だし簡単なんっすけど。」
 ニッパーはケラケラと笑っていた。そんな会話をしていると閲覧コーナーの奥からこの図書館の館長である天記神がお菓子の入ったお皿を持ってこちらに歩いてきていた。
 彼は男だが心は女である。つまりオカマだ。
 「あらあら、あなた達ね、今日はひな祭りですわよ。もっと乙女に動いたらどうかしら?まあ、いいですけれど……。ヨモギ餅と緑茶ですが食べる?」
 天記神は半分呆れた顔でツマとニッパーを見るとヨモギ餅と熱い緑茶を閲覧テーブルに置いた。
 「食べる―!」
 突然少女になったツマとニッパーは我先にとヨモギ餅へと手を伸ばしはじめた。
 天記神はそれをほほ笑んで見つめると思い出したように声を上げた。
 「あ、そういえば……今日、ひな祭りじゃない?それでね、今ちょっとした事件が起こっているようで……。」
 「事件?」
 ツマとニッパーはヨモギ餅を頬張りながら天記神を仰いだ。
 「ええ……。ひな人形を飾ったお宅のひな人形が次々となくなっていくらしいのよ。ホラーよね。」
 天記神がぼそりと言った言葉にツマは目を輝かせた。
 「ん……なんと……これは事件だ。ニッパー君。」
 「おお!事件っすか!」
 盛り上がり始めた二神に天記神は頭を抱えつつ軽くほほ笑んだ。
 

 ツマとニッパーはヨモギ餅をきれいにたいらげるとすぐさま図書館を飛び出していった。
 「ふーむ……。とりあえず目的の現世に来たがどう聞き込みをするか……。」
 ツマとニッパーは現世に降り立ち、周辺の民家をのんびりと歩いていた。
 けっこう子供がいるのか姿は見えないが楽しそうに騒ぐ声は聞こえる。
 「木を使えばいいんじゃないっすか?」
 「なるほど、子供がいるお宅周辺の木に聞いてみればいいか……。」
 ニッパーの言葉にツマはふむふむと大きく頷いた。何か思わせぶりなのは探偵小説の影響だろう。
 ツマには特殊な能力がある。ツマツヒメ神は木種の神であるが故、木々からYES、NOクエスチョンのみの答えを聞き出すことができるのだ。
 「とりあえず、やってみるっす!」
 ニッパーに促されツマは軽く頷くと近くにあった一軒家の植木に手を置いてみた。
 「……この家では人形が消えたか?」
 ツマの質問に植木はしばらく沈黙した後、
 ……YES。
 と答えた。文字が直接頭に入って来る感じだ。
 「では……隣の家の人形は消えたか?」
 ……YES。
 「イエス……。と、いう事はこの民家と隣の民家は女の子がいることになる。」
 「まあ、そうっすね。」
 ツマの言葉にニッパーはうんうんと頷いた。
 「それでこの民家も隣の民家も飾っていた人形が消えたと。……では、その人形は突然消えたのか?」
 ……NO。
 ツマの質問に木々は即座に答えた。
 「ノー?突然じゃない……。という事は……その人形は……盗まれたのか?」
 ……NO。
 「ノーっすか……。盗まれてもいなくて突然消えたわけでもないって……なんなんすかね?」
 ニッパーは気味悪そうに顔をしかめた。
 「他にも人形が消えた民家があるか?」
 ……YES。
 「けっこう大規模な人形消失事件っすね……。」
 先程からニッパーはなんだか怯えていた。
 ツマはそんなニッパーを横目で流し、思考にふけった。
 「……同じメーカーの人形か?」
 ツマは何にも質問が思いつかなかったのでてきとうに聞いた。
 ……YES。
 「……え!」
返ってきた答えがイエスでツマは驚いた。同じメーカーの人形だとは思わなかったからだ。偶然にもこの周辺には同じメーカーの人形を購入した人間が沢山いたらしい。
「同じメーカーの人形……あやしいっすね!」
ニッパーはさらにオカルトな表情でツマに隠れると叫んだ。
「ま、まさか……同じ人形……だったり……。同じ人形か?」
……YES。
 ツマの発言に木々は即座に答えを返した。
 「イエス……なんだか気持ち悪い……。」
 「同じメーカーの同じ人形をこの周辺の人達は買って飾ったって事っすか?末恐ろしい。」
 「誰かがその人形を配ったとか売りまわったとかかもしれない……。これを飾ったら運気が上がります的な……。」
 「ひな人形……っすよね?」
 ニッパーがさらに震えながらツマに尋ねた。
 「とりあえず聞いてみる……。それは誰かが配ったか?」
 ……NO。
 「ノー……では営業で売りに来たか?」
 ……NO。
 「では……ここの住人達が独自に買ったものか?」
 ……NO。
 「ノー?全部ノーじゃないっすか!余計気持ち悪いっすよ!めっちゃ怖い!」
 「ニッパー落ち着いて……。よく考えてみよう。」
 今にも逃げ出してしまいそうなニッパーをツマは押さえつけ、深呼吸させた。
 「考えるって何をっすか?これ完璧オカルトっすよ!」
 「……落ち着いて。買ってもいなくて売りにも来てなくて配ったわけでもないなら……その人形は元々そのお宅にあったという事になる。……人形は元々人形保有者の家にあったものか?」
 ……NO。
 木々はNOの答えを出した。元々家にもなかった人形……という事になる。
 「じゃ、じゃあ人形はどっから来たんすか!」
 「どっから来た……。どこから来たか……そうか!なんとなくわかったぞ!お手柄だ。ニッパー君。」
 完全に怯えているニッパーにツマはどこぞの探偵のモノマネで輝かしい顔を向けた。
 「どういう事っすか?」
 「それはだね……。人形は自分の足で民家に行ったんだ。」
 「んん?そんな気持ち悪いことが起こるわけないっすよ……。」
 「いや、起こる。君も知っていると思うが……。」
 ニッパーをまっすぐ見やりツマは大きく頷いた。
 「……んー……?」
 「つくも神だよ。ニッパー君。」
 首を傾げているニッパーにツマは得意げに言い放った。
 「つくも神っすか?」
 「なんとなくわかった。……見てみていたまえ。……人形は歩いて民家へ移動したか?」
 ……YES。
 「イエス……。……人形はある一定の時間だけその家にいたか?」
 ……YES。
 「では……それは子供達が願った事か?」
 「……?」
 ツマの質問にニッパーは理解できずに首を傾げた。
 ……YES。
 「答えはイエスだ。これでもうわかったぞ……。天記神がこの事件を知っていたのはあの神が夢の世界の住神だからだ。子供達の夢を人形達が叶えたんだ。」
 「……?えーと……まだよくわかんないっすけど……。」
 ニッパーは自己解決しているツマを恐る恐る仰いだ。
 「……もう一つ、確信したい。……人形消失した家庭は人形を飾っていなかったか?」
 ……YES。
 木々の返答にツマは満足げに頷いた。
 「だから……どういう事っすか?」
 「はっきりした理由はわからないが……おそらく、人形を出し忘れて飾れなかった親か、人形を失くしてしまった親か、もともと人形を買うお金がなかった親かを持っている子供がひな祭りに人形を飾りたいと強く願ったのだろう。人形に宿ったつくも神達はその心に反応し、一定時間だけ飾られているに違いない。」
 そこまでツマが言った時、ニッパーは「ああ!」と声を上げた。
 「なるほどっす!オカルトっぽいっすけどいい感じのオカルトだったんっすね!」
 ニッパーはどこかホッとした顔でツマに笑いかけた。
 ツマとニッパーが深く息を吐きだした時、足元から声がかかった。
 「……?」
 足元に目を向けると手のひらサイズくらいしかない少女の人形が三体、笑顔で手を振っていた。
 「あ、今私達の事話してましたかー?」
 三人の少女の内の三つ編みの可愛らしい人形が大きな瞳をパチパチさせながら声をかけてきた。
 「あ、私は宮子と言います。現在は私と雪子と花子でデリバリーひな人形サービスを実施中です。あなた達も女の子ですからひな祭りしませんか?」
 宮子と名乗った三つ編みの少女はほほ笑みながら小さくお辞儀をした。短い髪をしている女の子が雪子で金髪青眼の少女が花子というらしい。
 その可愛らしい外見にツマとニッパーは思わず微笑んでしまった。


 無事事件を解決し、ツマとニッパーは天記神の図書館へと戻ってきた。
 「しかし、あの人形ちゃん達はひな人形とはかなりかけ離れた人形だったっすね……。」
 「まあ、それは子供達が満足すればそれでいい……。」
 「あら、おかえりなさい。無事解決したみたいね。」
 閲覧コーナーの椅子に腰かけたツマとニッパーに気がついた天記神がいそいそと近づいてきた。
 「全部知っていたね……?」
 ツマは天記神が来るや否やすぐに尋ねた。
 「ふふ……まあ……いい暇つぶしになったでしょう?」
 「ええ……多少はね。もっと人間同士のお話で推理したかったけど。」
 ツマは天記神に不満げに目を向けるとため息をついた。
 「最初はオカルトっぽくてビビったっすけどね。」
 「それはニッパー君だけだ。」
 ケラケラと笑っているニッパーにツマはクールに対応した。
 「ああ、そうだわ。菱餅あるのよ。食べます?あの三人のお人形さんもここに来るそうよ。みんなでひな祭りしましょうね。」
 「はーい。」
 楽しそうに笑っている天記神にツマとニッパーはため息交じりに返事をした。
はい?あ、さくやん?要件は何?」
 図書の神、天記神が営む神々専用の図書館内で緑の髪の少女、ツマはかかってきたテレパシー電話を取った。テレパシーなのでこめかみ辺りを指で二回叩くとつながる。
 「ああ、そろそろお花見の季節?もうそんな時期か……。」
 ツマはツマツヒメ神という名前の神様である。父にスサノオ尊、兄にイソタケル神、姉に大屋都姫神といった超有名な家族を持つ妹である。
 ツマがペラペラと会話をしている相手は桜の神様でスサノオ尊ともゆかりのあるコノハナサクヤヒメ神であった。
 その会話を恨めしそうに見ている少女が一神……。縦に細い目と魔女のようなとんがり帽子、そして着物を着ている奇抜な少女で鍛冶の神、ニッパーである。
 閲覧コーナーの椅子に座り、机に置かれたクッキーに何気なく手を伸ばしていた。
 「あーあー。いいっすねえ。有名どころの神は。……私は山を沢山持っておりますのよ。あら?わたくしなんて富士山をお父様からいただいたわ。……みたいな会話してんっすよね?きっと。」
 ニッパーは隣でそわそわしているこの図書館の館長、天記神を仰いだ。天記神は身体は男だが心は女である。星を真似た五芒星風の帽子に青い美しい長髪と美貌を持ち、いつも紫の上品な袴のような着物のようなものを着ている男である。
 「ええ……まあ、それは良いのですけれども……館内はテレ電話は禁止でございますのよ。」
 「テレ電話ってなんか古いっすよ。テレ電話じゃテレフォン電話と勘違いするっす。しかもテレフォン電話って電話電話で二重になっちゃってるじゃないっすか……。テレパシー感を出すならテレ電話じゃなくてテレるの方がかっこいいっす!ああ、ちょっとテルって来るっすよ!みたいな。」
 ニッパーはケラケラ笑いながら天記神が出してくれたクッキーをバリバリ頬張っていた。
 「はあ……。」
 天記神がため息をついた刹那、ツマがひときわ大きな声を上げた。
 「なんだって?お花見客のおにぎりが三つなくなる騒動が起きているって?それは事件だ!」
 ツマはアイコンタクトでニッパーをちらりと見た。
 「……そんな大きな騒動でも事件でもないっすね……。お酒に酔って自分で食べちゃったことを忘れているんじゃないっすか?」
 ニッパーが呆れた顔をして再びクッキーに手を伸ばそうとしたが最後の一個をツマに食べられてしまった。
 「ニッパー君!これは大事件の予感がする。その花見客はお酒を飲んでいない。気がつくと買ってきたおにぎりがすべてなくなっていたそうだ!」
 ツマはいつの間にかテレパシーをやめており、ニッパーに興奮した顔を向けた。
 「んー……また何かスイッチが入ったっすね……。わかったっす。じゃあ、現場に行くっすか?花見も兼ねて。昔は萩とか梅とかを観賞していたっすけどねえ~。今は桜か。」
 「あなた、何歳なのよ。奈良、平安生まれじゃないでしょ。」
 ニッパーのボケに天記神は苦笑しつつ、突っ込みを入れた。
 「じゃ、行ってきます。」
 ツマがすくっと静かに閲覧コーナーの椅子から立ち上がり、ついでにニッパーも立たせるとニッパーを引っ張り図書館を出て行った。
 「あ~、花見してくるっす!」
 ニッパーが天記神に向かって手を振っている所で図書館のドアは閉じられた。
 「はあ……。」
 天記神はやれやれとため息をついた。

 ツマとニッパーはさっそく花見現場へとやってきた。
 「さくやんによるとこの河川敷の桜並木での事件との事で……。近くにある神社の神のせいに花見客はしていたと。ここにいる神は『誤解だあ!』と半泣き状態とか。」
 ツマの説明にニッパーは首を傾げた。
 「んー……。いいんじゃないっすか?人間さんは神に持って行かれたと思ってお供え物だと思えばとか、ご利益がありそうとか言っているんじゃないっすか?」
 ニッパーは辺りに舞う桜の花びらを眺めながら続けた。
 「それではだめだ。容疑者の容疑を晴らしてあげないと。正義のために。」
 「やりたいだけっすよね……。」
 ニッパーのつぶやきを無視したツマはさっそく事件の起こった場所へ歩き始めた。のどかな日和と満開の桜が気分を上げる。
 ツマは違う方向に気分が上がっていた。
 しばらく歩いて目的の現場までやってきた。今は事件当時にいた花見客はいない。別の花見客だと思われる一団が静かに桜を観賞しながらお酒を飲んでいた。
 年齢層は高い。
 「おお……なんか風流っすね~。俳句大会なんて開いているっすよ。」
 年配の方々はそれぞれ桜の俳句を詠み合っている所だった。
 「ふーん。」
 ツマは興味なさそうに俳句を聞いていた。
 「あ、それよりもこの辺は屋台がないっすね?だいたい花見場所には屋台が並ぶものっすけど。」
 「それは簡単だよ。ニッパー君。今日は平日だ。子供がいないから屋台がないんだ。そういえば……さくやんが言うには持って行かれたのは屋台で買ったおにぎり……とか。」
 ニッパーに軽く答えたツマはしばらく考えた後、再び口を開いた。
 「あ、そういう事か。」
 「どういうことっすか?」
 ニッパーは首を傾げ、先を促した。
 「つまり、屋台があった日の犯行という事だから休日の犯行だ。」
 「あ、まあ……そうっすね。じゃあ、いたずらっこの子供が人のおにぎりをこっそり食べたとかそういう内容になりそうっすね。」
 ニッパーは大きく伸びをしながら川沿いに咲く桜に目を輝かせていた。事件にはあまり興味はなさそうだ。
 「いや……最近の子供は意外にしっかりしている。子供の犯行ではないかもしれない。」
 「と、すると?」
 「まあ、聞いてみよう。」
 きょとんとしているニッパーを横目で見ながらツマは近くにある桜の木に手を置いた。

 毎度おなじみだがツマにはある能力がある。
 木々にYES、NOクエスチョンを投げかけるとYES、NOで答えてくれるといったものだ。
 ツマはさっそく質問を投げかけてみた。
 「ここでおにぎりはなくなったのか?」
 ……YES。
 頭の中でワープロの文字のようなものが浮かんだ。
 「えー……それは休日のお昼か?」
 ……YES。
 「イエスか。じゃあ、おにぎりを盗まれた人達がいた隣は子供連れか?」
 ……YES。
 「おお、イエスっす!これはニッパーちゃんの推断が正しい感じっすね!」
 ニッパーは当たるかもしれないと感じるとやたらと興味を出してきた。
 「判断はまだできない。おにぎりを食べたのは子供か?」
 ……YES。
 木々の返答はイエスだった。その瞬間、ツマががっくりとうなだれ、ニッパーはガッツポーズを取った。
 「ほら!当たったっす!いたずらの坊主とかがおにぎりをつまんだんっすよ!」
 「……いたずら……本当にそうなのか?私はもうちょっと柔軟に考えたい。……その子供はいたずらで盗んだのか?」
 ……NO。
 「お?」
 木々の返答にツマとニッパーは少しだけ固まった。
 「ノーだ。ノーと言った。いたずらじゃないんだ。……じゃあどうして……?」
 ツマの言葉には木々は返答しなかった。YES、NOクエスチョンではないからだ。
 「よし、それを推理するっす。」
 ニッパーはツマよりも先に結論を出そうと頭をひねり始めた。
 「……。」
 しばらくツマとニッパーは無言でいた。桜の花びらが風で舞っていく。目の前で行われているお年寄りたちの俳句大会は今も続いていた。
 ツマがなんとなく俳句大会を眺めているとお年寄り達がお弁当を取り出しはじめた。
 「はい、これが鮭、それでこれが昆布ですね。あ、おにぎりはどれも似ていますので具材を間違えないようにしてくださいね。」
 優しそうなおばあさんが食事担当だったのか同じようなおにぎりを沢山出し始めた。
 「あ……。」
 その光景を眺め、ツマの目に光が宿った。
 
 「わかったよ!ニッパー君。」
 「え?」
 ニッパーは途中からまったく違う事を頭に思い浮かべていたらしい。突然話しかけられて事件の事だとは思っていなかった。
 「わかったって何がっすか?」
 「おにぎり事件の真相だ。」
 「おお、まじっすか。」
 ぼけっとしていたニッパーを呆れた目で見つめながらツマは再び桜の木に手を置いた。
 「おにぎりは子供連れの方も買っていたか?」
 ……YES。
 「……?」
 ニッパーはきょとんとした顔をしている。ツマは続けた。
 「それは盗まれた客と同じ店のおにぎりか?」
 ……YES。
 「ここは混んでいたか?」
 ……YES。
 「ここまで聞けばもうわかった。わかっただろう?ニッパー君。」
 「あー……え~あ、なんとなくっすね~……はは。」
 ニッパーの煮え切らない答えにツマはため息をついて解説を始めた。
 「おにぎりを盗まれた花見客と盗んだ子供がいたシートは混んでいたためかなり密着していたと思われる。おそらく子供と盗まれた花見客はシートの端の方で背中合わせに座っていたに違いない。そして相手方のシートと自分のシートの間に花見客はおにぎりを置いていた。それを子供が自分のだと思って食べてしまったんだ。」
 ツマはどこぞの探偵のモノマネをし、人差し指を立てながらウロウロと動き回る。
 「な、なるほど……。あ、じゃあ……子供がいたお花見客が買ったおにぎりは?同じおにぎりを買って間違えたのは納得したっすけど……子供の方も隣のおにぎりを食べておいて後で家族が買ってきたおにぎりを見たらさすがに気がつくと思うんっすけど。」
 「あ……。」
 ニッパーの鋭い意見にツマは詰まった。
 「たしかにそうだ。その子供がいる家族が買ったおにぎりはどこへ行ったんだ?確かにそれだと子供は気がつきそうだが……。」
 ツマとニッパーはまた深く悩みこんだ。
 そこへ赤色のちゃんちゃんこを来た狐耳の男がこちらに向かって歩いてきた。
 「あ、あれは……実りの神、日穀信智神(にちこくしんとものかみ)。ミノさんだ。」
 ミノさんと呼ばれた狐耳の神は頭を抱えながら突然叫び出した。
 「俺のせいじゃねぇんだ!おたく達もおにぎりがなくなるのを俺のせいだと思ってんだろ!誤解だ!穀物の神がおにぎりのお供え物がほしくてそんな事するわけないだろ!神社にここ毎日握り飯が届けられるんだ……。嬉しいが違うぞ!俺じゃねぇぞ!」
 ミノさんは半泣き状態でツマ達を説得していた。
 「ミノさん、落ち着いて。あなたのせいだとは思っていない。あなたの容疑を晴らしにきた。さあ、知っている事を洗いざらい話なさい。」
 「……そこは推理しないんっすね……。」
 ニッパーの突っ込みを丸無視し、ツマはミノさんに結末を促した。
 「あー……それならちゃんと言うから……ったく、天界通信本部のエビスに散々まがい物の記事を書かれたばかりで俺は涙が……。」
 ミノさんは一つため息をつくと続きを話し始めた。
 「実はな、ここはこないだ花見客でぎっしりだったわけよ。で、皆ここに出ている屋台でおにぎりを買って行ったわけ。桜の木から次の桜の木まで三組くらいの花見客が座っていた。その三組はともに同じおにぎりを買っていてな、真ん中にいたガキが間違えて右となりの人のおにぎりを食っちまった。ガキの母親は左となりの花見客に近いところにおにぎりを置いていて左となりにいた花見客が間違えてそれを食っちまった。左の花見客はガキが沢山いて沢山のおにぎりを買って並べていた。その一つと間違えて真ん中の花見客のおにぎりを食っちまったらしい。んで、皆、上の桜を眺めながら食っているわけだろ?気がつかないわけよ。そのうち、右となりにいた花見客がおにぎりがないことに気がついて慌てたが当然真ん中は気がついていないし、右は子沢山だったからおにぎりが沢山あってどれを食べたのかもわからない。つまり、こういうのは神のせいにしとこう的な……。俺はまったく関係ないんだ。」
 ミノさんはしくしく涙を流しながらツマ達に訴えた。
 「なるほど……そういう事だったんすか。右の人のおにぎりを真ん中の人が食べて真ん中の人のおにぎりを左の人が食べてしまった……と。うわっ、複雑。」
 「ニッパー、まだアリバイは証明されていない。ミノさんが本当の事を言っているのかわからない。三組のおにぎりを一気にひとりで食べたかもしれない。なんでも疑わないと。」
 「おたくは鬼か!」
 ツマの発言にミノさんは半泣きで叫んだ。
 「と、いうことでこれからミノさんのアリバイを証明していこう。」
 「お、まだ推理は続くっすね?」
 ツマとニッパーは半泣き状態のミノさんを引っ張り、現場検証などを始めた。
 「ええ!なんで信じてくれねぇんだよ!頼むよー。逮捕されたくねぇよ~。何もやってねぇんだよ~俺は~……。」
 春のあたたかな風にミノさんの悲痛な叫びが桜の花びらと共に流れていった。
 取り調べは夕方まで続けられた。途中でツマ達が飽きたため、ミノさんはそのまま釈放された。その後、『ツマツヒメ神とニッパーが迷惑をかけました』とミノさんの元に天記神からおにぎりが届けられたという。

こいストゥリーマー事件

 「はい、こいのぼりって英語でなんて言うでしょうかっ!」
 魔女帽子のようなものを被った着物姿の少女神、ニッパーが勝ち誇った顔で緑の髪の少女神ツマツヒメ神、ツマを見つめる。
 ここは神々の図書館兼ツマとニッパーのたまり場である。
 人間の図書館から霊的空間と呼ばれる特有の空間を通るとここに出られる。雰囲気は明治あたりの古臭い洋館だ。
 本が天高く積まれ、閲覧コーナーにはたくさんの椅子、机が並んでいる。
 だがいつもあまり客はおらず、今日もニッパーとツマのみである。
 「こいのぼり?なんていうの?」
 ツマは興味がないのか表情あまりなく答えた。
 ニッパーはツマが知らないと知ると得意げな顔をし、腰に手を当てた。
 「正解は、『かーぷ、すとぅりぃーまぁ』っすよ!」
 ニッパーはへたくそな英語を披露した。
 「へぇ……カープ……。」
 ツマは最近人間達が盛り上がっている野球チームを思い浮かべていた。
 その後、ストゥリーマーという単語でプードルが出てきた。トリマーから勝手に出てきたのか。
 そして最終的に野球をしているプードルに行き着いてしまった。
 ツマはため息交じりに頭を振った。
 今はちょうど五月に入ったばかりくらいだ。ほのかにあたたかいとてもいい気候が続いている。うす緑色の若葉も気分を高揚させた。
 ついこの間、ツマ達はイースターも祝った。神々には宗教観は特にない。盛り上がれば、楽しければそれでいいのである。ちなみに海外の神々も日本の例大祭や祭りを楽しんでいるらしい。
 世界は平和である。
 そんなほのぼのした空気の中、この図書館の館長、天記神(あまのしるしのかみ)がホクホクした顔でこちらに近づいてきた。
 彼は男だが心は女である。つまり女子っぽい男である。端正な顔立ちと切れ長の瞳が予想以上にかっこよいのだが彼は女である。紫色の着物に身を包み、美しい青い長い髪をなびかせ手にはおいしそうなクッキーが入っている皿を持っている。
 誰かからもらったのかとてもうれしそうな顔でツマとニッパーの近くの席に座った。
 「おいしそう!紅茶のクッキーなんてもう最っ高!」
 天記神の言葉にニッパーとツマの視線がクッキーに移って行く。
 「天記神、これ食べていい?私、紅茶で。冷たいの。」
 「あ、私はココアがいいっす!冷たいの!」
 ツマとニッパーは勝手に話を進めていた。
 「ええ~……あなた達も食べるの……?まあ、いいわ。一緒に食べましょう。今飲み物を持ってきますから待っていてね。」
 「は~い。」
 天記神の言葉にツマとニッパーは上の空で答えた。目はクッキーに注がれている。
 「ああ、そういえばね……ここに来たお客神がおっしゃっていたのですけど、こいのぼりの名所みたいなところがあってね、河川敷なんだけど沢山のこいのぼりが泳いでいる所があるらしいの。市がこいのぼりに力を入れていて毎年お祭りも開催されているらしいわよ。」
 「ふーん。後で行ってみる。」
 天記神は飲み物を取りに行く最中に思い出したように口にしたがツマの返答はそっけなかった。目は紅茶のクッキーに注がれている。
 その後、さらに天記神は話を続けた。
 「それでね、ある時ふと気がついたら泳いでいるこいのぼりがちょっと少なくなっていたわけ。なんでだろうなってその神は思ったんだって。まさか盗まれたわけじゃないだろうしとね。」
 「なんだって!こいのぼりが消失だと!これは事件だ!ニッパー君!」
 最後の天記神の言葉にツマが勢いよく反応した。無意識にニッパーのわき腹をつついた。
 「いてっ!痛いっすよ……。またツマっちゃんに変なスイッチが……。」
 ニッパーはいきなりの事で驚き、体をひねらせていた。
 「こいのぼり殺人事件だ!」
 「……いや、殺人でも殺魚でもないっすよ。しかも殺されてないし、盗まれただけじゃないっすか?大した事件じゃないような……毎回の事っすけど。」
 ツマの突然のスイッチにニッパーはため息をついた。
 「ニッパー君!君ね、こいのぼりを盗んでどうする!」
 ツマは興奮気味にニッパーに言い寄った。
 「……うっ……まあ確かにそうっすよね……。はい。」
 「現場検証に行く!天記神、早く飲み物を!五秒で持ってきたまえ。」
 ツマは呆れているニッパーを半分無視して天記神に飲み物をオーダーした。
 「はいはい……。おやつタイムはしっかりとってから行くのね……。」
 天記神は呆れた顔でほほ笑んでいた。

 クッキーをしっかり食べたツマとニッパーはさっそく例の河川敷にきていた。天気は快晴。どこまでも続く青空に色とりどりの大きなこいのぼりが多数泳いでいる。近くには公園があり、そこの公園ではつつじが満開だった。ちなみにフジも満開だ。
 「んん~。あたたかくって気持ちいいっすね~!」
 ニッパーは鳥の鳴き声を聞きながら大きく伸びをした。
 「ニッパー君、眠くなってはいけないぞ。あのこいのぼりを見ろ!三匹分のこいのぼりが入りそうなスペースが不自然に空いている。つまり、三匹分のこいのぼりが何者かによって連れ去られたわけだ。」
 ツマはあくびをしているニッパーを揺すって起こし、河川敷にかかっているこいのぼりを指差した。
 「う~ん……。元々あそこにはこいのぼりがなかったとか?」
 「それを聞いてみよう。」
 ツマは近くにあったつつじの植木に手を当てた。
 ツマには特殊な能力がある。それは木々に対し、YES、NOで答えられる質問のみツマが聞きだせるというものだ。
 「このこいのぼりは前々からなかったか?」
 ツマがつつじに質問を投げかけるとつつじは
 ……NO。
 と答えてきた。
 「ノーだ。という事はここにはこいのぼりがあったという事だ。」
 「う~ん……じゃあ、盗まれたんすかね?」
 「聞いてみよう。……こいのぼりは盗まれたのか?」
 ……NO。
 つつじはツマの質問にノーと答えた。
 「盗まれてもいない……。じゃあ、一体なぜ……?」
 ツマのひとりごとにはつつじは反応しなかった。YES、NOの質問ではないからだ。
 ツマはもう一度、こいのぼりがないところを眺めてみた。こいのぼりがないところは川を挟んだ向こう側の河川敷の部分の一番端だ。
 人が取りやすいところだ……。
 ツマはそう思った。
 「じゃあ、あそこにあったこいのぼりは人の手によって取られたものか?」
 ……YES。
 つつじはツマの質問にイエスと答えた。
 「イエスっすね……。つまり、盗みでもなく、誰かがこいのぼりを三匹分持って行ったって事っすか……。わけわかんないっすね?」
 ニッパーは頭をひねらせて唸っている。実は眠いだけかもしれない。
 「こいのぼりといえば子供だ。子供が関係しているかもしれない。」
 ツマは閃いた事をぽつぽつと口にした。
 「そうっすね。その可能性は大っす。盗んではいないんで何か事情があって三匹取ったって事っすね。」
 ニッパーも当たり障りのない返答をしてきた。
 「……でも子供が欲しいと願ったとは考えにくい。子供が願ったとしてもここの市が許さないだろうし。……市……そうか!」
 ツマは突然目を輝かせた。
 「な、何っすか?」
 ニッパーは顔をひくつかせながら後ずさりした。
 「ニッパー君!良く考えたらわかる事だ!一般人がこいのぼりがほしいと市に言ったら貸してくれるか?貸してくれないだろう。ここに泳いでいるこいのぼりがどんどん減ってしまう!」
 ツマは興奮気味にニッパーに寄ってきた。
 「そ、そうっすね……。貸してほしいっていう人がどれだけいるかわかんないっすけど……。」
 ニッパー苦笑いのままツマの言葉を待った。
 「わからないのか?つまり、こいのぼりを持って行ったのは市の役員だ!市の役員が飾ったのなら外すのも役員だ!ここは市が行っているんだろ?」
 「ああ……な、なるほどっす……。」
 「とりあえず聞いてみる。」
 ツマは一方的に話すと再びつつじの方に向き直った。
 「……このこいのぼりを持って行ったのは市の役員か?」
 ……YES。
 つつじの返答はイエスだった。ツマはどこか得意げに頷いた。
 「まあ、当然だ。」
 「じゃ、じゃあ……なんでこいのぼりを三匹だけ持って行ったんすか?」
 ニッパーの質問にツマは再び考え込んだ。
 「……なんでだ?やっぱり子供が関係していたりするのか?」
 ……YES。
 ツマがなんとなく言った言葉につつじは反応した。
 「ん?今、イエスと言ったのか?イエスと言ったな!子供関係で市がこいのぼりを外したのか。」
 ツマの目にまた輝きが戻った。聞きだせたのはたまたまの偶然だったが。
 「子供ならばこの河川敷にくればいつでも見れるだろう。しかし……わざわざ市が外して行ったという事は……その子は今年こいのぼりが見れない重要な事情があるのか、それとも邪魔だから三匹分だけ取ったのか……?」
 「つまっちゃん、邪魔だから取るってよくわからないっすね。」
 ニッパーはツマの発言に首を傾げた。
 「まあ、例えばだが……河川敷にこいのぼりがかかっている部分があるのでボール遊びとかでこいのぼりにひっかかってしまうとか?」
 「そんならこの河川敷一体のこいのぼりが外されるっすよ。」
 ニッパーの言葉にツマは深く頷いた。
 「そうだな……。よほどの事情がありそうだ。」
 ツマとニッパーが再び推理を始めると近くから男の声がした。
 「ん?」
 声の方を振り向くと銀髪を短くパーマしている着物姿の若い男が立っていた。
 「ああ、どうも。あなた達もこいのぼりを見に来たのですか?」
 男は丁寧に声をかけてきた。ツマとニッパーが見えるという事は彼は神という事になる。
 「あー!あんたは!井戸の神とかいう龍雷水天神(りゅういかづちすいてんのかみ)じゃないっすか!なんでここに?」
 ニッパーは知り合いなのか男と親しげに会話を始めた。
 「ああ、あなたはニッパーですね。……ええ。僕は今、こいのぼりを見に来ましてね。あの……。」
 「イド殿―!いっぱい鯉が泳いでいるのじゃ!」
 男が続きを話そうとしたところで少し遠くにいた着物姿の小さい女の子が声を張り上げた。
 「ああ……なるほどっす。ヒメちゃんがこいのぼり見たいって言っていたから一緒にみにきたんっすね?」
 小さい女の子は無邪気に笑っている。七歳くらいに見える彼女はヒメちゃんというらしい。彼女も神のようだ。ツマは黙って会話を聞いていた。
 「そうです。ああ、そういえば……ここのこいのぼりが三匹ない理由をご存知ですか?」
 イドと呼ばれた男が突然、知りたかった内容を話し始めた。
 ツマは思わずイドと呼ばれた男に過剰に近づいた。
 「うっ……!な、なんですか?」
 ツマがあまりに近いのでイドは戸惑いの声を上げた。
 「いいから、早く理由を話したまえ!」
 ツマはイドよりも外見は若いが神格ははるかにツマの方が上である。イドは冷や汗をかきながら恐ろしい顔で急かすツマに口を開いた。
 「あ……えっとですね……。毎年ここのこいのぼりを楽しみにしている少年がいたのですが足を複雑骨折するケガを負ってしまいまして、現在入院中だそうです。それでケガとリハビリと入院で落ち込みひじょうに気持ちが沈んでいたらしいです。それを見かねた両親が市に連絡を入れ、病院の近くにこいのぼりを三匹ほど飾ってくれませんか?とお願いしたそうです。無理な願いかとご両親は諦めたようですが優しい市の職員達が頑張れのメッセージと共にこいのぼりを病室から見える位置にサプライズで飾ってくれたそうです。それから少年は気持ちを前向きに持つことができ、今はリハビリにも積極的でメキメキ治っていると。その効果は他の子供にも影響を与えたそうで今は皆でこいのぼりを見ているそうです。」
 「……うう……。」
 イドの話を聞いたツマとニッパーは顔を歪ませ、感動の涙を流していた。
 「なんていい話なんだ!応援しているぞ!少年!」
 「私も応援しているっす!」
 「あなた達は神用の新聞を読んでいないのですか……?ほら、天界通信を。」
 イドは逆に呆れた顔をしていた。
 「読んだけどてきとうに読み飛ばしてた!」
 「私もっす!」
 二神はおよよとハンカチで涙を拭きながら風になびくこいのぼりを見上げた。
 「よし、その病院近くにあるこいのぼりを見に行くぞ!ニッパー君!」
 「はいっす!」
 ツマとニッパーは茫然としているイドに軽く頭を下げるとどこぞへと走り去っていった。


 今考えると天記神の策略だったのではないかと思う。
 彼が神々向けの情報誌であり新聞の天界通信を読んでいないわけがないのだ。
 彼は図書の神なのだから。
 おそらく彼は結末を知っていた。
 「ふう……これでしばらく帰ってこないかしら?この間にゆっくり本を読みながらティーブレイクでも……。」
 天記神は図書館の閲覧コーナーの椅子に座りながらホッと一息ついていた。

ホールあじさい事件

 しとしとと雨が降っていた。ここ最近ずっとジメジメしている。
 緑の髪の少女神、ツマツヒメ神、ツマは長い黒髪を持つ少女神で刀神のニッパーと共に今日も神々専用の図書館で引きこもっていた。
 この図書館がある空間はあまり季節の変化に捉われない。不思議な空間である。
 外から見ると古臭い洋館にしかみえないこの建物は築何年という概念すらもない。
 ツマは閲覧コーナーに座りニッパーと共にアジサイの本を読んでいた。
 「もう雨だらけっすね。」
 ニッパーがどんよりした天気を悲しむように声を漏らした。
 「ここは季節関係ないけど。……でもアジサイは雨の日に見るからいいの。長谷寺とかー、神奈川県の開成町のアジサイとかー……なんかいっぱい特集組まれているけどどれを見てもやっぱり美しい。」
 ツマは写真集のようになっているアジサイ特集を頷きながら読んでいた。
 「じゃあ、暇っすから見に行きます?」
 「いいね。雨の中のアジサイ巡り……風流だ。」
 ツマはアジサイ特集を閲覧机にペッと置くと伸びをしながら立ち上がった。


 アジサイの名所を巡るツアーを開始してしばらく経った。本日七件目のアジサイスポットで事件は起きた。
 ジメジメした雨が降っていたが雨に濡れた沢山のアジサイ達はとてもきれいだった。
 「やっぱアジサイは雨の日っすね。こんなに咲いてて晴れていたら暑苦しくて仕方がないっす!」
 ニッパーは赤いアジサイと青いアジサイを交互に見ながら頷いた。
 「ガクアジサイってきれい。……ん?」
 「どうしたっすか?つまっちゃん。」
 ツマが一つのアジサイの株の前で止まった。ニッパーも不思議そうにツマを仰いだ。
 「ニッパー君、ここを見たまえ。」
 ツマは真剣な顔でアジサイ株の根元を指差した。ニッパーも根元を覗き込む。
 「お!この株の裏側に小さな井戸みたいのがあるっす……。」
 アジサイの裏側に小さな空間がありそこに古臭い井戸があった。アジサイの裏側なのでアジサイを眺めて観光している人間にはわからないだろう。おまけに狭くてその空間に行く事は難しい。
 「行ってみよう。」
 「ツマっちゃん、ここ、小型犬くらいしか入れない空間っすよ?」
 ツマの言葉にニッパーは呆れた声を上げた。
 「問題ない。」
 ツマがそう言ってそっと手をかざすとアジサイがまるで生き物のように動き、ツマ達に道を開けた。
 「お、おお……アジサイが道を作ったっす……。さすが木種の神……。」 
 ニッパーが感心している間にツマはもうすでに井戸の前にいた。
 ニッパーも慌ててツマに追いついた。
 「うーん……。」
 ツマがうなりながら井戸のまわりを回っていた。
 「どうしたんすか?」
 「ここに獣の足跡があるのだが……この井戸のまわりにはまったく足跡がないんだ。」
 ツマはニッパーに指をさしながら説明した。ツマ達が入ってきた場所とは反対側の場所から井戸までかなり深くめり込んでいる獣の足跡がついているものの井戸のまわり、その他の場所には一切ついていない。
 「……まさか……獣がこの井戸に落ちてしまったのか?この足跡のめり込み方からしてかなり重めの動物なんじゃないか?」
 「ええ!?でも井戸から何の音もしないっすよ?」
 ツマとニッパーはお互いの顔を見合わせて慌てた。
 「まさか……。もう……。」
 「い、いや。まて!まだそうと決まったわけじゃない!推理だ!」
 「う、うん!ここはツマっちゃんに任せるっす!」
 ニッパーは弱々しくツマを見上げた。ツマは深呼吸をしてアジサイに手をかざす。
 ツマは木や植物からYES、NOのクエスチョンのみ聞き出せる能力がある。
 「この井戸に動物は落ちたか?」
 ツマの質問にアジサイは一言、
 ……YES。
 と文字を頭に飛ばしてきた。
 「イエスだと!やはり落ちたのか!」
 「おーい!なんか返事するっすー!」
 ツマの発言からニッパーはすばやく井戸の中へ向かって叫んだ。
 井戸からの返事はなかった。
 「大変だ!中で死にかけているかもしれない!」
 ツマも今回は珍しく焦っている。
 「……ん?」
 動揺しながらニッパーが何かを発見したように呻いた。
 「な、なんだ?」
 「ツマっちゃん、ここの……この足跡……なんかおかしいっすよ?」
 ニッパーは井戸の壁のすれすれにある足跡を指差し首を傾げた。
 「……?」
 ツマにはなんだかわからなかった。少しだけ悔しそうな顔をする。
 「ツマっちゃん……。この足跡、壁の真下にだけ二つあるっす。」
 ニッパーの言葉を聞き流しながらツマは足跡を確認する。井戸の壁すれすれに二つの足跡があった。動物が井戸に落ちたとしてもこんなところには足跡はつかないはずだ。
 「……この足跡……もしや……後で人工的に作られたのか?」
 井戸を調べるとへりの所が少し外にでており、そのすぐ下の地面は雨に濡れない。
 よく見ると肉球の部分がやたらとハッキリ、そして絵に描いたようだった。
 「これ……後でだれかが指を使って描いたんっすね?」
 「指をめり込ませるように三つの穴をつくってその下に少し大きめの円を描くか……。……この足跡は誰かが描いたものか?」
 ツマはアジサイに足跡が本物かどうかを訊ねてみた。
 アジサイは
 ……YES。
 と答えた。
 「イエスか……。だが足跡が偽物でも悪戯ではなく、この井戸に本物の動物が落ちているとアジサイは言うわけだ……。」
 「うーん……。」
 ツマとニッパーはお互い頭を悩ませた。

 しばらくしてツマがある事に気がついた。
 「ニッパー君……もしかすると……私は勘違いを起こしていたかもしれない。」
 「ん?」
 ニッパーはしかめた顔のままツマを仰いだ。
 「動物がここに落ちたのと足跡をここに残したのは別の日なのかもしれない。」
 「なるほど……同じ時に起こった事ではないと。」
 ツマはニッパーに頷くと再びアジサイに向き直った。
 「動物はすでに助けられているか?」
 「!?」
 ツマの発言にニッパーは驚きの顔をした。
 ……YES。
 アジサイは迷いなく肯定をしてきた。
 「イエス!……では……この足跡は……動物が助けられた後にできたものか?」
 ……YES。
 「イエス……。つまりもう動物は助けられているってわけっすか……。」
 アジサイの判断にとりあえずツマとニッパーは肩を下ろした。
 「おそらくこの足跡の方が後に作られたんだ。しかもここ最近だ。梅雨入りして毎日雨が降っているが私達がいるのと反対側からおそらく子供が指を突っ込んで足跡を描いたんだ。私達が通ってきた通路は子犬が一匹通れるかの狭さだが向こう側は人が一人歩けそうだ。おそらく動物が落ちた時に大人が通れるようにアジサイを避けたに違いない。」
 ツマはため息交じりに推理を披露した。
 「あ、でももし、子供があっちから足跡を描いていったとするなら子供の足跡が残っててもいいんじゃないっすか?」
 ニッパーは足跡のまわりに人間の足跡がない事を不思議に思った。
 「ニッパー君……ここの土は非常に硬い。そして子供の軽い体重が乗ってもほんの少しだけ靴跡が残るくらいだ。それにここ連日の雨。今も降っているがこの雨で足跡が流されてもおかしくない。獣の足跡の方は子供が指先に力を込めて掘ったのだろう。作った当初はもっと掘った土が深かったかもしれないが雨で削れたり土がかぶったりして自然に足跡っぽくなったんだな。井戸の真下にある足跡が明らかに作ったものだとわかるのは雨があたって崩れなかったからだ。」
 「な、なるほど……。」
 ニッパーがツマの推理に圧倒されていた時、遠くの方から子供達の声が聞こえた。
 「おい!井戸にいる犬の妖怪って本当なんだろうな!俺、化けて出られたらやだかんな!」
 「ほんとだよ。俺、見たんだ!あれは間違いなく犬の妖怪だね。今も足跡残ってるよ。見てみればわかるぞ。怖いよ~。地面にめり込んでてかなり深いんだよ。足跡!」
 男の子二人の声だった。一人は半分震えている声、もう一人はやたらと楽しそうな声だ。
 ツマとニッパーは顔を見合わせて軽くほほ笑んだ。
 「……この足跡は……ゲストを怖がらせるための細工か。おそらく彼は犬が井戸に落ちて助けられた事実を知っているのだな。それを使って友人を驚かそうと思ったか。」
 ツマがほっこりした気分になっていると男の子二人がアジサイを避けて中に入ってきた。
 ツマとニッパーは人の目には映らない神だ。その場で立っていても彼らは反応しない。
 レインコートに身を包んでいる八歳くらいの男の子二人が足跡を前に立ち止まった。
 「ほら、みろよ!足跡かなり深いだろ?」
 「うわ~……まじかよ……。俺、もうやだ。帰る!」
 怯えている男の子を楽しそうな男の子が「まあまあ」と引き留める。
 「じゃ、これ見て。」
 楽しそうな男の子は井戸の真下にある明らかに作った感がある足跡を見せた。
 「……これは……わざとらしーな……って、なーんだよ!これ作りもんじゃねぇか!びびった……。」
 怯えている男の子は少し安心したのか強張った顔を緩めた。
 「お前のお父さんが助けた犬が化けて出るわけないだろ!今も元気に俺んちにいるし。」
 楽しそうな男の子はさらに楽しそうに笑った。それをみたもう一人の男の子は複雑な顔をしていたがやがて一緒に笑い始めた。
 「……な、なんだか意外な結末だったね。色々な事が一気にわかった気がする……。あのわざとらしい足跡もトラップの一つだったのか!あの少年やるな。」
 ツマが笑いあう子供を眺めながら気難しい顔をしていた。
 「まさかの……この井戸に落ちた犬を助けたのが半分怒り笑いしている彼のお父さんで……そのワンちゃんを飼っているのがその隣の楽しそうな彼っすか……。」
 ニッパーは状況を整理しようと二人の男の子を交互に見つめた。
 驚いたがなんとなく平和な気持ちになった。
 ツマとニッパーは彼らがこの辺で遊んでいる最中にあやまって井戸に落ちないようにしばらく見守る事にした。
 二神の顔からは自然と笑みがこぼれた。

やたいフード事件

 「七夕まつり!?」
 緑の髪の少女と黒髪魔女帽子の変な少女達は『神々の図書館』の館長である天記神に向かって叫んだ。
 「ええ。」
 体は男、心は女の図書の神、天記神は館内の本を片付けながら軽く頷いた。ここ、神々の図書館はもちろん神々しか入れないのでここに入り浸っている少女達は当然神である。
 緑の髪の少女、ツマツヒメ神ツマはとてつもなく有名な神で木種の神だ。姉に大屋都姫神、兄にイソタケル神、そして父にスサノオ尊を持つ。
 反対に黒髪の少女ニッパーはまだ神になって間もない。だが父はかの有名な天之御影神(あめのみかげのかみ)であり、刀神である。
 この二神の少女達は友達のようでよく遊んでいると聞く。
 「いいっすね!七夕まつり!ツマっちゃん!行くっす!」
 黒髪の少女ニッパーが緑の髪の少女ツマに笑みを向けながら興奮気味に詰め寄った。
 「七夕まつりか……なんだか事件のかおりがする。」
 ツマは読んでいた探偵小説を閉じると目を光らせて立ち上がった。
 「いや……事件ではないっすけど……。単純に楽しみたいっす……。」
 「楽しむんならちょっと田舎だけど小さな港町で七夕祭りをやっている所がありますわよ。ただのお祭りじゃなくてけっこう有名な花火も見られるとの事よ。」
 天記神は七夕まつり特集が載っている雑誌の楽しそうな記事を見せてきた。
 この雑誌ももちろん、神々用の雑誌でかの有名なヱビス様こと蛭子神が社長の『天界通信本部』の雑誌である。
 「お、おお……花火っすか!いいっすね!ツマっちゃん!」
 「よし、行こう!ニッパー君!」
 ニッパーの目線にツマは即答で行く事を決めた。
 雑誌いっぱいに載っているのは鮮やかな美しい花火だった。それが海に反射してさらにキラキラと輝いている。
 ……お花みたい……。
 ツマはそれに感動したようだった。
 決まったらすぐ行動の少女達は探偵小説を片づける事もなく足早に図書館を去って行った。
 天記神はツマが読み散らかした探偵小説をため息交じりに片づけ、紅茶とお菓子を装備、閲覧コーナーの椅子に座るとさっきから飲みたかったちょっとお高めの紅茶に口をつけた。
 ……ふぅ……。これで少しは静かになるわ……。
 ……さぁてとっ❤
 天記神は安堵のため息をつくと頂き物のかなりお高いお茶菓子をいそいそと出し始めた。


 ツマとニッパーはさっそく花火大会の会場になる海辺へと来ていた。
 辺りはうす暗くなっており、もうそろそろ夜を迎えそうな感じだった。七月だというのに蒸し暑く、おまけに田舎であるのにどこから来たのか人が沢山いた。
 周りでは屋台が並び、かなりにぎわっているが海側とは反対側の山側は不気味なくらい静かだった。
 その山の麓には神社があり、とてつもなく当たるおみくじを引かせる運命神がいるらしい。
 「賑わってるね。そういえばニッパー君、七夕に関係する彦星の天若彦神(あめのわかひこのかみ)の話を知っているかね?」
 ツマはどこかイギリス辺りにいそうな探偵のモノマネをしながらニッパーに尋ねた。
 「ああ、プレイボーイな神さんってやつっすね?イケメンだったとか。」
 「そうだったっけ?」
 ツマは自分が聞いておいて実はよく知らなかった。
 「まあ、いいっす。ネットの情報によると今年からちらし寿司の屋台が出るらしいっすよ。どこっすかねー……。ちょっと拝借して……って……いででで。」
 ニッパーの邪な考えにツマはニッパーの頬をちょっとつねった。
 「ニッパー君。私達は人間に見えないがそれは盗むのと同じだ。」
 「わ、わかってるっすよ……。」
 ツマに怒られニッパーはしゅんと肩を落とした。
 とりあえず、屋台を見て回ろうとニッパーが突然言い出したのでツマも一緒について歩いた。やきそば、りんご飴、わたあめ、チョコバナナ、かき氷、ウナギのかば焼き……色々な屋台がある中でちらし寿司販売をやっている屋台を見つけた。
 「お、ここっすね。」
 「……でもなんだか様子がおかしい。」
 ツマが目を細めたのでニッパーも様子を窺った。
 確かに様子がおかしかった。男の店員さんがしきりに沢山置いてある大きな保冷バックを開けている。そのたびに何回も何回も「嘘だ。」と叫んでいた。
 「どうしたんっすかね……。」
 ニッパーが興味本位に店員さんが眺めている保冷バックをそっと盗み見た。
 「どうした?ニッパー君。」
 「ツマっちゃん、保冷バックの中身が何もないっす!」
 「なんだって!」
 ツマもニッパーにならい確認してみる。
 確かに何もない。
 ツマ達が確認できたのは沢山ある中で二つのバックだけだったが中身は空っぽだった。
 「空っぽ……あの店員さんは別の所で作ったちらし寿司をパックに入れて冷蔵して販売していたようだ……。先程までちょこちょことちらし寿司のパックを持って歩いている人間を見た。こんなにたくさんある保冷バックの中身がすぐになくなるとは考えられない。ちらし寿司はそんなに長時間置いておけないだろうからこの店は夜からの出店にしたのだと予測する。するとまだ一時間も経っていない。これはおかしい。事件だ!」
 ツマは突然に目を光らせると勢いよくニッパーを仰いだ。
 「うわぁっ!びっくりした……。いきなり振り向かないでくれっすよ……。まあ、確かに奇妙っすよね……。」
 ニッパーが驚きつつ目線を外すと屋台の先で沢山の食べ物を抱えた小さい女の子が鼻歌を歌いながら歩いているのが見えた。
 「つ、ツマっちゃん……。」
 ニッパーは静かにツマを呼んだ。
 「なに?」
 ツマがニッパーの見ている方向に視線を移すと目を見開いて驚いた。
 「あの子……。」
 「この近くの小さい神社にいる稲荷神っすね。」
 沢山の食べ物を持ってスキップしている赤い着物と赤い巾着みたいな帽子をかぶった幼女は腕に乗せるようにちらし寿司のパックを三つも持っていた。手にはわたあめややきそば、りんご飴、そしてチョコバナナが握られている。ついでにいうと頭にはかき氷が乗っていた。
 「あいつが犯神か!人間に見えないのにあんなに食べ物持って!絶対に買ってない。盗んだんだ!ニッパー君、今日は捕物だ!」
 「おうよ!」
 なんだか突然、時代小説の捕り物のようになってしまったツマとニッパーはニッパーが手から出現させた霊的十手を装備し、同心として稲荷神に襲い掛かった。
 ちなみにどうでもいいがニッパーは刀剣の神なので十手も霊的(幻想のようなもの)化して出せるのだった。
 「悪い子はお仕置きっす!」
 ニッパーは素早く十手を稲荷神の尻に打ち据えた。
 「ふぎゃあああ!」
 突然攻撃を受けた稲荷神は不思議な叫び声を上げてふらりとバランスを崩した。
 そこへ木種の神であるツマが髪の毛をツル化させ稲荷神を支えた。そしてそのまま縄をうつように稲荷神に巻き付けた。
 「ひぃぃぃ!ナニコレ?何?」
 稲荷神は目に涙を浮かべガクガクと震えていた。
 「捕まえたぞ。ちらし寿司泥棒。いや……屋台飯泥棒か。」
 ツマが鋭い視線を幼女の稲荷神に向け腕を組んだ。
 その横でニッパーが十手を稲荷神に突き付けている。
 「ど、泥棒?してないよ!」
 「どの口がほざく!貴様はその食べ物をどうやって手に入れたっ!」
 ツマはどこかの時代小説のように稲荷神に詰問を始めた。
 「うえええん。地味子に買ってもらったんだよぅ。」
 「地味子?」
 本格的に泣き始めた稲荷神にツマとニッパーは眉を寄せた。
 「あー、イナ!何やってるの……。」
 ふとツマとニッパーの後ろからかなり地味目な少女がこちらに向かって歩いてきた。
 「じみこぉ!わかんないよぉ!」
 イナと呼ばれた少女は麦わら帽子の地味な少女に必死な面持ちで訴えていた。
 ツマとニッパーはこの麦わら帽子の少女が地味子であると即座に思った。なんというか存在が地味だ。
 「……でも……この女も神だ。」
 「なるほどっす。」
 ツマとニッパーはさらに目を鋭くさせて麦わら帽子の少女、地味子を睨んだ。
 「うっ……ねえ、君達はイナをイジメてどうするつもりだったの?それから私はヤモリ。家之守龍神(いえのもりりゅうのかみ)だから。決して地味子ではないから。」
 ヤモリと名乗った少女はツマ達を負けじと睨み返してきた。
 「お前も共犯か!屋台の物を盗んだな!」
 「盗んだっすね!お縄でぃ!」
 ツマとニッパーは時代劇の見せ場面っぽく叫んだ。
 「あー……なるほど……。あのね、私は民家を守る神なのよ。それでまあ、龍神なんだけど家々を守る方面に行ったわけ。それで人に溶け込んでいるの。つまり私は人間に見えるの。イナの食べ物は私が財布の中身カラッカラにして払ったの。」
 ヤモリはうんざりした顔でパニック状態のイナを落ち着かせるとため息をつきながら去って行った。
 ヤモリは人間に見えるというのは本当のようだ。人間がヤモリにぶつかりそうになり避けている。
 「……んん……犯神ではなかったのか……。」
 ツマはなんだか恥ずかしくなり頭を抱えた。
 「じゃあ、さっきの屋台の人はどうしたんっすかね……。」
 ニッパーは若干残念そうにツマを見ていた。本格的な捕り物がしたかったらしい。
 「もう一度見に行ってみよう。残念ながら今回は私の能力が使えない。ここは海だから……。」
 絶不調のツマは肩を落としつつニッパーを促して先程の屋台まで戻った。


 ちらし寿司の屋台まで戻ってきた。店員さんは頭を抱えながらどこかへ電話をしている。
 「……電話してるっすね……。何話しているかわからないっすけど……。」
 ニッパーが保冷バックの近くに隠れながらツマに小声で状況を報告した。
 「ニッパー君。ここに笹が。」
 ツマは目の前にあるチョコバナナの屋台に括り付けられている笹を指差した。
 「お!じゃあ、あれをやるっすね?」
 ニッパーが期待を込めた目で笹のそばまで寄ってきた。
 ツマには特殊な能力がある。それは木々に対してYES、NOクエスチョンのみ質問できるというものだ。反対に言うと木々はYESかNOで答えられる質問しか答えてはくれない。
 「えーと……じゃあまずは……。ここのちらし寿司はすぐに売れたか?」
 ツマの最初の質問に笹は
 ……YES。
 と答えた。
 「イエス……ニッパー君……これはかなり単純なのかもしれない……。売り上げが良すぎてあの男性は単純に驚いていたのではないか……。」
 「その確率はあるっすね……。」
 ニッパーはため息交じりに店員さんに目を向けた。
 「では……売り上げの他に問題はあったか?」
 ツマは他の可能性を潰そうと笹にてきとうな質問を投げた。
 笹は
 ……YES。
 と答えてきた。
 「イエス?他に要因があったのか。あの電話と関係があるか?」
 ツマはさらに質問をした。
 ……YES。
 笹はまたも肯定した。
 「ニッパー君、この男性は雇われのバイトじゃない。おそらく店長だ。あの偉そうな話しぶり、上の人間に言っている感じではない。」
 「確かに偉そうっすね……。いや、親しいのか?」
 雰囲気的に男性は電話で話しながら若干いらついている感じがあった。
 「……そうか。妻だ。これはもしかすると奥さんと二人三脚なのかもしれない。きっと奥さんがちらし寿司を近くの家で作って持ってきているはずだ。……電話相手は奥さんか?」
 ツマは頷きながら笹に確認の質問を投げる。
 笹は
  ……YES。
 と答えた。
 「イエスだ。……つまり作るのが間に合っていないのか。いや……あの雰囲気はまだなんかあるな……。奥さんがおうちでちらし寿司を作っていて何かトラブルが起きたのかもしれない。」
 「ふーむ……。トラブル……食材がなくなったとか?」
 ニッパーは頭をひねって可能性を口にした。ツマはなんだか腑に落ちなかった。
 「食材がなくなった事をわざわざ旦那に報告するのもなんかおかしい。旦那が文句をいうのもおかしい気がする。これは奥さんがなんかやってしまい、それに対して旦那が文句を言っているとした方がしっくりくる。すると先程の保冷バックを開けながら叫んでいたのは単純に売り上げだけではなくて持ってくる段階での手違いが起きたと考えるのが妥当。」
 ツマは顎に手を当てながら探偵が考えている風なポーズを取り、きりっとした瞳でニッパーを仰いだ。
 「な、なるほど……っす。」
 ニッパーは圧倒されながらなんとか言葉を絞り出した。
 「うーん……それで考えられる可能性は……。」
 ツマは今度、上を向きながら腕を組んだ。
 「あの人と電話の相手が夫婦だとするなら子供がいてもおかしくないっすね。子供がらみとか?」
 ニッパーがてきとうに思いついた事を思わせぶりに言い始めた。
 「……。それだ!」
 「うわっ!」
 ツマが突然叫んだのでニッパーは驚いて飛び上がった。
 「お手柄だ!ニッパー君。……笹に確認したいことがある。ここの家庭は子供が沢山いるか?」
 「?」
 ツマの質問にニッパーは首を傾げた。
 笹は
 ……YES。
 と答えた。
 「イエスだ。これで確信だ。つまり、ちょうどこの時間は夕飯時。このお店は夜出店。という事は奥さんは子供に夕飯を作ろうとして商品にするはずだったちらし寿司を晩御飯にしてしまった。子沢山な上、おそらく食べ盛りの子がいるのだろう。おそらく思ったよりも食べてしまった。奥さんはそんなに売れるわけないと思い、パックにした少量のちらし寿司を沢山の保冷バックに『均等』に詰め、旦那に渡した。旦那はもっと多く入っていると思い、そのまま売り、思ったよりも早くなくなってしまったので焦って奥さんに連絡をした。で、事件が発覚。って感じかな。」
 ツマは気持ちよさそうに頷いた。推理後のこの余韻がたまらない。
 「おお。それならしっくりくるっすね。」
 ニッパーは笑顔になりつつ電話している男をもう一度眺めた。
 男は先程とは一転して電話相手を慰めているようだった。
 刹那、一瞬だけ周りの音が消えた。音が消えた瞬間に男の話し声が聞こえてきた。
 「だから、自信持てって言ってるだろ。お前のメシはそこらのレストランよりもはるかにうまいんだよ!店を出したいならもっと自信持ってって。ガキに食わせて自分も自信なくして味見して大量に食って決めた人数分よりもはるかに少なくしやがって……。お前、やりたかったんだろ?夢だったんだろ?俺が全力でお前の夢支えてやるから自信持ってもっと作れ。皆うまいって食べてくれているぜ。何のためにお前に代わって屋台出してると思ってんだよ。ああ……じゃ、頑張れよ。」
 男はまだ何か話していたが大きな歓声に紛れて何を言っているのかもうわからなかった。
 大きな音が響く。屋台の屋根に隠れていまいち見えなかったが花火が上がったみたいだ。
 先程の静寂は花火の開始に皆が息を飲んでいたかららしい。
 「なるほど。あの人は自信がない奥さんのために屋台を出していたのか。ま、でも大方合ってたね。」
 ツマが満足そうに頷いたのでニッパーも大きく頷いた。
 「ツマっちゃん、お目当ての花火が始まったっすよ。」
 「おお、じゃあ見に行こう。」
 ツマとニッパーの興味は高速で花火へと向かった。
 途中で再び地味めな少女、ヤモリと稲荷神のイナに会い、ちらし寿司を食べさせてもらった。
 二神はあまりのおいしさに目を輝かせ、自然と笑みを浮かべていた。
 それに花火が反射し、神々達の平和な顔が重なり、この上ない幸せを感じた。
 ツマとニッパーは最高の七夕祭りを心いくまで堪能したのだった。

サマーやすみ事件

 「夏休みだあああ!うおおおお!」
 よくわからないが緑色の髪をした少女が天高く拳を突き上げる。
 喜んでいる表情かと思いきや、彼女に表情はない。
 いや、彼女は表情を表に出すのが苦手なだけだ。
 「ツマっちゃん……元気っすね……」
 隣で呆れた顔をしながら本を読んでいたのは少女の友神ニッパーである。黒い長い髪に魔女っ子のような帽子を被っており、下は着物だ。
 彼女達は人ではない。神である。ツマっちゃんと呼ばれた少女は草木の神、ツマツヒメ神であり、彼女の友神ニッパーは刀神である。名は天之娘影之神(あめのこかげのかみ)。
 ニッパーはそんな堅苦しい名が嫌で自分で簡単に名乗っている。なぜニッパーを選んだのかそれはわからない。
 そしてここは神々の図書館だ。外装は洋館のようであるが内装は図書館である。ニッパーは閲覧コーナーにある椅子に座り、書庫を管理している神である天記神(あめのしるしのかみ)が出してくれたお茶菓子をもぐもぐ食べていた。
 食べながら目は旅行雑誌に釘づけだ。
 「ニッパー、夏休み。せっかくだしどっか行こう」
 ツマツヒメ神ツマは心を落ち着かせて静かに尋ねた。
 「何言ってんすか。あたしらに休みはないっすよ。年中無休っすよ」
 ニッパーは忙しいアピールをしながらも目は旅行雑誌に向いている。
 「忙しくないじゃないの……あなた達はいつも……」
 閲覧コーナー奥にある給湯室からこの図書館の館長、天記神が疲れた顔をしながらお茶を運んできた。
 彼は男性だが心が女性である。紫色の水干袴のような格好に青く長い髪、そして整った顔立ちをしているが頭に被っている帽子が星形をモチーフにした大きな帽子でアンバランスであった。
 「何を言うっすか!忙しいっすよ!どうみても!あー忙しい。忙しい」
 ニッパーはどうやら何かに影響されているようだった。忙しいビジネスウーマンの雑誌でも読んだのだろう。
 「お茶入れたけど……飲みます?」
 天記神が控えめにお茶を机に置いていく。
 「飲む―!」
 「天記神、クッキーが足らなくなった。クッキーちょうだい。あの高級なやつ」
 ニッパーは元気よくお茶を飲み干し、ツマは出された高級お菓子をさらにねだった。
 見てわかる通り彼女達は子供である。
 「はいはい……。あ、そういえば……女の子のためのゲーム大会があるのをご存知かしら?」
 天記神は空になった湯呑をお盆に乗せながらふとそんなことを言った。
 「ん?知らない。何それ」
 ツマの目に興味の色が映った。現在のツマは夏休みモードである。どこかへ行きたくて仕方がないようだ。
 「私もよく知らないんですけど、カッコいい男の子のキャラクターと恋愛ができるっていうゲームがあって、そのゲームの姉妹作みたいなもので、そのキャラクターを使ったアクションゲームがあるらしいのよ。それでそのゲームの大会が開かれるっていう……。あの……興味を持って頂けたかしら?」
 天記神はツマの表情を窺う。ツマはどこか悩んでいる雰囲気だったがやがて顔を上げると「夏休みっぽい!」と頷きながら立ち上がった。
 「ニッパー、ゲーム大会に行ってみよう。私達は人間に見えないけどそのゲームとやらは見てみたい。」
 ツマはニッパーが読んでいる旅行雑誌を奪い取ると机を叩きながら訴えた。
 「えー……ゲームって子供みたいっすよー……。私は忙しい『きゃりあうーまん』なんっすけど……。これから会議に出ないといけないっすし……。」
 ニッパーは「会議に出る」というのを言いたかっただけのようだ。
 「もうめんどくさいわね。一度行ってみなさい。ほら、あなたの好きな事件が起こるかもしれないでしょう?人が多いところには必ず何かしら起こるものよ。」
 「私は事件、好きじゃないっすけど……。」
 天記神は必死でニッパーを説得する。しばらく唸っていたニッパーは後にけろっとした顔で頷いた。
 「わかったっす。ツマっちゃん、遊びに行くっす!」
 彼女の中でキャリアウーマンゴッコはあっという間に終わったらしい。
 やはり先程からゲーム大会に興味を持っていたようだった。
 「よし、行くぞ。ニッパー君。そうだ。何か事件が起こるかもしれないじゃないか」
 事件好きなツマはニッパーの会話を間接的に聞き、すっかり天記神に洗脳されていた。
 二神は食べかけのお菓子もそのままに素早く立ち上がると足早に図書館の外へと去って行った。
 「はあ……やっと静かになったわ……。さあ、次の説得材料も用意しておかないと……。今回はツマちゃんが夏休みに興味を持ってくれて助かったわ……」
 天記神は静かになった図書館で非常に長いため息をついてうなだれた。


 現世に降り立ったツマとニッパーは真夏の太陽が照る中、大きなドーム状の建物の前にいた。
 蝉が姦しく鳴いている。近くの木を叩いたらなん十匹もの蝉が襲ってくるのではないかというくらいにうるさい。
 「しかし、暑いっすね……」
 うだるような暑さでニッパーは溶ける寸前だった。
 「とりあえず、中に入ろうか。」
 ツマは汗を拭いつつ会場内へと足を踏み入れた。ニッパーも慌てて追いかける。
 会場内は涼しかった。おそらく冷房が入っている。
 「はあー涼しいっすね。もう出たくなくなっちゃうっすよー」
 「お、あっちだ」
 ツマはまた勝手に歩き出した。
 「あー、ちょっと待ってくれっすよ……」
 ニッパーはフラフラとしながらツマに追いつく。
 ツマはある一つのブースの前で立ち止まった。目の前には大きなスクリーンがあり、そこに詰めかけているのは女性ばかりだった。高校生、中学生、そしてニッパーが大好きだったキャリアウーマンだと思われる女性、主婦もいるかもしれない。とにかくあらゆる女性で埋め尽くされていた。一人だけ男性がいた気もするが気にしないでおこう。
 スクリーンの手前にはゲーム機が二台置かれており、スクリーンの上には『ジャパゴゲーム大会』と書かれたプレートが飾ってあった。
 「……うわあ……姉妹作のしかもアクションゲームにこんなに沢山の女性が……」
 よく見るとコミュニティのようなものもできている。
 「ジャパニーズ・ゴッティってゲームみたいっすね。イケメンに描かれた神々と禁断の恋愛ができるゲームみたいっすけど、それをアクションゲームにしてみました的な感じっぽいっすね。そこの看板に書いてあるっす」
 ニッパーが『ジャパゴの魅力!』とタイトルが書かれている説明書きを指差しながらツマに説明した。
 「ふむ。どんなものか見てみたい。まだゲーム大会はやってないの?」
 「時間的に早かったみたいっす」
 「そうか。じゃあ、一回近くのベンチにでも座ってようか」
 ツマはニッパーを連れて会場のロビーにあるベンチに座った。どうやらごった返していた理由はゲーム大会参加エントリー確認を行っていたからのようだ。
 ゲーム大会が始まるまで二神はのんびりしていた。
 五分くらい経過した時、会場内から小学校低学年くらいの少女がしくしくと泣きながら出てきた。どこか悲しげでしきりに会場内を見つめている。
 「ん?ニッパー君、あそこで泣いている女の子がいる」
 「あ、ほんとっすね……。迷子かな?」
 二神が様子を見ようとした刹那、少女は何を思ったか突然ロビーを走り抜けて外へと飛び出して行ってしまった。
 「……なんだ?どうしたんだ?」
 「気になるっすね」
 ツマとニッパーが戸惑っていると人の山から慌てて女性が飛び出してきた。
 「あかねっ!」
 女性はそう叫ぶと少女を追いかけるように外に向かって走っていった。顔つきから必死な感じだった。
 「……。あの人……母親っすか?迷子じゃなかったって事っすか」
 「事件だ。ニッパー君!」
 ツマはニッパーを鋭く見据えると元気よく立ち上がった。
 「と、突然に……また始まったっすね……」
 ニッパーもやれやれと重たい腰を上げた。
 

 「そこの鉢植えに聞いてみようか。外に出てしまったら解決してしまいそうだから。おまけに暑いし」
 ツマはベンチ横にちょこんとおいてあった観葉植物に手を置いた。
 ツマには特殊な能力がある。それは『YES』『NO』で答えられる質問ならば植物が『YES』『NO』で答えてくれるという能力だ。
 「よし……。まずは……さっき泣いていた女の子は迷子か?」
 「おお、確認から行くんすね?」
 ニッパーが頷いた刹那、観葉植物が「NO」という答えを出してきた。頭の中に直接ワープロの文字を打ち込まれている感じで答えが思い浮かぶ。
 「ノーか……。では……後に出てきた方の女性はその子の母親か?」
 ……YES。
 「イエスだ。えーと……じゃあ……なんで泣いてたんだろ……」
 ツマが首を傾げたがこれは『YES』『NO』で答えられないので観葉植物は答えない。
 「ゲーム大会に出場するつもりだったんすかね?それで参加申し込み用紙を失くしちゃったとか?」
 ニッパーの言葉に唸ったツマはどこか悔しそうに観葉植物に質問をした。
 「どちらが参加したかったかはわからないが……参加証を失くしたのか?」
 ……NO。
 「ノーだ!やはり事態はそんなに単純なものではない」
 ツマはどこか嬉しそうにニッパーを見た。ニッパーを完璧にライバル視している。
 「じゃあ、まずどっちが参加したかったのかって事っすね。母親の方だったら子供が呆れちゃって『ママは私の事見てくれない!』みたいな気持ちになっちゃったとか?」
 「なんだ。今日のニッパー君は冴えているじゃないか」
 「きゃりあうーまんっすから」
 ニッパーは胸を張って答えたがツマは軽く流して質問をした。
 「参加をしたのは母親の方か?」
 年齢的に母親の方を疑った。母親はまだ若い。ニッパーの仮説はなんとなく正しい気もした。
 ……NO。
 しかし、観葉植物の答えはノーだった。
 「じゃあ……子供の方……?」
 ……YES。
 「ニッパー君……これはどういう事だろう。ゲーム大会直前で怖気づいたのか?」
 「それは濃厚かもしれないっすね。ですけど……あの母親の顔はなんだかそんな感じには見えなかったっす。怖気づいたのかと思ったらもっと呆れた顔をして『あーもう。いつもこうなんだからっ!』みたいな感じになると思うんすよね」
 ニッパーは大人の女性のように母親のような誰かの真似をした。
 「確かに……。あの母親はどこか必死な顔をしていた」
 ツマとニッパーは考えを巡らせる。ツマは何となく会場内を見回してみた。何かヒントはないか……。
 そんなことを思っていたらツマの脳に閃きの電撃が走った。
 「……そうか……」
 ふとツマが声を上げた。
 「お?閃いたっすか?」
 「ニッパー君、コミュニティだ。よく考えてみるとあの会場に小学二年生くらいの子はいない。話が合わなかったんだ……。それか大人に話しかけるのが怖かったのか……おそらくあの子は本当にこのゲームが好きなんだ。大人ばかりだったからきっと場違いな場所に来たんじゃないかと錯覚したんだろう。そして参加したいけど参加したくないという不思議な感情に飲まれて泣き出したんだろう」
 「な、なるほど……。確かに迷子じゃない、母親に呆れたわけでもない、怖気づいたわけでもないってなったらコミュニティに入れなかったのが悲しいと推理するのが一番いいっすよね。母親の表情からいってもマッチするっす」
 ニッパーは大きく頷いた。
 「では答え合わせをしようか」
 ツマが満足そうに頷いていると先程の少女がめそめそ泣きながら母親と共に会場へと戻ってきた。
 「あ、帰ってきたっす」
 「本当だ」
 ニッパーとツマは唾を飲み込みつつ親子の会話に耳を傾けた。
 「あかねちゃん、ジャパゴをやっている人は皆優しい人だから頑張って話しかけてみなさい。あかねちゃんもジャパゴ好きならガーンと盛り上がろう。お母さんも一緒にコミュニティに参加するから」
 母親のそんな声が聞こえる。
 ツマは推理が当たって満足そうだった。
 「ん?ツマっちゃん……今、あの母親、『も』って言ったっすよ……」
 ニッパーの言葉でツマも気がついた。
 「つまりは……あの母親もジャパゴファンと」
 ツマは呆れつつさらに親子の会話に耳を傾ける。
 「おかーさんがゲーム大会出てよぉ……私、恋愛のゲームのが好き。ジャパゴのお友達も頑張って作るから……もう泣かないから一生懸命に話しかけるから……ゲーム大会は出てよぅ……」
 少女の言葉にツマ達は「ん?」と首を傾げた。
 なんだかいやな予感がする。
 「あかねちゃん、コミュニティには後でお母さんが言っておくから……これにはタケミカヅチ様の限定グッズがかかっているの。あなたはジャパゴバトルの方はすごく強いじゃない?きっと勝てるわ。お母さんはすごく弱いんだもの……」
 母親はなんだかとても必死だった。
 必死ってそっちだったのかよ……。
 ツマとニッパーは同じことを思った。
 「お疲れ様です!我がコミュニティのお頭!佐藤ちゃん!今回はかなり通なお子様を連れてきたとか」
 ふと母親のまわりにはたくさんの女性がいた。
 「はい。娘のあかねです。……今回は勝つぞぉ!お前らァ!」
 「うおおおおお!」
 なんだか知らぬ間に円陣が組まれていた。よく見るとこのコミュニティだけではなく他のグループも同じことをやっていた。
 甲子園球場のようだ。
 「あかねちゃん、あかねちゃんは誰が好きなの?」
 女性の内の一人が少女に話しかけていた。
 「んー、天御柱神(あめのみはしらのかみ)かなあ?」
 「きゃあっ!私もだいっすき!闇落ちルートからの盛り上がりはすごいわよね!」
 「うんうん。主人公を傷つけちゃった時の感情も泣いちゃったよ。それから……」
 少女と女性の会話はなんだか成立していた。少女の顔はどこか明るく、とても楽しそうだった。
 「ツマっちゃん……微妙に当たって微妙に外れたっすね……」
 ニッパーが黄色い声が充満しているコミュニティを呆れた目で見つめながらツマに静かに話しかけた。
 「……一体どうしたらこんなことに……親子ともどもファンで……」
 ツマにはあまり理解ができなかったがこれがコアなオタクというものなのかとまるで虎かライオンのようだと少しの恐怖を覚えたのだった。
 だが嫌な気持ちはしなかった。
 皆幸せそうだ。幸せに思えるのならそれでいいと。
 なんであれ、打ち込めるものがある、好きなものがある……それはそれでいいのではないか。
 この親子は行き過ぎな気もするが。
 とりあえず、この女の子はコミュニティに入りたかったが内気で入れず、一度は飛び出したがコアなファンの母親に慰められてコミュニティに入れた。お友達作りを始めようとした矢先にゲーム大会に出させられ、ぐずっていたと。

 しばらくしてからツマとニッパーは野球観戦さながらのゲーム大会にただただ圧倒されていた。あの少女はゲーム機を持った途端に人が変わり、邪魔者を薙ぎ倒す兵器のようになっていた。つまり、ものすごく強かったのだ。

ハロウィン事件

 秋も深まってきた。最近は急に寒くなり葉も色づき始めてきていた。
 草木の神、ツマツヒメ神ツマと刀神であるニッパーは神々が利用する図書館の一室で声を張り上げた。
 「トーナメントおあートリートメント!」
 「な、何かしら……」
 突然声を張り上げたツマとニッパーにこの図書館の館長、天記神(あまのしるしのかみ)は引きつった顔を向けた。
 図書館には誰もおらず、天まで積み重なる本達と机と椅子の閲覧コーナーがひっそりと存在していた。ちなみにこの館長、実は男なのだが心は女である。彼の秀麗な顔は現在困惑で歪んでいた。
 「だからーお菓子ちょうだいって言ったっすよ」
 ニッパーが頬を膨らませながら天記神を仰いだ。
 「そうそう。いま、こういうとお菓子くれるらしいから」
 ツマもニッパーに便乗し天記神に詰め寄る。
 言わずものがなツマとニッパーは夢見がちな女の子であった。ちなみにまだまだ子供である。
 「そ、それ、トリックオアトリートの事かしら?」
 天記神は顔を引きつらせながらかろうじて声を上げた。
 「そうだっけ?ま、いいや。おいしいやつね。あの高級なクッキーとか」
 ツマが給湯室の方をちらりと見た。天記神はどきりとしたがあきらめてクッキーを取りに行った。
 「とほほ……。そっと隠しておいたのに……」
 天記神はぼそぼそと何かを言いながらクッキーの缶と紅茶を盆にのせて給湯室から戻ってきた。
 「うわー!東京の有名店のクッキーじゃないっすか!」
 ニッパーはさっそくクッキーに手を伸ばし始めた。
 「あの……あなた達、本当のハローウィンパーティを見てきた方がいいんじゃないかしら?」
 クッキーを無言で食べ続けるツマとニッパーに天記神は呆れながら尋ねた。
 「本物ってお菓子もらうだけじゃないの?」
 ツマが紅茶を幸せそうに飲みながら天記神を仰いだ。
 「ほら、実際に見てくるといいですわよー。はいこれ」
 天記神は軽くほほ笑みながらあるチラシを机に置いた。
 チラシにはハローウィンパーティの日時などが書いてあり、カボチャの格好をしている子供がほほ笑んでいる横でちょっと強面のカボチャの置物が置いてあった。
 「このカボチャ、ジャコランタンっていうらしいわよ」
 「へぇー……お菓子もらうだけじゃなさそうだね」
 ツマとニッパーが興味深げにチラシを眺め始めた。天記神はしめしめと思い、さらに畳みかけるように声を上げた。
 「そうよー。しかもこれ、今日よ!行ってきなさい。勉強のために。ほら、色々事件があるかもしれないじゃない?」
 天記神の一言でツマの目が光った。
 「事件!そうだ。ニッパー君!事件だ!」
 「ああ……またツマっちゃんのスイッチが……」
 ニッパーは勢いよく立ち上がったツマに深くため息をついた。
 しかし、ニッパーもハローウィンパーティに行きたかったのかすぐに立ち上がった。
 「はーい。いってらっしゃーい」
 天記神は足早に去っていくツマとニッパーをかなりてきとうに見送った。
 二神が去って行きドアが乱暴に閉まると天記神は大きく伸びをしてクッキーよりもさらに高級なケーキを取り出し最上級の茶葉で作られた紅茶を入れホクホクした顔で再び席についた。
 「あー、やっといなくなったわ。また次のネタを考えないとあの子達一生ここに住み着くつもりだから……」
 天記神は優しい手つきでフォークを取るとケーキをうっとりしながら口に含んだ。


 ツマとニッパーは神々の図書館から現世へと足を踏み入れた。
 ハローウィンパーティがやっていた会場は都会の広場だった。ビル風が強く、少し肌寒いが仮装した子供達が楽しそうに集まっていた。
 なぜか一緒に来た保護者の人達もがっつり仮装していたがまあ、少し夢を見るのもいいのかもしれない。
 「お……おお!」
 ツマとニッパーは賑わっている会場に目を輝かせながら仮装とカボチャのライトを楽しそうに眺めた。
 「ハローウィンってこんななのか!すごい!」
 「魔女がいるっす!ゾンビも!なんか目玉のお菓子もあるっすよ!」
 ニッパーはかなりグロテスクな目玉のゼリーを眺めながらかなり盛り上がっていた。
 そんな中、声を張り上げて怒っている小学校三年生くらいの女の子がいた。
 「ん?」
 ツマとニッパーは怒っている声が聞こえる方を向いた。
 女の子は一緒にいた両親だと思われる男女に怒りの声を上げていた。
 「あの子、なんで怒ってるんすかね?」
 「ちょっと聞いてみようか」
 ツマの表情がちょっと嬉しそうに動いた。事件好きのツマはハローウィンよりもこっちの方が興味があるようだ。
 女の子は今もなお、両親に怒っている。
 「ねえ!なんでリュウセイ来てないの?来るって行ったじゃん!あいつ、忘れてんじゃないの?」
 リュウセイというのはどうやら人の名前のようだ。
 「おかしいねえ。リュウセイにはちゃんと言ったんだけど……。どっかで寄り道してんのかしら?」
 お母さんだと思われる女が腕時計を確認しながら首を傾げている。
 「ほんと、どうしようもない弟なんだからっ!」
 女の子はお母さんの真似をしているのかどこか偉そうに腕を組んだ。
 「ツマっちゃん、弟が会場に来るのが遅れているみたいっすね?」
 「そうみたいだね……。何か事件に巻き込まれていなければいいんだけど……」
 ニッパーとツマは少し心配になってきた。
 二神が見守っていると父親と思われる男が女の子の頭を撫でてから頷いた。
 「俺、ちょっと探して来るよ。あいつ、けっこう楽しみにしてたから絶対来ると思うんだよな。確か、約束した時間から十五分くらい経ってるよな。どっかでケガしてたら大変だし、家が近いとはいえ、小一だしな……」
 父親と思われる男性は子供を探しに一度家に帰るつもりのようだ。
 「私達も探そうか……ん?」
 ツマが父親について行こうとした時、一人の子供が会場の外からこちらを窺っていた。
 男の子で年齢的に小学校一年生くらいだった。仮装していて真黒なマントを首に巻いていた。
 「まさか……あの子っすか?ちゃんと来てるじゃないっすか。なんで会場に入らないっすかね?」
 「わからない……近くの木に聞いてみようか?ニッパー君、これは事件だ」
 ツマには特殊な能力がある。木種の神だけに木と会話ができるのだ。しかし、ツマが変な縛りをつけているのか会話はYES、NOクエスチョンで答えられる質問のみなのである。
 とりあえず、ツマとニッパーは男の子がいる場所に近い木々に色々と聞いてみることにした。
 ちなみにツマやニッパーは人間の目には映らない神なので男の子に直接話を聞くことはできない。
 ツマは男の子が隠れている木の一つに手を当てて質問をした。
 「……えーと……彼はあの人達と家族か?」
 ……YES。
 とりあえず、ツマがこの男の子があの家族の一員なのかを訊ねると木々はイエスと答えた。
 「やっぱりそうっすね。もう家族に合流すればいいのに……なんでこんなとこでまごまごしているっすかね?」
 ニッパーはなんだかイライラしていた。
 「うーん……なんか理由があるんだろうが……ん?」
 ツマがもう一度男の子をなんとなく眺めると男の子はしきりに子供用の腕時計をみながら何かを数えてから頷き、また目を離すというのを繰り返していた。
 「時計をしきりに見ている……もしかするとこの子、けっこう几帳面?」
 ツマがなんとなくつぶやいた言葉に木々が
 YES……。
 と答えた。
 「ほお、この年齢から几帳面っすか。じゃあ、あれっすね。時間きっかりに会場に入りたいタイプって事っすかね?ははは!」
 ニッパーは冗談でそんなことを言ったがツマはあながち間違いではないのではないかと思った。
 「もしかして……時計が壊れているのでは?だからいつまでも指定された時間にならずにずっとここにいるとか……」
 「なるほどっす!ありえなくはないっすね。ちょっと確認してみるっす」
 ニッパーがツマの言葉を聞き、男の子の時計をそっと覗いた。
 「ニッパー君、どうだ?」
 「……うーん。時計、合っているっすよ?」
 「時計は合っている……か」
 ニッパーの発言でツマの推理は見事に外れてしまった。
 「……んん……ん!待てよ……。さっきのあの父親が待ち合わせから十五分経っているって言ってた。現在は三時七分……わかった気がしたぞ!つまり三時十分前に待ち合わせをしていたって事だ」
 「そうっすね?それで?」
 ニッパーの質問にツマは「うっ」と詰まった。だからなんだという感じである。
 「わからない……わからない……。今日は全然さえない……。あそこにあるカボチャプリンが気になって仕方がない!」
 ツマが悔しそうに露店に並んでいるカボチャプリンを指差した。
 そんな会話をしていると男の子が突然動き出した。
 「ツマっちゃん!彼が動いたっす!」
 「むむ……」
 ニッパーとツマは張り込みの刑事っぽく男の子を追いかけた。男の子は先程怒っていた女の子の元へと走って行った。
 「あー!リュウセイ!遅い!何してんのよ!」
 女の子は相変わらず怒っていた。
 「リュウセイ……ああ、心配した。寄り道してたの?」
 母親は若干呆れたような顔をしていた。
 「ううん。ちゃんと時間通りに来たよ」
 男の子は母親の言葉に首を横に振った。
 「時間通りって……過ぎてるじゃない……」
 女の子は男の子をしっかり睨んだ。
 「ねえちゃん!過ぎてないよ!三時十分前だよ!ね?」
 「はあ?何言ってんの?」
 男の子と女の子はケンカを始めたが母親だけはクスクスと笑っていた。
 「……?」
 ツマとニッパーは眉を寄せながら顔を見合わせた。何やらさっぱりわからない。
 その後、すぐに父親が戻ってきた。
 「あれ?お前、会場に来てたのか。どこにいたんだよ……」
 「うん。そこにいたの」
 男の子は父親に先程までいた木々の茂みを指差して言った。
 「なんでそんなとこに……?」
 「時間じゃなかったから時間になったら行こうと思ってたんだよ」
 男の子の言葉に父親も首を傾げた。
 母親は事情がわかっているのかケラケラと楽しそうに笑っていた。
 「おい、なんでさっきから笑ってるんだよ?」
 父親が母親を不気味に思いながら見つめた。
 「だって、この子ったらトンチみたいな事……あははは!」
 「え?」
 「だって今、三時九分じゃない?私達が待ち合わせしたのって何時だっけ?」
 母親が心底楽しそうにぽかんとしている家族を眺める。
 「三時十分前」
 女の子が半分ふてくされた顔で吐き捨てるようにつぶやいた。
 そこまで言って父親が気がつき、笑顔になった。女の子はまだ気がついていないのか頬を膨らませて父親と母親を睨みつけている。
 「おい、まだ気がつかないのか?ははは!確かにまだ十分になってない!」
 父親の発言でやっと女の子が気がついた。
 「はあ?あんた、馬鹿じゃないの?三時十分前って二時五十分って事だよ!三時十分の前じゃないんだからー!」
 女の子は気がついたが相変わらず怒っていた。それをみた男の子は「はっ!」と気がついた顔になり悲しそうに下を向いた。
 「まあまあ、いいじゃないか。今度ちゃんと勉強しよう。そろそろ、ハローウィンパーティのパレードが始まるよ。後でカボチャプリン食べような~。しっかし十分前と十分の前か……天才だな」
 父親のこの一言で女の子と男の子は笑顔に変わった。
 子供は単純である。
 母親は相変わらず爆笑していた。
 「な、なるほど……今回は木々に聞いてもなんらわからない事件だったか……」
 「ツマっちゃん、探偵もたまには推理できない事もあるっすよ~」
 ツマとニッパーは子供の意外な発想に感心しつつ、なんだかんだ言って仲の良い家族にほっこりした気分になった。
 「さて、事件は解決したし……あのカボチャプリン、子供は無料みたいだからこっそり頂くとするか」
 「量は少ないっすけど無料だから我慢するっす!行こう!ツマっちゃん!」
 「おお!先程から無料が気になってた!」
 ツマとニッパーは早くも気持ちがカボチャプリンに移っていた。二神はスキップをしながらカボチャプリンが置いてある屋台に飛んでいった。
 日本のハローウインパーティはとてもとても楽しかった。

やきポテト事件

 木種の神、ツマツヒメ神と刀神のニッパーは女の子のための焼き芋パーティに夢中だった。
 季節は十一月。落ち葉も沢山落ちていて芋を焼くには最適の環境。おまけに冬が近づきなかなかに寒い。風も若干ある。
 そんな寒さにも負けずにふたりの少女はウキウキした顔で集めた落ち葉の中に芋を入れた。
 「天記神からサツマイモ貰えるなんて運がいいね」
 ツマは少し長めの木の枝で芋をつつきながら軽くほほ笑んだ。
 「ツマっちゃん!最近の女の子は女子同士でサツマイモパーティをやるなんてシャレてるっすねー。じゃあ、火をつけるっす」
 ニッパーは半分よだれをたらしながら火をつけた。ニッパーは刀神なので指をならすと炎を出すことができる。本来は刃物を鍛えるための炎なのだが今は芋を焼く炎になった。
 天記神はツマ達が神々の図書館から出て行かないので苦肉の策でてきとうなパーティ名を上げ芋を渡して追い出したに違いないのだがこの幼い少女達がそこまで気がついているわけがない。
 「焼き芋―!焼き芋―!」
 ニッパーはパチパチと燃える落ち葉を眺めながら手を叩いた。
 「でも、これけっこう時間がかかりそうだ。ちょっと山の中でキノコでもとらない?」
 ツマが木の枝でまだ生なサツマイモをツンツン突き刺しながらすぐ近くにある山を指差した。
 ここは一応、空き地だが直接山に入れる道がある。
 「そうっすねー。芋が焼けたら取ったキノコを焼くのもいいっすよねー。キノコ狩りするっす!」
 「じゃあ、いっぱい取ってキノコ汁にもしよう。この芋が入っていたカゴにいっぱい入れるの」
 すぐに目的が変わってしまったツマとニッパーはキノコを採るべく、近くの山へ素早く入って行った。色々と見込んでいた天記神が他にきっと何か取ったりするだろうとわざわざサツマイモをカゴに入れてツマ達に渡したのであった。
 しばらくして芋が入っていたカゴにはキノコがいっぱいになった。
 「うわー!キノコこんなにあったっすね。ツマっちゃんのキノコ見る目は正しいっすから毒キノコが混ざっているわけないっすよね?」
 「もちろん。私は森の神なんだから」
 カゴいっぱいのキノコを抱えながらツマとニッパーは山を下りた。先程の空き地に戻って来ると焼いていた芋がなかった。芋どころか落ち葉も散らされてきれいになくなっていた。
 「あーっ!芋がないっす!火も消されて……」
 「なんだって!芋が盗まれた……ニッパー君、これは事件だ!」
 ツマは木の枝で落ち葉があった所を念のため探してみたがどうみてもなにもなかった。
 「これは大事件っすね!キノコを採っていた時間はそんなに長くないっすから犯人は近くにいるやつっす!」
 ニッパーはどことなく怒っていた。
 「まあ、盗んだのが動物なわけないしな……。動物は火の中に自ら入っていったりしない」
ツマはどこか悲しげな顔をしていた。まさか神が人間からものを盗まれるとは考えていなかったからだ。
 空き地のまわりには民家があるがとても静かである。窃盗をする人間がいるとも思えなかった。
 「……なんだか色々と勘違いをしているかもしれない。人間をそんなに悪く言ってはいけないな……。調べてみよう」
 ツマとニッパーはまず、落ち葉で埋まっている辺りを散策しはじめた。落ち葉をかき分けてみたが人間の足跡も動物の足跡もなかった。
 「うーん……落ち葉が多すぎて足跡がついていないっす……」
 ニッパーも手掛かりを探すがなかなか見つからなかった。焼け焦げた落ち葉すらない。
 「……もう仕方ない。木々に聞いてみよう……」
 ツマは自力で考える事を諦め、木々と会話をすることにした。ツマは木種の神のため、木々と会話ができる能力があるが、ツマが現在推理趣味のため縛りをつけているので木々はYES、NOクエスチョンしか答えてくれない。
 ツマはさっそく近くにある木に手を置いた。
 「……芋を盗んだのは人間か?」
 ツマはストレートにまず聞いてみた。
 ……。
 木々は何も答えなかった。つまり、YESとも言えずNOとも言えなかったという事だ。
 ツマとニッパーは少し安心したが逆に謎が深まった。
 「木々がはっきりYESと言えないとなると……何っすかね……」
 「うーん……」
 なんだか不気味になってきた。
 「子供がいたずらで取ったとか……?」
 「……じゃあまず、ここに人がいたかどうかを聞いてみよう。……人はここにいたか?」
 ツマが木々に尋ねると木々は
 ……YES。
 と答えた。
 「イエスだ……。やっぱりここには人間がいたんだ。何人いたんだろう?」
 ツマが発した質問はYES、NOクエスチョンでは答えられないため木々は何も言わなかった。
 「じゃあ、沢山いたか聞いてみるっす。ひとりか沢山かで違うっす」
 ニッパーに言われ、ツマは軽く頷くと再び質問をした。
 「人は沢山いたか?」
 ……YES。
 木々はイエスと答えた。
 「イエス……沢山いたのか……。人が沢山……意味がわからない。集団窃盗でもないならなんなんだ」
 「……ただの窃盗なら火を消していかないと思うっす……。火を消していったということは火を消さないといけなかったのかもしれないっす」
 ニッパーの言葉にツマはどこか悔しそうに頷いた。半分ライバル視しているニッパーの言っている事が正しいような気がして悔しかったのだ。
 「じゃあ、大人が沢山いたのか?」
 ツマが再び木々に聞いてみると木々は
 ……NO。
 と答えた。
 「違うのか……子供もいたと……」
 ……YES。
 木々はツマのつぶやきにイエスと答えた。
 「子供もいて大人もいて……芋も何もかもなくなっているっていうのは……。しかも火を消していったってことは……」
 ツマとニッパーはしばらく考え込んだ。
 「そうか!」
 ツマが突然ポンと手を叩いた。
 「ん?解決したっすか?」
 「ニッパー君!これは私達が悪いのかもしれない」
 「ん?」
 ツマがどこかすっきりした顔をしているのでニッパーは眉をひそめた。
 「ここはきっと芋を焼いちゃいけない場所なんだ。落ち葉があって気がつかなかったけどここは子供達の運動場なのかもしれない」
 ツマは深い落ち葉を足でかき分けて地面を出した。地面にはよく見ると細かい砂利が敷かれていた。
 「あ……サッカーとか野球とかそういうのをやる運動場みたいな……」
 「そうそう。それで子供達が運動をしに来た時に燃えている落ち葉を見て驚いて大人を呼んで火消しをしたのかもしれない」
 「なるほどっす……。まあ、それは仕方ないっすけど……芋がなんでなくなったんっすかね?」
 ニッパーの不服そうな顔にツマはため息をついて答えた。
 「運動に邪魔だったから大人が持って行ったんだろう。木々が『盗んだのか?』っていう質問に答えられなかったところから推測できる……」
 「あーあー……焼き芋はやる場所を考えなきゃダメっすねー……」
 ふたりがガックリ肩を落としていると空き地に子供達の声がした。
 「あー、なんか火が出ててびっくりしたよなー」
 「芋が入っているとは思わなかったけど大人呼んで良かった」
 空き地に入ってきたのは数人の男の子グループだった。手にサッカーボールを持っている。
 「誰が焼き芋やったかわからないからお前達食べなって芋もらったのは驚いたよな」
 「確かに。おやつ焼き芋なんてなかなかないよなー。はあー食った食った」
 「だけどよー、あそこで焼き芋やったやつはなんかかわいそうだよなー。俺達がもらっちゃったし……」
 男の子達はサッカーボールを蹴り始めた。
 「そりゃあ仕方ねぇよ。だってほら、あそこに注意書きしてあるし。しちゃいけないところでしていたんだから役場の大人達に持ってかれるのはしょうがないさ」
 男の子の一人がボールを追いかけながら指だけ指した。指を指した方向はツマ達からは看板が裏だった。
 男の子達の会話を聞いたツマとニッパーはさらに肩を落とした。
 「なんだ……注意書きがあったのか……」
 「大人が子供に私らの芋をおやつとしてあげていたっすか……。盗んでもないってこういう事だったっすね……トホホ……」
 ニッパーは半泣きの状態だったが自分達が悪いので仕方がなかった。
 「もう、天記神の図書館に戻ってキノコ汁作ってもらおう?焼きキノコも……サツマイモなくなっちゃったし……」
 「そうっすね。幸いキノコはあるっす」
 ツマとニッパーはお互い肩を落としつつ、天記神の図書館に向かってとぼとぼと歩き出した。
 その後、図書館でのんびりしていた天記神は予想外に早く帰ってきた二神にため息をつきつつ、半分同情しつつ温かいキノコ汁を作ってやったのであった。

クリスマス事件

 クリスマスの時期がやってきた。外は雪がわずかに降っている状態だった。
 ツマとニッパーは相も変わらず神々の図書館である天記神の図書館でぬくぬくと過ごしていた。
 「もう……またお外に出ないの……」
 図書館の館長であり書庫の神である天記神は心は女だが外見はさわやかな男性。
 話し方はお母さんのようでもある。そんな天記神は呆れた顔で縮こまっているツマとニッパーを見つめた。
 「だって寒いっすもん」
 刀神ニッパーはもこもこのドテラを着て天記神が持ってきたお菓子をつまんでいた。
 「まあ、寒いからね」
 ニッパーの横にいた木種の神ツマツヒメ神ことツマも足元に毛布をかけてニッパーと同じようにお菓子に手を伸ばしていた。図書館の閲覧コーナーの机はいつの間にかお菓子でいっぱいになっていた。
 「今日は十二月二十四日ですよ!何の日かわかるわよね?」
 天記神は腕を組んでツマとニッパーの前に仁王立ちした。
 「ん?えー……あっ!クリスマスイブっす!」
 しばらく考え込んでいたニッパーが思い出したように立ち上がった。
 「そうなのよ!」
 「クリスマスイブか……もうそんな時期か……」
 天記神の声にツマがかぶせるようにつぶやいた。
 「町はクリスマス色に染まっているわよ!それなのにあなた達ときたらクリスマスも正月も過ぎた二月初めって感じの雰囲気……。いいかしら?クリスマスは外に出て楽しんでいらっしゃい!ほら、この雑誌見てみなさい!」
 天記神は早口にまくしたてると観光雑誌の一ページを見せてきた。雑誌はクリスマス一色で大きなモミの木がかわいくデコレーションされていた。
 「おお……。きれいっすね。クリスマスツリー」
 「そんな呑気に言ってる場合じゃないの。ほら、このページ。この地域は今年初めて本物のモミの木をツリーにしたんですって!飾り玉とか星とか町の人達が手作りした一品よ!夜はイルミネーションがあるわ」
 天記神は真剣な目でツマとニッパーを見つめた。
 「お、おお!」
 「……きれい。ツリー見に行きたい」
 ニッパーとツマの興味はすぐにクリスマスツリーにうつった。この少女達は興味が出るととことん行動にうつすタイプである。
 「しかも……夜はクリスマスパーティがあるわ。お外の屋台で無料の料理が食べられるそうよ。しかもバイキング!『オールゆーキャンいーと』よ!」
 「無料のお料理!よし、ニッパー君、ツリーを見に行こうじゃないか」
 「お料理っす!パーティっす!」
 天記神のたたみかけによりツマとニッパーはもう間違いなく行く気になった。
 「よし。じゃあいってらっしゃい」
 天記神は満足そうに頷くとツマとニッパーにほほ笑んだ。
 「イエーイっす!」
 「ニッパー君、早く行くぞ」
 ニッパーとツマはそそくさと立ち上がると寒さもそっちのけて図書館から飛び出していった。
 「ふう……やっとどっか行ったわ……。さてと、私はちょっとティーブレイクを……」
 天記神はどこか安心した顔で戸棚から高級クリスマスケーキを取り出し、高級茶葉で紅茶を優雅に注いだ。


 勢いよく図書館を後にしたツマとニッパーはツリーがあるという公園前の道を歩いていた。時刻は夕方に差し掛かるかどうかの午後の時間。
 この辺の地域はあまり雪の降らない地域のようで普段は雪がないクリスマスを送るようだが今日はわずかだが雪が降ったようだ。街路樹が少し白くなっている。歩道脇にも少量の雪が積もっていた。
 「さあて。そろそろツリーがある公園が見えるっすよー」
 「ちょっと待って。ニッパー君、あれを見たまえ」
 先程から何か探偵のモノマネをしているらしいツマがニッパーを呼び止めた。
 「ん?何っすか?」
 ニッパーはツマが指差している方向を向いた。視線の先に行列のできているケーキ屋さんがあった。
 「すごい混んでる……。クリスマスケーキの販売中のようだ。ほら、あの看板、カップルサンタゼリーをクリスマスケーキに乗せていますって書いてある」
 「おお。クリスマス限定っぽいっすね」
 店の前でサンタの格好をしている店員が看板を持ち歩き、かわいらしいサンタとトナカイのゼリーのトッピングを宣伝していた。
 「ケーキか……いいな」
 ツマはうらやましそうにケーキ屋さんを眺めていたがツマもニッパーも人間の目には映らない神である。諦めるしかなかった。
 二神はそのままケーキ屋さんを通り過ぎ公園内へと入った。公園は遊具などはなく、どちらかといえば広い庭といった感じだった。
 「なんか庭園っぽいっすねー」
 「お!ニッパー君、あれだ!」
 きょろきょろとあたりを見回しているニッパーの手を握り、ツマは走り出した。ツマ達がいる少し先でイングリッシュガーデン風になっている庭園の真ん中にモミの木が飾り付けられていた。
 「うおー!思ったより大きいっすね!」
 ツリーを見に来ている人はまばらだったが皆、ツリーの大きさに驚いているようだった。
 「ずいぶんと発育がいい木だ。飾りもきれいだし夜も楽しみ」
 ツマは大きなツリーを見上げながら軽くほほ笑んだ。
 しばらくツリーを眺めていたツマとニッパーだったがやがて少し離れた所にあるベンチに座っているカップルに目がいってしまった。
 「いいっすねー。クリスマスにカップルで」
 ニッパーがうっとりとカップルを見つめていると男の方が突然立ち上がり走り出した。片割れの女は男に何か叫んでいた。
 「え?なんすか?痴話ケンカっすか?クリスマスなのに……」
 「うーん……ニッパー君、痴話ケンカではなさそうだ。あの男、手にケーキの箱を持っていたぞ。ケーキはおそらくさっき眺めたケーキ屋さんのものだ」
 ツマは不思議そうに男が走り去った方面を眺めた。
 「なんか変っすね……ケーキを持って彼女から走り去るなんて……」
 「ニッパー君、これは事件だ!」
 きょとんとしているニッパーにツマはビシッと言い放った。
 「そ、そうっすね……」
 「さて……どこから考えていくか……まずはケンカの線を考えずに彼がケーキを壊してしまったと仮定しよう。男はかなり焦っていた。つまり歩いている内にケーキが崩れてしまって慌てて新しいものを買いに行った。限定品だからきっとなくなると思ったんだろう」
 身を引いているニッパーを無視してツマは勝手に仮説を立てた。
 「じゃ、じゃあそこのモミの木に聞いてみるっすよ……」
 ツマには特殊な能力がある。木種の神なので木々と会話ができるのだ。しかし、ツマが探偵ごっこの縛りをつけているために木々はYES、NOクエスチョンしか答えてくれない。
 「よし!聞いてみよう。さっき走り去った男はケーキを崩してしまったのか?」
 ……NO。
 ツマの質問にモミの木はノーと答えた。
 「……違うみたいっすね……」
 「んー……やっぱり痴話ケンカなのか?」
 ……NO。
 ツマのつぶやきにモミの木はノーと答えた。イエス、ノーで答えられるものならつぶやきだろうがなんだろうが木々は勝手に答えるようだ。
 「じゃあなんだろ……。ケーキ屋さんの方にもう一度行ってみるか……。ネタが足らなすぎる」
 「ネタって……今日はなんか激しいっすね……」
 ツマがケーキ屋さんの方へさっさと行ってしまったのでニッパーも呆れながらとりあえず追いかけた。
 ケーキ屋さんは先程と変わらず大行列のままだった。その行列の中に男がいるかもしれないと見てみたが残念ながらいなかった。
 「うーん……。やっぱりケーキが原因で買い直しに来たわけではなさそうだ」
 「あそこの看板の端にシングルサンタもできますって書いてあるっすけどケーキ屋さんに並んでない所からするとシングルとカップルサンタを間違えたってわけでもなさそうっすねー」
 ツマとニッパーは大行列を眺めながら唸っていた。
 「あの男はなんであんなに走って行ったんだろ……。行列に並んでもないなんて。むしろどこに走って行ったんだ?色々奇怪な行動だと思う……」
 ツマはさらに考えたが結局よくわからずにもう一度公園に向かって歩き出した。
 「……まさか……彼女とは別に違う女がいるとか……それで約束を思い出してその女にケーキを渡しに行ったんじゃ……ないっすよねぇー」
 ニッパーがツマを追いかけながら青い顔でつぶやいた。
 「そんなわけない。痴話ケンカじゃないんだから」
 「でも……彼女は女がいる事を知らなくてケンカになっていなかったとかありえるっすよね」
 ツマとニッパーは考えながらまた再び公園内に入り、モミの木の前に戻ってきた。
 その時、ベンチに一人座っていた女性がため息交じりに「まったくもう!間違えるなんて……」と言っているのが聞こえた。
 「……ニッパー君……『間違えるなんて』って今、彼女言った……」
 「まさか彼女を間違えたって事っすか?」
 「そんなわけないだろう……」
 ニッパーが痴話ケンカから離れられていないようなのでツマはため息を一つついて呆れた。
 「じゃあ、ツマっちゃんの推理は?」
 「……確信はないが……なんとなく見えてきた。あの男、彼女の前に誰かに会っているんだ。それできっと相手も同じケーキを持っていてパッケージの箱が同じだから間違えてしまったんだ。男はカップルサンタのトッピングをしていると思われるが相手はきっとシングルサンタかトッピングなしのケーキかを持っていたと思われる」
 「なるほど……」
 そこまで推理したツマは再びモミの木に手を当てた。
 「……さっきの男は彼女と会う前に誰かにここで会っているか?」
 ……YES。
 モミの木はイエスと答えた。
 「イエスだ。……それは男か?」
 「男?まさか彼氏がいたとか……」
 「違う!」
 ニッパーの横やりにツマは声を荒げて否定した。
 ……YES。
 ふたりの話をよそにモミの木はイエスと答えた。
 「イエスだ。間違いない。彼はこの公園で男友達に会っていたんだ。きっとあのベンチに座っていてケーキを二つ横並びに置いていたんだろう。まったく……会話が思い描けるよ……。男の友達が『お前、彼女がいるんだろーいいなー』みたいなことを言ってそれから『お前はカップルサンタトッピングしてたけど俺は一人だから寂しくシングルサンタケーキでも食べてますよー』みたいな話になってやいやい会話が弾んで別れる時に友達か男かがケーキを間違えたんだ。それで男が彼女の前で『ほら、カップルサンタケーキだよー』って見せた時にシングルのサンタケーキが入っていて慌てて友達を追いかけたんだろう」
 ツマの推理にニッパーはため息をついた。
 「なるほどっす。たぶんそうっすねー……ほら」
 ニッパーが慌てて戻って来た男を指差した。手には先程と変わらないケーキの箱。
 男はあやまりながら彼女の横に座った。箱を開けて中身を確認している。
 彼女が満足そうに頷いていた。
 「……青春っすね……」
 ニッパーはどことなくつまらなそうだ。
 「青春だね……。やっぱりケーキを友達のと間違えていたんだ……」
 ツマは推理が当たってどこか嬉しそうだった。
 「さー、夕方になってきたしそろそろパーティがはじまるっすね!」
 ニッパーはモミの木のまわりに人が増えてきたことに気がついた。よくみると露店のようなものが建ち始めている。
 「バイキング形式のごちそうだ。楽しみ」
 ツマもパーティの方に頭がいってしまった。彼女達は解決すればすぐに興味を失うのである。
 太陽が沈み、肌寒くなってきた頃、クリスマスツリーが点灯した。
 キラキラ輝くその美しさにツマとニッパーはしばらくうっとり見つめていたがパーティ開催となった瞬間にツリーよりも屋台の方にフラフラと動いていた。
 幸せなムードの中、ふわりと白い雪が舞ったがツマとニッパーは寒さを感じずにクリスマスパーティを楽しんだのだった。

最終話まよいチャイルド事件

 新年を迎える少し前。
 十二月三十一日。ツマとニッパーはのんびり天記神(あめのしるしのかみ)の図書館で年越しをしようとしていた。
 「あなた達ねえ……ご家族と一緒にいなくていいのかしら?」
 天記神が年越しそばを準備しながら呆れた顔でツマとニッパーに尋ねた。天記神は図書館奥の給湯室で現在山菜を入れてそばを煮ている。
 「いいの。私は正月に集まる予定だから」
 ツマは年越しそばのかおりを十分に楽しみながら天記神に言葉を返した。
 「私もそうっす。年越しは暇っすねぇ」
 ニッパーも年越しそばを気にしながら同じように天記神に返した。
 「……まあ、なんでここにいるのかわからないけど……とりあえず……年越しそばできましたよ」
 天記神がため息交じりに年越しそばを運んできた。
 「おお!年越しそばだ……」
 「年越しっす!」
 ツマとニッパーはすぐにそばに食らいついた。
 山菜たっぷりの温かいそばだった。
 「うまいっす!」
 「山菜をいただくのは木種の神としてごちそう……。皆ありがとう」
 それぞれ感想を言いながらツマとニッパーはあっという間にそばを食べ終わった。
 「……なんというか……すごい食欲だわね……。カウントダウンイベントとかに行ってくればいいのに……」
 天記神が頭を抱えながら言った言葉にツマとニッパーが反応した。
 「カウントダウン!?」
 「そうよー。イベントどこでもやっているわよー」
 「行きたい!」
 天記神に食いつくようにツマとニッパーが詰め寄った。
 「そ、そうねぇ。いってらっしゃい。……ん?」
 天記神がいつものようにイベント会場を教えてあげようとした刹那、図書館に何かが通り過ぎた。
 「え?何?今の……?今、なんか通った……」
 ツマとニッパーが不安げな顔を天記神に向ける。
 「……。魂が通ったわね……今……生きている人間の子供の魂が……」
 天記神は眉を寄せると図書館を通り過ぎた魂がどこの魂なのか検索を始めた。この図書館は霊魂の世界や夢の世界の通り道にある図書館だ。そして天記神は生きている者の魂がこちらの世界に入らないように監視をしている神でもある。
 「い、生きている子供の魂がここを通ったらやばいっすよね?こっから先は黄泉の国というか……死者の国というか……夢の国というか……」
 ニッパーがガクガク震えながら天記神に救いを求めるようにつぶやいた。
 「まずいわね……。魂の検索は終わりましたよ。日本人の子供。七歳の子。カウントダウンのイベントで夜の森に入った所、行方不明。寒い地域で雪が積もる山の中で迷子。そのまま眠ってしまっているようね。それにしてもおかしいわねぇ……。カウントダウンイベントは山の中ではやっていないのだけれど……なんでこの子は山で迷子に……」
 「とにかく、ここを通ったって事は生命が危険って事!こうしちゃいられない。ニッパー君!助けにいこう!」
 天記神の説明を聞いていたツマはいてもたってもいられなくなった。
 「行っても私達は人間に見えないから助けられないっすよ!」
 「それでも何かできるかもしれない!天記神はこの図書館から外に出られない制約つけられているんだから私達がなんとかするしかないでしょ!」
 ツマは怯えるニッパーを無理やり引っ張り、天記神に怒鳴った。
 「場所はどこ!」
 「……場所は……」
 天記神に場所を教えてもらったツマは不安げなニッパーを連れて図書館を飛び出した。
 

 現世に降り立ったツマとニッパーは問題の山に続く山道に来ていた。カウントダウンイベントが行われているのは広場でこの山道の入り口から少し離れている場所にあった。
 明かりはなく静かだ。山道付近で子供の両親と思われる男女が警察とともに泣きながら子供を探している。
 両親は山の中に子供が入り込んだことを知らないようだ。山道から引き返しながら近くの草むらを探している。
 「両親は子供が山に入り込んだことを知らないみたい……。たまたまここに探しに来たって感じするね」
 「警察が山に入り込んだかもしれないって言ったかもしれないっすね……」
 ツマとニッパーは考えながら山に入り込んだ。
 真っ暗な山をツマは迷うことなく進んでいく。雪が積もっているため、おそらく子供には辛い状態だろう。
 「神々はすぐに迷子のいる場所がわかるけど……伝え方が問題だ……。見つけても教えられない……どうするべきか……」
 ツマとニッパーは子供を見つけた後の事を考えながら歩いていた。
 どこかで動物の鳴き声が聞こえる。そしてとても寒い。そのうちまた雪が降って来るかもしれない。
 「……この辺にいるはずだと思うんだが……見つからないな……。子供の泣き声とか叫び声とか聞こえたらわかるんだが……。よし……あれを使おう。もう木々にYES、NOクエスチョンをして探している暇はない」
 「そうっすね……」
 怯えているニッパーの肩をそっと叩くとツマは目を見開き、手を横に広げた。ツマの瞳が黄緑色に光る。
 「山よ……入り込んだ子供はどこにいる……」
 ツマはツマツヒメとしての神力を解放し山全体に話しかけた。
 木々が揺れ、山全体も揺れた。
 しばらくするとツマの元に針葉樹林の葉が集まってきた。針葉樹の葉は風に舞い、道を示した。
 山道からそれた道なき道を記していた。
 「……こっちか……」
 暗いのと、雪が積もっているのとでどこが崖なのかもよくわからない。そんな足場の悪そうな山の中へツマはニッパーを引っ張り入り込んだ。
 「ちょちょちょ!危ないっすよ!」
 「大丈夫だ……私を誰だと思っている……」
 焦るニッパーにツマは厳しい顔つきでそう言った。ツマの力が原因しているのか周りに生えている草花が道を示し、歩きやすいようにすべて避けている。
 「す、すごいっす……」
 「こっちだ」
 ツマはどんどん暗い山道を進んでいく。足元は整った山道でもないのにとても歩きやすい。雪に気を付けて歩けばいいだけだ。
 しばらく歩くと街並みが見える高台に出た。高台といっても崖に近い。少し広めの原っぱが広がっている。その近くの木に横たわる子供がいた。この寒い中、薄着でマフラーなどもなにもしていない男の子だった。
 「見つけた……。見つけたけど……どうしてこんな格好で……」
 ツマは愕然と倒れている男の子を見つめた。
 「どうしてこんなところにこんな薄着で来ようと思ったんっすかね……」
 「……両親が必死で見当違いの場所を探しているって事はこの子は両親に何も言わずに独断でここまで来たんだろう。薄着なのはおそらく何か思い立って家からそのまま外へ出てきたんだ。何を思い立ったのか……わからないが」
 ツマはなんとなく高台からはるか下に広がる街並みを眺める。ビルの光や家庭の明かりがとてもきれいだった。そして気がつかなかったが遠くには海が見える。
 「……海……」
 「ツマっちゃん!それでどうやってこれからこの子の存在を両親に伝えるっすか?」
 「……」
 ニッパーの言葉にツマは答えず、何かを考えていた。
 「ツマっちゃん!」
 「……まさか……まさかここは……」
 「ツマっちゃん?ツマっちゃん!」
 ニッパーはぶつぶつ何か言い続けるツマを乱暴に揺すった。
 「はっ!」
 「ツマっちゃん……どうしたっすか?」
 ツマが我に返ったのを確認してからニッパーは心配そうに尋ねた。
 「ニッパー君、あそこの海は私達が七夕祭りで花火を見た所だ。手前のビル群の向こう側は田舎町だ……」
 「ああ、こないだの……それがどうしたっすか?」
 ニッパーはツマが何が言いたいのかわからなかった。
 「ニッパー君、この子はもしかすると夏にこの場所から家族で花火を見たのかもしれない」
 「……うん?」
 「ここはきっと穴場だったに違いない……。雑誌とかを見るとカウントダウンで花火をやるところもあるようだ。この子は……勘違いをしたのかもしれない」
 「……まさか……あの海で花火があがると思い込んでここまで突発的に登ってきたってことっすか?」
 「その可能性が一番高い気がする……」
 ツマとニッパーが色々話していると男の子がモゴモゴ寝言のようなものを言っていた。
 「花火……やるって……特別な時はここで花火があがるって……言ってた……パパァ……」
 男の子はそれだけ言うとまた口を閉ざした。体も冷たくなってこのままだと本当に死んでしまう。
 よく見ると相当無理をして登ってきたのか足を怪我しているようだ。
 「……やっぱり花火か……。どうやってこれを両親に伝えてこの子を発見してもらうかを考えないと……」
 「早くしないと低体温になっちゃうっす……」
 ニッパーが男の子を心配そうに眺めながらツマを急かした。ニッパー自体は焦りで何も思いついていないようだ。
 「もう花火で思い出してもらうしか方法がないのだが……人を私達(神々)が個人的に助けてしまうと私達が罪になってしまうし……。見守らないといけない立場もなかなかつらい」
 ツマは肩を落としてうなだれた。ニッパーはアイディアを出そうとてきとうに言葉をつぶやきはじめた。
 「……ドーンとあがる花火……。色とりどりのはなび……きれいな火……バチバチひばな……火花……火花……?あ!火花!ツマっちゃん!火花っす!」
 突然ニッパーが大声を上げた。てきとうに思いついた言葉を口にしていたら何か閃いたようだ。
 「火花って花火の逆じゃないか……」
 呆れているツマにニッパーはまくしたてるように言い放った。
 「違うっすよ!私は刀神!刀神は火を扱う神っす!『ニッパー』を遊びで作った時に火花を散らした事あるっす!つまり、私は火花を出せるっすよ!花火に見立てた火花を出せるっすよ!」
 「えーと……」
 ツマが混乱した頭でニッパーが伝えようとしている内容を考えているとニッパーが先に声を上げた。
 「ご両親の前で……真っ暗な山道で私が花火に似た火花を出すっす!ご両親なら何か気がつくと思うっす!」
 「ほお……なるほど……。それはいいかもしれない!時間がない。それをやってみよう!」
 ニッパーの提案にすぐさま乗ったツマは先程の山道へ向かって走り出した。ニッパーも慌てて後を追った。
 息を切らして先程の山の入り口まで戻って来ると子供の両親を見つけた。
 やはり見当違いの場所を必死に探している。両親もパニックになっているのか男の子の行動をまったく読めていないようだ。
 「よし。ニッパー君!頼む!」
 「了解っす!」
 ツマに元気よく頷いたニッパーはパンっと手を叩き、両親の前で大型の火花を発生させた。花火っぽく音は何かが弾けたような音にした。
 一発目で両親がこちらを向いたのでニッパーは何度も火花を発生させた。色は変えられなかったが鉄を削った時のような火花を無数発生させ、両親のためにニッパーは祈った。
 「気づけ!気づいてくれっす!彼は花火を見ようとしてあの崖にいるっすよ!」
 両親にはニッパーの声は聞こえない。姿も見えない。しかし、火花は見える。
 二人は不気味そうにパチパチ出てくる火花を見つめていたがそのうち、父親の方が何かに気がついた顔をした。
 「火花……じゃなくて花火だ……。俺が……特別な日には花火があがるって言っちゃったから……あいつ、勘違いしてもしかしたら……今日は大晦日だし……そろそろカウントダウンだし……」
 父親は母親に必死で説明をはじめた。
 母親は泣き崩れてパニック状態だった。何を話してもわからなくなっているようだ。
 「俺、行ってみる」
 「いそうな場所、わかりましたか?」
 父親の言葉に警察の方達が沢山集まってきた。
 「はい……。もしかするとって場所を思い出しました!今から教えますのでその周辺を探してください!」
 「わかりました!」
 父親はこの山に何度も登ったことがあるらしく、例の崖がある場所を的確に教えていた。
 そして自分も山道の中へと消えていった。
 遠くの方で彼の名前を呼ぶ声がする。
 「……ふう……これでなんとか……なったっすか……?」
 「あの父親が子供を見つけてくれることを後は祈るだけだ……」
 ツマとニッパーは母親のそばで父親が来るのをじっと待った。母親はずっと「神様、神様……お願いします……」と呪文のように祈っていた。
 ツマとニッパーは何にもできない事に胸を痛めたがずっと母親のそばについてやっていた。
 しばらくして雪を踏む足音が聞こえてきた。沢山の足音だ。おそらく警察の人達が帰ってきたのだろう。
 徐々に懐中電灯の明かりが見えてきて警察の人達の疲れた顔がうつった。その疲れた顔の中にはどこか安堵の雰囲気もある。
 その後、警察の人に囲まれて父親が男の子を抱っこして涙ぐんでいるのが見えた。
 「……見つかったんだ……良かった……」
 「生きてるっすよね?」
 ツマとニッパーが不安げな顔で見守る中、父親は母親の元へ駆け寄った。
 「見つかったぞ!少し低体温になりかけているみたいだが無事だ!」
 父親の声に母親が先程とは違うあたたかい涙を溢れさせた。
 警察の人達が呼んだのか遠くでは救急車の音が聞こえていた。
 男の子は父親の腕の中で毛布にくるまれて安心した顔で眠っていた。
 「ああ……良かった……」
 ツマとニッパーが安堵で腰から崩れ落ちた時、すぐ近くの広場で「ハッピーニューイヤー!」と盛り上がる声が聞こえた。
 「あー……カウントダウンイベントが終わっちゃったっすね……」
 「……今は楽しめない……。楽しめないが……とりあえず、あけましておめでと……ニッパー君……」
 「おめでとっす……ツマっちゃん……」
 ツマとニッパーはお互い苦笑いしつつため息交じりにうなだれた。
 
 
 あれから三日が過ぎて再びツマとニッパーは天記神の図書館でぬくぬくしていた。
 「ああ、あの子、無事だったみたいね。足の怪我も大したことなかったんですって?」
 今日の天記神はやたらとツマ達に優しかった。ツマとニッパーは最高級おせちとお雑煮をごちそうになりホクホクした顔をしている所だった。
 「そうそう。頑張った甲斐があった。ニッパー君の火花が良かった」
 「ツマっちゃんの推理がけっこうさえていたっす」
 お互いをやたらと褒め合う二神を眺めながら天記神が食後のお茶をすばやく出す。
 「ほんと、あなた達には今回ばかりは感謝します」
 天記神はほほ笑みながら閲覧コーナーの椅子に腰かけた。
 「ところで……」
 「ん?」
 ツマが何か言いかけていたので天記神とニッパーは耳を傾けた。
 「私、探偵やめようと思う」
 「え?なんだか突然ねぇ……」
 「ええっ!推理ごっこやめちゃうんっすか!」
 ツマの発言に天記神は呆れた顔をし、ニッパーは心底驚いた顔をした。
 「うん。なんか今回の事件を考えると私のやりたいことは推理じゃなくてレスキューなのかもって思った」
 「れ、レスキュー……」
 ツマの言葉に天記神とニッパーは驚きすぎて声が出なかった。
 「な、なんだかいやな予感がするっす……」
 「……わたくしもなんだかいやな予感が……」
 天記神が閲覧コーナーの机に積んであった沢山の山岳レスキュー本をちらりと見る。いつの間に本棚から出されたのかわからないがツマが熱心に読んでいたようだ。
 「しゅ、趣味が変わったようね……」
 天記神が顔を引きつらせてニッパーに目を戻した。
 「しかも山岳レスキュー……まさか全国の山を回るってわけじゃないっすよね?」
 「ニッパー君!今もどこかで遭難してしまった人もいるかもしれない!冬休み時期だ!山登りをして迷った人がいるかもしれない!助けるぞ!ニッパー君!」
 「やっぱりそうなるっすか!」
 ツマの目の輝きを見て半泣き状態になったニッパーは天記神に助けを求めるべくアイコンタクトを取った。
 「そんな目で見られても……彼女は一回言ったら聞かないでしょ……。どうせ暇なんだから行ってきなさい」
 「今日はお雑煮食べてのんびりぬくぬくする予定だったのに!」
 ニッパーの叫びもむなしく、やる気満々のツマにニッパーは引きずられるように連れて行かれた。図書館を出るまでニッパーは何か叫んでいたが全く意味をなさなかった。
 「ふう……探偵ごっこは一年で飽きたか……。しかし、今年一年もあの子達とは戦わないといけなそうだわね……」
 天記神はため息交じりに半開きになっていた図書館のドアを閉めた。

こうして事件だらけの一年間は終わったのである。

TOKIの庶民記『神々の探偵事務所!』(H29執筆)

TOKIの庶民記『神々の探偵事務所!』(H29執筆)

木々に「YES」「NO」のクエスチョンを投げかけると木々が『YES』『NO』で答えてくれるという能力を持つ少女、草木の神であるツマツヒメ神のツマとそれに悪乗りしている少女、刀身の神、天之娘影神(あめのこかげのかみ)ニッパーが日常のどうでもいい事件を推理し、解決する物語。 無駄にアツい彼女達は事件を解き明かすことはできるのか……。 TOKIの世界書シリーズですが関係ありません。

  • 小説
  • 中編
  • ミステリー
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY
原著作者の表示の条件で、作品の改変や二次創作などの自由な利用を許可します。

CC BY