【天の都】―ウェザーユートピア―  第一章:慈雨の救世主

リザリカ

  1. Prologue
  2. 第一部 夏の日の出会い

リザリカの各ファンタジー小説三作品、通称リザ世界の物語の一つ【ウェザーユートピア】の第一話です。
めくるめく幻想の世界へ……などと大きなことの言える作品ではありませんが、お暇潰しにでもしばしファンタジーの世界に浸っていただけたら幸い。
よろしくお願いします。

Prologue

 天に在りし虹の郷。地に在りし生命の楽園。
 双つの〈世界〉に災禍降りかかり、その天地を穢す時、天は地へ堕ち、旧き虹は消える。
 連綿と受け継がれし生命は、〈死神〉のもたらす眠りに陥るだろう。
 そして、天地が再び相見えしその時、双つは一つとなり、はじまりへと還るだろう。
                                         【堕ちる天の伝説より】



 天が堕ちたらどうなるのだろう。私は常々そんな想いを巡らせていた。
本来交わるはずのない双つの存在が、融け合って一つになるかもしれない未来。この場にいる誰もが望まざる未来。そして、これっぽちも想像の付かない未来。
もしも、この未来が現実となって現世に押し寄せた時、私たちはどうなってしまうのだろう。
 「また例の伝説について考察中か」
 ふと隣から声がした。私のよく知る男が、いつの間にか隣に座って私を見ていた。
立った状態ではもちろん、座っていても私と彼の身長差は明らかで、私は彼をつ、と見上げた。
 「……心でも読んだか?」片眉を上げて苦笑する。まるで胸の内を覗かれたような発言に少々驚いたのだ。
 「まさか。読心術の”魔法”は禁止対象の一つだろうが。そうでなくても、俺たちに使えるわけがねえ。只、てめえの考えてることなんざ、この俺にはお見通しよぉ」
 敵わんな。そう言って溜息を吐くと、彼はにやりと笑った。
私とは乳飲み子の頃からの付き合いである彼。普段は何やかやと煩く、少々とぼけたところがあるそのくせ、私の考えていることは何故か正確に察知してしまう。
それほどまでに私は分かりやすいのだろうか。それとも、私との長い付き合いの中で彼が会得した能力のようなものなのだろうか。
 「そう深刻になるな。そんな伝説なんざ、すぐに覆せる日が来る。何てったって、”二つの(とき)”が満ちたんだからな」
 昔からこの男は変わらない。あっけらかんとしていて、常にその瞳は前を見据えている。
軽率に言っているのではなく、強い意志と自信の下に私を励まそうとしていることは、親友たる私にはすぐ分かった。
普段ならば、その太陽のような明るさにつられるように頷き返せたことだろう。だが、今回は違う。それが容易くできるほど、事が単純ではないからだ。
 「……”二つの(とき)”が満ちたことは確かに喜ばしい。だが、心からは喜べない。お前とて……同じだろう」
 そう言うと、彼はうっ、と声を漏らして少し俯いた。
 他の者であったら違ったかもしれない。けれども、私と彼は、否、私と彼だからこそ、この状況を喜ぶのと同じか、あるいはそれ以上に憂いを覚えていた。
 何故なら、”二つの(とき)”という言葉が意味しているのは――――。
 「……そろそろ会議のお時間ですよ」
 背後から声をかけられた。振り向くと、使用人が私たち二人を遠慮がちな眼差しで見ていた。深刻な話をしていると思ったのだろう。それは事実なのだが。
 「もうそんな時間か」
 「分かった、すぐに行く。わざわざすまん」
 彼と私が答えると、使用人は軽く一礼して立ち去っていった。
私たちは、座っていた石段から腰を上げ、軽くほこりを払った。そして、その石段を上り、玄関口である扉をくぐった。
 これから行われる会議でも、”二つの(とき)”について触れることだろう。それからもう一つ、事を複雑にさせている何よりの原因について。
 (……情けない話だ)私は廊下を歩きながら唇をきっと噛みしめた。
 私たちですら頭を悩ませ、力の限界を感じ始めているこの問題に、これから輝かしい未来を歩むはずの”二つの(とき)”を巻き込まざるを得ない、この状況。
私も彼も、「父親」として何もしてやれないもどかしさ。それらが情けなくて仕方がなかった。
 (あの子たちが生まれてきた日以来、覚悟はしていた。だが、こうも早く”(とき)”が満ちるとは、誰が思っただろうか)
 それはいわば、宿命。受け容れる他はなく、人の子の力ではどうすることもできない、〈神〉による絶対の決定。それを前に、人の子とは何と無力なことだろう。
変えられるのならば、少しでも”(とき)”が満ちるのを遅くできるのならば、どんなにいいだろう。
 しかし、これはあの子たちにしかできない使命。
あの子たちでなくてはならない。私も、彼も、そしてこの会議の参加者諸々も、あの子たちの力を必要としている。
 だから私は、心でそっとあの子に、我が子に語りかける。

 待っているぞ、愛しい息子よ。
 双つの〈世界〉を優しい雨で包み込む、水の子よ。

第一部 夏の日の出会い

 僕は、僕の名を呼ぶ声で我に返った。
 自分の手元さえ見えない暗闇の中に僕はいた。辺りを見回しても黒以外の何色も目に映らない、そんな世界に響いたのは、低くよく通る男性の声だった。いや、正確には僕自身の脳内に直接響いた、という方が正しいだろう。
 声の主を探してみても、周囲を支配しているのは掴みどころの無い暗闇だけ。人の影があっても紛れてしまい、目で確認するのは不可能だ。
 けれども、姿なんて探さなくても、分かっている。
 低く、優しく、聞く人を安心させる温かさを持ったこの声は、”ここ”で何度聞いたか分からない。誰の声なのか、とっくのとうに知っているんだ。
 『――――……渚』
 何回か呼ばれてから、僕はようやくその呼びかけに答えた。
 「……誰?」
 口から零れた声は頼りなく、ずっと黙っていたせいか掠れている。発した自分の声が闇へ完全に溶けていった頃、僕はあるものを見つけた。視線の先、黒い視界の一点に、ぽつりと小さくぼんやりした光だった。光は時々ゆらゆら揺れながら、少しずつこちらに近づいてくる。
 接近するに連れて、光源の正体と、僅かな光の中に人影があることが分かった。光を発していたのは古めかしいランプだ。しかしそれはあろうことか、人影の斜め虚空を漂うように浮かんでいるというへんてこなものだった。ランプの光はあまりに弱く、この濃い暗闇の中ではあまり役に立っていない。おまけに照らしどころも悪いのか、人影の特徴は満足に分からない。
 ……少なくとも、この時点では。
 僕には分かっている。この人影が男性であることも、背が高いことも。何故ならこれは、何度も見ている夢だから。何度も同じ内容が繰り返されるこの夢を見ている”僕自身”は、その詳細も結末も知り尽くしている。
 尤も、今の僕は夢の中の登場人物でしかない。だから夢のたびに同じことを疑問に思い、同じ行動をし、同じ言葉を繰り返す。今回も例によって、夢の中の僕はやっと立ち止まったその人に尋ねる。
 「どなたですか……?」
 答えは無い。代わりに、彼は手に持っていたらしい長物(ながもの)をそっと差し出してきた。戸惑いながらも受け取ると、それはどうやら杖であるようだと分かった。先端に青い石が付いている木の杖だ。
 いきなりそんなものを渡されてもどうすればいいのか分からない。杖とその人を交互に見やっていると、彼は僕の前に片膝を立ててしゃがんだ。どうしたんだと思っていると、こちらへそっと手を伸ばしてきた。驚いた拍子に思わず目を閉じてしまう。
 その人は僕の首の後ろに手をやり、何やらごそごそとやっているようだった。紐か何かをうなじで結んでいるような、そんな仕草に思えた。しばらくして気配が離れたのを感じ、目を開けた。すぐ目の前にはその人の顔。暗くて表情がよく分からないけれども、口許には笑みが浮かんでいるように見えた。
 つ、と視線を下げると、胸元に何かが見えた。か弱いランプの光を頼りに目を凝らすと、どうやらペンダントのようだ。
 杖に引き続き、ペンダント……?この時の僕はますます訳が分からなくて首を傾げる。この人の意図に皆目見当が付かない。そんな僕を他所に、その人は無言ですっと立ち上がると踵を返した。
 「あ、えっと!ま、待って……!」
 そう、ここで僕はいつも彼を慌てて呼び止める。何故かこの時、この人がいなくなってしまうと思うとひどく寂しくて心細い思いに駆られるからだ。
 その人は、立ち去りかけた足を止めると、少し間を置いてから(おもむ)ろに振り返る。その時だ、か弱かったはずのランプの光が突然強さを増して、彼の不確かだった顔を照らし出すのは。それでいてなお、彼の顔ははっきりと見えない。けれども、分かる。この顔が誰なのか。
 「――――と、う……さっ……!!」
 呼びかけようとした途端、喉が詰まって声が出なくなる。その間にも、彼の姿を隠すように、或いはこの闇を喰らい尽くすように、ランプの光が一層強まる。目が眩むほどの光の中、しかし確かに目にするんだ。光の中、彼が……僕の父が、優しくもどこか物憂げに微笑み、青い泡のような光の球となって弾け、消えていくのを。そして、同時に耳にするんだ、その声を。

 『待っているぞ、渚』

 「――――っ!!」
 目を開いた瞬間、飛び込んできた光の眩しさに反射的に顔を逸らした。同時につぶった目を恐る恐る開くと、ベッドの脇にある窓が明るいことに気が付いた。
 (……朝か)ちょっぴり眩んだ目をこすりながら、枕元の目覚まし時計を手に取る。現在は七時半を少し過ぎたくらい。アラームは八時設定だったから少しだけ早起きだ。二度寝する気にもなれないので、時計のアラームを切ると、そこでやっと昨夜カーテンを閉め忘れていたのを思い出した。見れば遮光カーテンはほとんど全開になっている。眩しいわけだ。
 ……いや、そんなことは今はどうでもいい。それよりももっと心に引っ掛かることを思い出し。僕は溜息を|()いた。
 また、あの夢だ。ここの所三日に上げず見るようになった、父さんの夢。何故夢に父さんが出てくるのか、何故出てきても何も語ってくれないのか、そして最後に残す「待っているぞ」という言葉の意味は何なのか、分からないことは多い。ただはっきりしているのは、この夢から覚めた後は必ずやり場の無い寂しさが後味悪く残る、ということだ。
 (もう考えるのはよそう、気が重くなる)
 もう一度|()いて、ベッドからもぞもぞと出る。そこであっ、と声を上げる。そうだ、今日は図書館に行くんだった。そのためにわざわざ早起きしたのに、危うく忘れるところだった。それをきっかけに、ひとまず夢の後遺症は頭の片隅に追いやることにして、僕は早速着替えに手を付けた。今日は予約していた本が届いているはずだ。昨日図書館から連絡があったし間違いない。
 昨日見た天気予報では朝から暑くなるというので、薄手のジーンズにTシャツ、一応半袖の上着を着る。図書館は涼しいだろうから、念のためだ。あとは図書館で本を借りる時に必要な証明カード、財布、勉強道具をデイパックに詰めて、自転車の鍵をジーンズのポッケに入れてっと。ああそうだ、最後にやっておくことが一つある。
 ベッドの向かい側にある箪笥。僕の胸の辺りくらいの大きさのその上には、水を張った小さな水槽が置いてある。僕が顔を近づけると、まるで僕の気配に気が付いたかのようにひょこっと小さな頭……いや、一匹のイモリが水面から顔を覗かせた。
 「おはようチョロ」現れたそいつに小さく声をかけると、イモリは大きくつぶらな瞳でじぃっと僕を見つめ返す。それがこいつなりの返事だと解釈している僕は、水槽の横に置かれた容器から固形イトミミズを一つつまんで水槽にぽとりと落とす。これがこいつの、チョロの朝ご飯であり、僕が部屋を出る前に必ずする日課の一つだ。チョロは餌に気が付くや否や、待ってましたとばかりにかぷかぷ食いつき始めた。
 それを確認してから、僕はひとまずデイパックを手に持って、ようやく部屋を後にした。階段を小走りに下り、荷物を玄関に置くと、リビングを通って台所へ向かう。
 「母さん、おはよ!」
 「おはよう。渚ったら今日は早いのね、今日は土曜日でしょう」
 母さんはエプロン姿で朝ご飯の用意をしていた。いつものように、僕と似ても似つかない黒髪をすっきりと束ねてまとめている。
 「うん、でもこれから図書館行くんだ。今日は予約してた本が届いてるって連絡があったんだ。ついでに図書館で少し勉強してくるよ」
 「そっか、もうすぐ期末テストだもんね。読書も大切だけど、ちゃんと勉強もするのよ」
 睫毛の多い黒目を細める母さんに「わかってるよぉ~」と唇を尖らせてお道化た調子で返事をすると、ちょっとウケたのかくすっと笑われた。僕も連られて小さく笑う。
 「朝はハムエッグとトーストでいい?」
 「うん、いいよ」
 冷蔵庫から出したジャムとマーガリンを僕に託し、母さんはフライパンを火にかけ始めた。僕はその間に食パンをトースターに入れて、テーブルクロスや食器を準備した。

 焼き上がったトーストにマーガリンとジャムを塗っていると、ハムエッグが運ばれてきた。母さんも朝食がまだだというので、一緒に食べることにした。トーストをもう一人分追加で焼き、それにもマーガリンとジャムを塗る。少しして、母さんも自分の分として焼いたハムエッグを持って僕の向かいの席に座った。準備が整ったところで、二人でいただきます、と声を揃える。
 食べる傍ら、母さんがテレビを点けるとちょうど朝の情報番組がやっていた。MCとパーソナリティーのタレントや芸人たちのやり取りが終わってしばらくすると、ニュースを伝える時間になった。アナウンサーの男性がニュースの数々を読み上げるのを聞き流していると、その中でも僕の耳がキャッチしたニュースが一つあった。
 『世界各国で異常気象多発』
 ここ数年、日本では異常気象や自然災害が増えていることは僕も知っている。夏の異常なほどの暑さ、激しいゲリラ豪雨、突発的な竜巻、頻発する地震、各地で発生する嵐、冬の大雪。それに伴うありとあらゆる災害。連日のように報じられるそれらは、日本全国で枚挙に暇が無い。そしてそれは、今や日本だけではなく海外の国々でも大きな問題になっているのだという。今流れているニュースでも、アメリカやヨーロッパの国で嵐が頻発しており被害が出ている、と語られていた。
 「……怖いわね」母さんがどこか物憂げに呟く。確かに、ここ最近の異常気象は他人事ではない。ついこの前、学校でも熱中症で倒れた生徒が何人かいたし、僕自身も予報外れの土砂降り雷雨に見舞われたことが何度もある。季節に沿ったもの以外で言うなら、地震や急な竜巻などもこの頃多くなった気がする。
 「何か最近変だよねぇ」
 トーストをかじりながらテレビ画面を見つめる。テレビには先日大雨が降った都市や、竜巻が発生したところを撮影した視聴者投稿の映像が流れている。
 「そうね、どうしちゃったのかしらね……」
 コーヒーをすすった母さんが答えた。同じくテレビを見つめているけれど、その瞳はどこか別の場所を見ているように思える。
 (異常気象か……)厄介だなぁ、と心中で呟く。今日は雨の予報は無かったはずだけど、最近のことを考えると突然降られることもあり得る。自転車で出かけるし、合羽を持っていこうかな。
 食事を終えると、八時半になろうとしていた。その後は洗顔と歯磨きをして、寝癖の付いた髪をくしけずる。うぅん、相変わらずこの癖っ毛は手強い。いくら梳かしてもハネた髪が真っ直ぐにならない。もはや寝癖なのか元からの癖なのか分からないや。とりあえず外に出られるくらいには整えて、デイパックに合羽を詰め込んで、やっとこさ準備完了。背中にデイパックをよいしょっと背負い、一度振り返る。見ると母さんが見送りに玄関まで来てくれていた。
 「じゃあ、行ってくるね」
 「ええ、行ってらっしゃい。気を付けてね」
 母さんの柔らかな微笑みを受け止めて、僕はドアを開けた。


 小学生の頃から愛用している自転車にまたがって、強くペダルを漕ぎ出す。
 六月も終盤。まだ梅雨から抜けていないとはいえ夏が近づいた朝の光は眩しい。けれども早い朝の空気は比較的涼しく、風を切れば何とも心地良かった。
 あまり大きくはない住宅街を抜け、道路沿いを走る。図書館は住宅街を抜けて南に少し行った所にある。土曜日のこの時間帯は人通りも車通りもあまり多くないので、思い切り自転車を走らせることができた。涼しい風の気持ちよさと、早く図書館に行きたい気持ちとが合わさって、僕は思わずふっと腰を浮かせた。そして、目一杯ペダルを踏み込んで立ち漕ぎをする。さっきよりも強く風が頬をなぶった。このスピードで行けばちょうど開館するくらいに到着するかな、などと少しだけ胸を弾ませて住宅街を走り抜けた。
 ――――……のはいいのだけれど。立ち漕ぎを始めてから数分後、僕は若干息が上がっていた。理由は、坂道を立ち漕ぎで登り切ったからだ。
 図書館に行くルートはいくつか知っているけれど、一番の近道は「裏山ルート」と呼んでいる行き方だ。かつて通っていた小学校の裏手にある小さな山。その前を通るルートなら、住宅街をそのまま抜けるより十分くらい速い。けれども、そのルートを使う時に必ず立ちはだかるのが坂道だった。裏山の出入り口前にあるこの坂は若干傾斜が厳しい。いつもの僕ならば無難に自転車を降りて押していくところなのだけれど、今日はそのまま立ち漕ぎで坂道に挑んでしまったのだ。その結果、坂はいつもより早く登り切れたけれど、息が切れるのもいつもより早かった。
 (慣れないことはするもんじゃないや……)
 自分の体力の無さをもう少し考慮するべきだった。僕は普通の人よりも体力が無いのだから。急がなくたって予約した本は逃げていかないぞ、僕……。
 裏山に面した道に出る頃にはすっかりスピードが落ちていた。ひとまず、裏山の入口付近にある大樹の木陰に自転車を止めると、その逞しい幹にもたれかかり、息を整えながら涼む。弱く吹く風にも木の葉はゆらゆらと揺らいで、お互いに擦れてはサラサラという軽やかな音を立てる。それも涼しさを一層引き立てている気がして、思わず息を漏らした。
 呼吸が落ち着いた頃、何気なく山道の方に目をやった。整備され奥まで続いている道や、その左右に佇む樹々を見つめていると、段々と懐かしくなってきた。そういえば、この裏山の前で足を止めたのはいつ以来だろう。
 名前さえ付いていないこの小さな山は標高も勾配もそれほど厳しくないので、地元の人たちには散歩がてら自然を楽しむ場所として、子供たちからは天然の公園のような場所として親しまれていた。それは僕も例外ではなく、小さい頃はこの裏山が友達との遊び場だった。幼稚園の年中から小学校の低学年くらいまでは、友達と毎日のようにこの山で探検ごっこをしたり、かくれんぼをしたり、秋にはどんぐりや松ぼっくり拾いなんかもしたっけ。今でもたまに通りかかると小さな子供たちが山に出入りして駆け回っている姿を見かけるので、ここは昔と変わらず地元の子供たちの遊び場、或いは秘密基地のような役目を果たしているはずだ。
 小学校中学年辺りからは徐々に足も遠のき、中学に入学してからは勉強や家の手伝いなどに時間を取られてしまい、気が付けばすっかり遊びに行かなくなっていた。図書館へ向かう時にこの山の前はいつも通るけれど、ここで遊んだ思い出は記憶の片隅に追いやられていたせいか、目には映れど足を止めることはなかった。
 今、ここにこうして訪れたのは全くの偶然だけど、見慣れた景色が目に映った途端、ぽっと火が灯るように懐かしさが生まれた。それは少しずつ大きくなっていき、僕の内側にゆっくりと広がっていった。そのせいか、ふとある思いに駆られた。
 ――――久々に登ってみようかな。
 図書館には早く行きたかったけれど、あまり早くに行っても時間を持て余すかもしれない。時間はたっぷりあるんだ、しばらくぶりに山に登って、自然を味わうのもたまには悪くない。それに何といってもこの山は子供でも容易に登れるほど易しい山だから、体力の無い僕にも割とあっさり登れてしまう。軽い散策にはもってこいだ。
 自転車では進めないので、とりあえず木陰にそのまま駐輪しておくことにした。鍵をかけて、キーをポッケにしまうと、デイパックを背負い直す。よし、と誰にともなく呟いて意気込み、踏み慣らされた粘土質の山道へ足を踏み入れた。



 最後にここを訪れた時から少なくとも三、四年は経っているはずだけど、山の景観はあの頃とちっとも変わっていなかった。強いて言えば、伐採された跡と思われる切り株が以前より増えている気がした。
マテバシイやクヌギの樹々が織り成す雑木林、うずくまるように茂るツツジの葉、苔むした岩、どこかから聞こえてくる鳥の声、なめらかな地面に揺れる木漏れ日。そのどれもが、僕の中に生まれた懐かしさを強めた。いわゆる森林浴というのだろうか、山の中には清々しい空気が満ちていた。そんな空気を乗せたそよ風が時々ふっと吹き抜けては、木の葉をサラサラ奏でてどこかへ消えていく。思わず深呼吸すると、爽やかでひんやりした空気が体を巡っていく気がした。そういえば森林浴って、植物の出す化学物質のおかげで癒し効果があるって何かの本で読んだな。その手のことにはあんまり詳しくないけど、森の中を歩くと気分転換になるのはそういうことなんだろうな。
 なんてことを考えながらも、引き続き山の景色を楽しむ。辺りを見渡せば、見覚えのあるものをいくつか発見した。
 ――――あ、あれはよくかくれんぼで使った樹のうろ。小学生くらいなら三人は入れるくらい大きいんだよね。――――あれは小さい洞窟。あそこを秘密基地にしてごっこ遊びをしたっけ。――――それからあの岩。僕らは「とんがり岩」と呼んでいたそのごつごつの大岩は、誰が一番速く登ってその上で立てるかの競争をするのにもってこいだったなあ。
 何も知らない人からすると、どれもこれも何の変哲も無い自然物でしかない。むしろ見分けすら付かないだろう。でも、この山で毎日遊んでいる子供たちは、わずかな目印だけであらゆる自然物の見分けが付く。僕も、その一人。
 あれこれ思い返しながら、のんびり山を登っていく。やがて十五分ほど経っただろうか、ようやく山の中腹辺りの或る場所にやってきた。朱塗りの少し剥がれ落ちた、それでも大きく立派な鳥居。奥に見えるのは、すっかり寂れて古ぼけた拝殿。山道の目印である石畳の途中、脇には手水舎があり、石造りの水溜めと獣か何かの形を模した水道がある。もちろん今となっては、水はすっかり干上がっているけれど。
 そう、ここは言わずと知れた神社。確か名前は「大奈神社」だったっけ。僕が生まれるよりずっと前から既に然るべき人々はいなかったというこの神社。本来の役目を失ったここは、今では散歩に訪れる人や山遊びで疲れた子供たちの休憩に使われたり、かくれんぼや鬼ごっこで遊ぶ時に使ったり、すっかり地元の人々の馴染みと憩いの場になっている。ここもまた、かつての僕たちにとっては遊び場だった場所の一つだ。
 「……久々に来たけど、全然変わってないや」
 呟いて、鳥居の外側から境内を見回す。この景色が当たり前だった頃のことが思い返されて、俄然懐かしさが込み上げてきた。
 今の時間、流石に神社に遊びに来ている子供はいないようで、しんと静まり返っていた。まるで、ここだけ別の時間が流れているかのような、不思議な雰囲気……と、そこまで思いを馳せて、ふと思い出したことがあった。
 僕がまだ小学一年生くらいだった頃だったか。友達からこんな噂を教えてもらった。
 『大奈神社の鳥居を、目をつぶったままくぐると異世界に行ってしまう』
 これはこの神社を遊び場にしている子供たちの間で、かなり前から|(まこと)しやかに語り継がれてきた話らしい。噂によると、この方法で異世界へ行ってしまった人間は二度と元の世界に戻ってこれなくなるらしい。異世界へ入った途端に戻るための出口が閉じてしまうだとか、異世界に棲む化け物の餌食になるだとか、この世のものとは思えない綺麗な景色に心を奪われて帰る気持ちそのものを失ってしまうだとか、話のディテールは話し手によって違っているものの、話の大筋は「異世界に行ったら帰ってこれない」ということで一致していた。
 元々そうしたオカルトじみた話を信じやすかった上に、話を知った当時は幼かった僕は当然その噂を素直に信じ、「鳥居をくぐる時にまばたきしないようにしないと」と幼いなりに細心の注意を払ったものだ。もちろんといえばもちろん、周りの大人は誰もこの話を信じてなかった。所詮は噂、根拠も無い眉唾な話、差し詰め地元の老人が子供たちの退屈を紛らわす為に作ったお伽噺に尾ひれが付いた程度のものだろう、とこの話を一笑に付していた。
 今思えば、そんな大人たちの意見はご尤もだと思う。学校の七不思議とか、都市伝説とか、昔から噂に上がる迷信めいた話の数々は、やはりどこまでいっても信憑性に欠ける不確かなものだ。多少分別が付くようになった今ならそう理解できる。でも個人的には、あながち全てが嘘ではないとも思っている。「火の無い所に煙は立たぬ」とはよくいうもので、少なくともそういった話というのは何かしらの不思議な出来事があったから生まれる、という考え方も出来る。大奈神社の鳥居の噂も、もしかするとそんな経緯で生まれたのかもしれない。
 それに、もし「異世界へ行く」なんて、そんな不思議なことが本当に起こったらそれはそれで素敵だとも思う。むしろ僕はその異世界が存在するなら行ってみたいとすら思う。なんて、とても他人には言えたものではないけれど。
 鳥居を見上げ、しばらくじっと見つめる。それから視線を下ろして、|(おもむろ)に「うん」と頷く。
 異世界、というワードは魅力的だけど、残念ながら結局は噂話。信憑性云々は置いておくとして、異世界に行くというその方法をちょっぴり試してみてもいいかもしれない。あの頃と違い、噂は噂でしかないと分かっている今は怖くも何ともないから。
 (まあ、本当に異世界に行っちゃったらその時はその時……ってね)
 だからこそ、そんなお気楽なことも考えられたのだろう。僕は目を閉じると、一度ゆっくりと深呼吸をした。そして、そっと大股で歩き出し、そのまま鳥居をくぐった――――。
 ……五歩ほど歩いてから、止まって目を開けた。時間をかけて辺りをゆっくりと見渡す。大股で歩いたので鳥居はとっくにくぐり切っており、僕は石畳の真ん中くらいにいた。視界に入るのは目の前の拝殿、その前に佇む一対の狛犬、横に見える手水舎、絵馬堂に社務所、その他諸々……うん、見る限りは何一つとして変わったところは無い。僕の知っている神社のままだ。
 「……あはは、そりゃそうだよね」思わず苦笑混じりに零した。心のどこかで「本当に異世界に行けたらいいな」なんて、冗談でも思っていた自分が何となく恥ずかしかった。誰が見ていたわけでもないけど、誤魔化すように境内を歩いてみた。とはいっても、廃神社となったここには見て楽しめるものなんて皆無に等しいのだけど。
 それでも何気なく、|(やしろ)の周りをぐるりと巡ってみる。木造の柱や回廊の床は、風雨に晒され手入れもされずにいたからだろうか、所々朽ちて腐りかけていた。最近地震も多いのに壊れずにいるのが不思議なくらいだ、そう思いながらゆるゆると歩いていると、|(やしろ)の真後ろまでやってきた。
 本来神社は、|(やしろ)が本殿(御神体を祀る|(やしろ))と拝殿(参拝するための|(やしろ))の二つに分かれているのが一般的だという。けれどもこの大奈神社は、この小さな山そのものを御神体としているので、本殿は存在しない形式の神社なのだ、と学校の歴史の先生から聞いたことがある。
 だから、拝殿の後ろにあるのは本殿ではなく防風林だけだった。そこは日が当たらないせいで少々薄暗く、土はどこか湿っている印象で、ナメクジやクモといった生き物が快適に過ごしていそうな場所だ。防風林以外の変わったものは無い、と思っていたのだけど、目を凝らしてみると気が付くことがあった。林の少し奥の方に、どうやら小道らしいものが見えたのだ。
 あれ、こんなところに道なんてあったっけ。僕ははて、と首をひねった。神社でよく遊んでいた頃も|(やしろ)の裏手に来たことはもちろんあった。もしも当時から道があったなら、その時に気が付いてもおかしくないはずだ。いや、けれど当時は小さな子供だったし、遊びに夢中できっと気が付かなかっただけか。仮にその時道に気が付いていたのだとしても、昔のことだし綺麗に忘れていたのかもしれない。
 とにかく、林の奥に見つけたそこに、僕は好奇心をくすぐられてしまった。腕時計を見ると既に九時を回っている。図書館が開いてすぐくらいだ。
 「……急ぎじゃないし、いっか」
 結局勝ったのは、持ち前の好奇心。言い訳をそっと呟き、僕は樹々の間をくぐり抜けた。
 枝が絡み合うようになっていて歩きにくい、と思ったのは最初だけで、しばらくすると視界が開けた。そこには何と、並木道がずっと伸びていたのだ。そこからの道は歩きやすく、どうやら人の手で整備されたものだと分かった。でも、だとしたらこの先には何があるのだろう。全く想像が付かないまま、それでも心のどこかにほんの少し期待を抱いて歩いていくと、見えてきたものにハッと息を呑んだ。
 1mほど先、目に飛び込んできたのは、このご時世には珍しいくらい古風な日本家屋だった。それもなかなかに大きくて、家というより軽いお屋敷に近い。それなりに裕福な人でも住んでいそうな雰囲気だ。見ただけでは住んでいるのかどうかはさすがに分からなかったけれど。それが防風林の奥にあっただけでも十分びっくりだけど、よく見ると家の前には人影があり、二度目を|(みは)った。
