これがミソよ

かなかな

毎日のおかずは続けば飽きますが、不思議なことに味噌汁は毎日飲んでも飽きません。

 毎日のおかずは続けば飽きますが、不思議なことに味噌汁は毎日飲んでも飽きません。味噌汁は同じ具が二、三日おきに出てもそうです。
 大根と油揚げ。
 なす。
 わかめと豆腐。
 玉ねぎとじゃがいも。
 これらが繰り返されてもなぜか飽きない。味噌汁はそれだけで一品のいいおかずになります。
 先日、母と話してなるほどと思いました。
「これがミソよ」
 こういう言葉はなんとなくで知っていて、あらためて考えると「なんだろうミソ?」と思います。それが味噌汁の話で納得しました。
 味噌汁は飽きません。毎日飲めます。朝晩も、いや朝昼晩もです。
 おかずならば同じものが出ればすぐ飽きるのに、味噌汁は中身の具を少し変えるだけでいい。なんなら二、三日おきに似たものを繰り返してもいい。これが飽きません。
 主菜、副菜に比べて凝った作りなど必要ありません。だしを取り、具を煮込んで味噌をとけば完成です。他の調理の合間にできるという優れもの。
 その話を母としていると、母曰く味噌が味の決め手だからだと。そして「これが味噌よ」と笑いました。
 そう味噌。味噌で決まります。味噌汁が飽きないのは味噌のおかげ。
 味噌ばんざい。

これがミソよ

これがミソよ

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted