Ⅺアヤタカ 「母なる指導者」

ふさふさ

Ⅺアヤタカ  「母なる指導者」

 二体の学生は眩しいほど目をキラキラさせている。
 「……何故だ?」
 二体はほぼ同時に説明し始めたので、 どちらがどの言葉を言ったのかを正確には把握できなかった。
 「えっと、 さっきの先生、 すごくかっこよかったんです!」 「はい! あんなの先生以外に見たことなかったんです!」 「先生がひまな時とか、 本当にちょっとでいいのであの動き方教えてもらえませんか!? 少しでいいんです!」 「いや、 オレは完璧に教わりたいです! 仕事の手伝いでも家事でも何でもするのでお願いします!」
 えっという顔で二体が顔を見合わせる。 相方のやる気の度合いが予想と違ったのだろう、 ぜえぜえと息を切らせながら見つめ合っている。
 ストロ先生は凛とした声で二体に呼びかける。
 「それは授業以外で個人的な指導を望むということだな。 私は教師としてはそのようなことをしない。 ……ただ、 学校外では望むものに教えることもある。 しかし基本的には少数精鋭だ。 中途半端な者に本気の者の足を引っ張らせたくはないからな。 教師としてではないので来るもの拒まずでは無い上、 贔屓さえする。 意思なき者、 そして才なき者にも私は教えない。 心ばかり本気で実力の無い者ほど実力者の足を引っ張る存在はいない。 ……分かったか。 学校の外では、 私はこのような者だ。 教わりたいのなら授業中に聞け、 教師としてならば私はお前たちを平等に教えることができる。」
 無感情な、 低くよく通る声が二体を押さえつける。
 しかしストロ先生は、 片方はこの言葉にもひるまず向かってくることを分かっていた。 身を翻し、 歩き始めると一体の生徒が追いかける。
 「……構いません。 だからどうか、 教えてください。 お願いします。」
 ストロ先生は来るであろうことを分かっていた、 タワシのような頭をした背の高い生徒を横目で見やる。
 「……それなら、 今日の放課後私の研究室に来い。 今日私は稽古場に行くんだ。 案内はしないが、 ついてくることは勝手だ。」
 「はい!」
 目を輝かせてその生徒は答える。
彼の相方は未だに最初にいた場所で正座をしている。 ストロ先生は取り残された亜麻色の髪の少年の気配を感じながらも、 目をくれることはせずにその場を去った。
 昼を過ぎ、 午後の授業も終わり放課後の鐘が鳴った。 ストロ先生が最後の授業を終えて自分の研究室へ戻ると、 ドアの前に生徒が立っていた。
 タワシ頭のテッチという背が高い少年。 彼が来ることはもうわかっていた。 しかし彼の隣ではふさふさした亜麻色の髪の、 アヤタカと呼ばれていた少年も立っていた。 彼はさっきのやる気がなかった方か、 とストロ先生が心の中で呟いた。 しかしすぐに、 いや、 わざわざ時間外でいいから教えてほしいと言いに来てくれたのだ。 むしろやる気はある。 言い方が悪かった、 弟子になりたいとは言っていない方の生徒だ。 と心の中で訂正をした。 しかし彼女が思っていることと外側に出てくる態度は、 いつもそれぞれ独立している。
 「……ついてくるのは勝手だが、 学外から一歩出れば私はただの土小人だ。 学校と違って公正を志す教師ではいられないからそのつもりでな。」
 ため息混じりにストロ先生がそう告げた。 ストロ先生から見れば今のアヤタカはどちらかというとヤケクソだ。 彼女は二体を研究室に入れ、 丸めた絨毯のようなものを出してきた。 アヤタカとテッチが見守る中、 ストロ先生は絨毯を広げる。
 そこには、 複雑な文様の魔法陣が銀の糸で刺繍されていた。
 「すごい……、 先生、 自分の魔法陣もってるんだ……。」
 テッチが囁き、 アヤタカもそれに頷く。
 彼らにとって魔法陣は瞬間転送のためのものをさす。 公的な場所では移動魔法陣を見かけることが多いものの、 個人で所有する者は少ない。 高価なうえ手続きが非常に面倒なためだ。 移動魔法陣は政府に認められた職人に依頼し、 政府に魔法陣を申請しなくては使用を禁止されている。 もしこれを破り個人で魔法陣を作った場合、 製作は職人でも上に申請せずに魔法陣を所有していた場合は重罪となる。 魔法陣は移動用以外にも存在するものの個人の魔法陣制作は禁止されているため、 ほとんどの者が魔法陣に移動以外の用途があることを知らない。
 銀の糸の魔法陣は公的な魔法陣である証拠だ。 ストロ先生がロイヤルブルーの絨毯の上に立ち、 二体に手招きをする。 アヤタカとテッチは銀の刺繍を踏まないよう、 遠慮がちに足を踏み入れた。
 ストロ先生は懐から小さな袋を出し、 紐をほどくとそこには青緑に光る欠片が入っていた。
 ストロ先生はその欠片をつまみ、 魔法陣の中心に置く。
 その途端、 コウッという澄んだ音とともに、 周りの景色が淡い青緑色の光に隠された。 移動魔法陣は魔力が込められた石を魔法陣の中心に置くことで魔法が発動する。 魔法陣はむやみに発動しないように、 普段はエネルギーを空にされている。 置かれた石の魔力を吸って初めて発動するようになっているのだ。
 そしてすぐ光は花開くように頭からほどけていった。 朽ちた花びらが床に横たわると同時に、 光の粒に姿を変えて淡雪のように儚く消えた。
 移動が完了したらしい。 アヤタカとテッチは周りを見回し、 ストロ先生の指導場と思われる部屋を見渡した。
 石膏で作られた真っ白な床。 広々としていて光の間に少し似ていた。
 壁は全てガラス張りで100度は外を見渡すことができたが、 そこからは青い空しか見えない。 二体がガラスに近づき下を覗いてみると、 下に広がる世界全てが白い砂浜だった。 今日は雲ひとつないが、 雲がある日は海の代わりに雲海が砂浜を覆っている。
 見渡す限りの空の青と白い砂で、 まるで海が逆さまになった世界のようだった。
 二体があまりにも壮大な自然に圧倒されていると、 ドアの向こうからばたばたと音が聞こえてきた。
 ばん!とドアが荒っぽく開け放たれると同時に朗らかな声が部屋に響いた。
 「母さま!おかえりなさい!」
 現れたのはストロ先生と同じ土小人、 そしてアヤタカとテッチにとって見慣れた姿をしている相手だった。
 「ショウ!?」
 「あ……? アヤタカ! テッチ! 」
 ショウとは二体と同じ新入生であり、 面倒見の良い性格から周りにとって良い兄貴分として慕われている。 アヤタカは爪弾き学という授業で初めて彼と話し、 その時彼は泥だんごを作って遊んでいたあの少年であった。
 背の高いテッチは、 腰くらいの背しか無い土小人のショウに向かって膝をつき、 ショウと同じ目の高さで問いかけた。
 「なんで……ショウがここに?」
 「それはおれのセリフだよ! でも、 まあ……。 おれ、 小さい頃から先生のところで武道を教わってたんだよ。お前らこそ、 どうした?」
 するとショウが出てきた扉の向こうからまたガヤガヤと音が聞こえてきて、 アヤタカ達と同じくらいの背の者やかなり巨漢の者まで様々な精霊体がやってきた。
 「母さま、おかえりなさい!」
 「母さま! 今日はアザクロ兄さんは休みだそうです!」
 母さまと呼ばれたストロ先生が小さくただいま、 と返事をした。
 アヤタカたち精霊体に人間のような家族は無い。 太陽の光から生まれてくる、 母なる大地から生まれてくるということは強いて言えば自然が生みの親であった。 しかし彼ら彼女らにとって自然は親というよりは自分の分身のように認識している。 双子という可能性を除いて血の繋がる親や兄弟、 姉妹というものはこの世界には存在しない。 育ててくれた者に対して父や母と呼び、 ともに育った相手を兄さん姉さんと呼ぶ。
 それは師弟関係にも言えたことで、教える方を親、 教わる方を子どもと表現するところもこのようにある。 彼ら彼女らは血は繋がっていないものの、 れっきとした家族であった。
 母であるストロ先生はこの二体は学校で私の担当する授業の生徒だ、 私に教わりたいらしくついてきた、 と簡単に二体のことを子供達に教えた。
 かなり巨漢の男がわあ――っと声を上げ、 嬉しそうに二体の頬にすり寄った。
 「兄弟が増えるの!?嬉しい!嬉しい!」
 荒々しい歓迎に不意を突かれた二体はよろけ、 尻もちをつく前に後ろからがしっと支えられた。 そして二体の耳元で甲高い声が響き渡る。
 「ねぇねぇねぇ!!どっちも細っこいけどどのくらい筋肉つけるの?やっぱり逆三角形?」
 後ろにいたのは背の小さい女の子で、早口で言葉をまくしたてたかと思えば唐突にアヤタカの腰のあたりをがしっと掴み、 軽々とアヤタカを頭の上まで持ち上げる。 そして手首のスナップを使って巨漢の男にトスをした。
 「あ、アヤタカ!?」
 テッチはボールのように高く投げられたアヤタカに声をかけたものの、 受け止められたかと思いきやまたトスを続けられているアヤタカは放心状態になっており、 何の反応も帰ってこなかった。
 見るに見かねたショウが止めようとして遊んでいる二体の間に割り込むと、 巨漢の男がアヤタカを持ったまま逃げ出した。
 「あっ……。 待て、 こら!」
 追いかけようとしたショウの前を片割れの女の子が立ちはだかる。
 「ここを通りたければあたしを倒してからにしなさい!」
 胸を反らせていっぱいいっぱいに手を広げる彼女はとても楽しそうで、 ショウも おっ、 やるか? と言って構えをとった。 まだ基礎すら知らない新入りに自分の技を見せたくて仕方がない彼ら彼女らは、 ここぞとばかりに張り切っている。
 大理石の床を裸足でキュッと鳴らし、 二体は構えをとったまま静止した。 静かな高揚を携えたお互いの視線が ばちっと交差する。
 先に動いたのはショウだった。 ぶんっと右拳を繰り出し、 女の子はそれを左手の裏でパンッと薙ぎ払う。 そのまま女の子はカウンターの要領で右肘をショウの顔面に叩き込もうとするが、 ショウは右に傾いた体をそのまま前に倒し、 右手だけで側転を試みた。
 そして側転の途中にショウは振り上げていた足で女の子の鎖骨に蹴りを入れ、 女の子が うっと声を漏らす。 着地に成功し、 距離ができたショウに女の子は床を思い切り蹴ってショウの懐まで一歩で距離を詰めた。 そしてその勢いのまま二の腕をショウの首に叩き込み、 重いラリアットをくらわせた。
 初めて見る肉弾戦にテッチは目を丸くして、 二体の思惑通り技を繰り出す姿に感心していた。 ショウはずんぐりした短い手足にも関わらずものすごくリーチがあり、 動きも非常にすばしっこい。 そのうえ瞬時に判断する能力と技の応用力に長けていて、 学校でのあの頭の悪さが嘘のようだった。
 テッチやショウに完全に忘れられたアヤタカは意識が半分違う世界に行ったままで、 弟子たちに心配そうに囲まれている。 そしてぱん!と猫だましをされようやく我に返ったアヤタカは、 カエルのようなポーズで座っていた。
 がっしりとしていて、 熊のような体格をしている中年の男が優しそうな笑顔で語りかける。
 「お前さんの名前、 アヤタカでいいのかい?」
 「……違います、 サイオウです。」
 アヤタカは意識が朦朧としていてもそこだけは譲ろうとしない。 そして遠くに居ながらも、 彼女はアヤタカの弱々しくかすれた声を聞き逃さなかった。
 「……お前、サイオウという名前だったのか。」
 遠くにいたストロ先生が一瞬で背後に立っている。 アヤタカはあまりのことに驚いて座ったまま飛び上がった。
 ストロ先生は手でつっぱり棒をしたままのけ反っているアヤタカに、 そこまで驚くとはと面食らいながらも言葉を続けた。
 「お前がミザリー先生お気に入りの学生か、 愛玩動物とはよく言ったものだな。」
 ストロ先生にしては珍しく、 少し面白がるようににやりと笑った。 アヤタカはかなり話に尾ひれがついていると確信し、 首を倒してしおしおと猫背になる。 そしてこの話になって即座に反応をした者に突然後ろからガッと肩をつかまれ、アヤタカは びくっと丸めていた背を伸ばした。 後ろを見ると、 そこにはつぶらな瞳を不気味に輝かせたテッチが佇んでいた。
 「な……何?」
 アヤタカが顔をひきつらせて尋ねる。 テッチはアヤタカの肩越しに顔を覗き込み、 目をむいたまま言葉になっていない言葉を呟きだす。
 「ミ……ミザリー先生のお気に入り……? ア……アヤタカ、 どうやって……! 教えてくれよ、 おれもミザリー先生のお気に入りになりたいんだよ!」
 必死に懇願するテッチにアヤタカは後ろから肩を小刻みに揺さぶられ、 逃げようとするもしつこくすがりついてきて離れない。
 テッチはミザリー先生に一目惚れをしており、 あのような扱いを受けてからもその気持ちは激しく燃え盛ったままであった。 この騒ぎの火打石となったストロ先生は、 生徒のいたいけな心に傷をつけてしまったとショックを受けていた。 彼女はテッチの血走った目が彼の激しい苦悩を表しているように見え、 柄にもなく冗談を言うからだ愚か者と心の中で自分を厳しく叱咤している。
 彼女は俯いたり口を開きかけたりと何度か繰り返し、 やがて決まりが悪そうにぽつりと呟いた。
 「……す、すまない、冗談だ。」
 しばらく道場は静寂に包まれた。
 一体がささやくような声で 母さまが……冗談を……と呟き、 その途端道場が歓声に包まれた。
 「母さまが冗談を言った!」「あの母さまが!?」「これはすごいことだ!」
 わ――っとお祭り騒ぎになる娘や息子たちに、 俯いたまま腕を組みなおしたストロ先生が冗談くらい言う、 とぼそりと呟いた。
 その後もしばらく道場はとても和やかな空気で、 二体が想像していたような殺伐とした場所ではなかった。 しかし穏やかな部屋は、 ストロ先生の突き刺すような声で一転した。
 「集合!!!」
 「はいっ!!」
 まるで時間が飛んだように一瞬で弟子たちの意識が切り替わった。 体の芯が振動するような大きな声が辺りを揺るがす。
 「基礎はじめっ!!」
 「はいっ!!」
 唐突にかけられた号令にひるむ者は誰もおらず、 数秒前に談笑をしていた者達が一糸乱れぬ動きで拳を突き出している。 その切り替えの速さと気迫に二体は圧倒され、 呆然とその場に立っていた。
 「おい。」
 ストロ先生に突然話しかけられ、 二体は体をびくっと震わせた。
 師範の目となった彼女は、 見られているだけでも体がすくむほど怖かった。 自分の意思とは関係なく、 厳格たる王を前にして神経が張り詰める。
 「お前たちは別のことをやってもらう。 そこでお前たちを私の子として教えるか否かを決める。」
 二体の表情がよりいっそう硬くなる。 ストロ先生は他の子どもたちから少し距離を置くため、 空いている場所に二体を呼んだ。 足が着くたびにカツン、 コツンと大理石の床が無機質に音を響かせる。
 それは王との謁見を身の程知らずと皮肉る拍手のようだった。

Ⅺアヤタカ 「母なる指導者」

Ⅺアヤタカ 「母なる指導者」

やあ、ぼくはアヤタカだよ! 今回はストロ先生という体育の先生の道場に行ったよ!

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-ND
原著作者の表示・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-ND