 背が高い印象のその人は、若い男の人だった。見て呉れは大学生くらいだろうか。木の葉の隙間から降り注ぐ日光に照らされた金髪はまろやかに光をはね返して煌めくようで、男性としては長めのそれは頭の後ろですっきりと束ねられている。服装は一言で言うとお洒落で、ついでに言えば男の僕ですら見とれてしまうほど整った顔立ちだった。雑誌のモデルさんか、外国の俳優さんだと言っても通用しそうだ。
 そんなイケメンの金髪さんが、大きな日本家屋を前に何やら思案顔で佇んでいるのだ。不思議と言えば不思議な光景だけど、何だかとても絵になる光景でもあった。僕はまるで引き寄せられるようにその人に近づいていった。すると足音に気が付いたのだろう、金髪さんもこちらを振り返った。
 「こんにちは」
 「あ、えっと、こ、こんにちは」
 相手から先に挨拶されたので、つい慌ててどもってしまった。知らない人と話すのはあんまり得意ではないのだ。
 「……もしかして、ここの神社の参拝か?残念だが、神社はかなり前に廃神社になってしまってもうやってないぞ」
 「あ、はい、知ってます。僕、地元なので」
 「おっと、そうだったのか。これは失礼」
 金髪さんが軽く頭を下げた。その仕草すらどこか優雅に見える。
 「それにしても、よくここが分かったな。ここまでの道、林に隠れててぱっと見は分かりづらかっただろうに」
 「えっと、僕も今日初めて気が付いたんです。興味本位で道を辿ってきたらここに来ちゃって……あ、その、勝手に入ってきちゃってすみません」
 今度は僕が頭を下げた。金髪さんがこの家の人だと思ったからなんだけど、当の本人はきょとんとしていた。数秒後、合点がいったように「ああ」と声を漏らし、笑い声を上げた。
 「はははっ、謝る必要はない。俺はこの家の者じゃないからな。俺も君と同じで、見つけた道を辿ったらここ着いた同類だよ」
 気さくな口調でそう言われて、(なあんだ、そうだったのか……)と妙に安堵した。顔を上げ、改めて金髪さんの顔を見る。近づいてみて、金髪さんが本当に端正な顔立ちをしていることがさらにはっきりと分かった。睫毛まで金色で長くて、とても色気のある目だ。中性的な顔立ち、ってこういう人のことを言うのだろう。ただ一つ、驚いたのは瞳の色だった。|臙脂(えんじ)色、或いは|蘇芳(すおう)色というのだろうか、黒か焦げ茶が混ざったような赤、に見える不思議な色をしているのだ。外国の方なのだろうか、少なくとも日本人ではないだろう。失礼かと思いながらも遠慮がちに尋ねてみると、
 「ああ、まあな。ちょいとこちらで仕事があってな。ここに来てまだ日は浅いんだが、日本語もなかなか達者なものだろ?」
 そうお道化たように返してくれたので、思わず微笑んで「はい、とっても」と頷いた。
 と、不意に金髪さんがあっ、と声を上げた。何だ、と思っていると、困ったように笑って僕を見る。
 「悪い、名乗り忘れていたな。俺はルーチェル。ルーチェル・アビスリアというんだ。良ければ君の名前も教えてくれるかい?ここであったのも何かの|(えにし)だろうし」
 「はい。僕は雨宮 渚といいます。近くの中学校に通ってて、中学二年生です」
 「……アマミヤ、か」
 金髪さん改め、アビスリアさんが何故か一瞬目を丸くした。
 「え、知ってるんですか?」
 「ああいや、少し珍しい名前だな、と思ってな」
 「アビスリアさんも珍しいお名前ですよね、かっこいいです!」
 「ふふ、珍しいとはよく言われるが、かっこいいなんてのは初めて言われたよ。ありがとう」
 アビスリアさんは少し照れ臭そうに笑った。

【天の都】―ウェザーユートピア―  第一章:慈雨の救世主

【天の都】―ウェザーユートピア―  第一章:慈雨の救世主

「天の都」…それは「天気」の魔法が秩序を守る不思議な世界。 自分の父がその世界で賢者と呼ばれていること、そして自分は、その世界と己の世界を救う救世主であることを知った少年は、相棒の魔物や仲間と共に旅に出る。 その中で少年は悩むであろう。 人間が生きている理由に。人間が世界を穢しているその矛盾に。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • 青年向け
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted