Ⅶ アヤタカ 「美人の先生」

ふさふさ

Ⅶ アヤタカ  「美人の先生」

空に白い惑星「真珠の星」が昇る頃、 アヤタカ達は「武具製作」、 通称「ネイルアート」という授業の時間であった。
授業は登っている太陽や惑星が基準となっている為、 今回の授業は真珠の星が登ってから沈むまでである。基本的に公転が早い星達を基準にしているので1時間程度で大体は終わる。前の授業では紫の星が目印だったので、 もう紫の小さな光は絶えていた。
白い惑星が見守る中、 生徒たちは広い半円状の教室にいた。
最も使う頻度の高い大講堂である。
焦茶色を基調にしたアンティークな教室。天井には美しいステンドグラスが飾ってあり、 色とりどりな光が降り注いできた。
教壇には、 赤いくせっ毛を下の方で2つにした女の先生が立っている。武具製作というものものしい名前の授業には、 予想外の若い女性。そして何より可愛いらしかった。新米教師のような初々しさに、 今まで壮年期と晩年期の男二体からしか教わってこなかった、学生達の心は踊る。
金の刺繍がさりげなく施された黒いマントを正し、 先生が花のような笑顔を見せる。
「こんにちは。武具製作の授業へようこそ。私はこの授業の担当、 ミザリーです。」
見た目に相応しい可愛らしい声、 男子学生は思わず頬が緩んだ。黒に近い琥珀色の目が光を浴びてきらきら輝いている。
「この授業では、 皆さんそれぞれに合う武具の材料を知ってもらい、 それを使って期末までに魔法補助道具の『爪』を作って貰います。皆さん、 もう爪弾き学の授業は受けました……よね? この学園では杖の代わりに付け爪を身につけて魔法を強化させます。」
黒いマントの下から覗く、 マーメイドラインという型をしたワインレッドのドレス。先生が歩くたびに、 その上質そうなドレスの布地がキラキラ光る。
ミザリー先生が説明を続ける。
「まず今日は、 私が用意した材料の中で皆さんに最も相性の良いものを知ってもらいたいと思います。」
そう言ったミザリー先生は、おもむろに付け爪を取り出す。
その付け爪はミザリー先生の人差し指をすっぽり覆い、 流麗な金の細工の付け爪にはルビーであしらわれた花が光っていた。
ミザリー先生の桃色の唇から歌うような呪文がこぼれる。
「窓辺から……手を差し伸べる……藤の花……。」
最後に彼女が指でピィンと爪弾く。その瞬間、 彼女の指かららせん状の白い光が飛び出した。その光は生徒一体一体の元へ飛んでいき、生徒たちの目の前でパゥンッと弾けた。
しかし生徒のほとんどは身を屈めていて、 その光を見ていなかった。
前日の星っこゲーム以来、 彼ら彼女らは光るものに恐怖を感じているのだ。 今朝もガラスなどに光が反射するたび、 振り向きもせず逃げ出した。
しかしこの光には害の無いことが分かると、 生徒たちは恐る恐る屈めた身を元に戻した。
見ると、その光は丸い窓のような形を模している。そしてその光の奥には虹色の光彩がたゆたっていた。ミザリー先生が皆に呼びかける。
「その小窓に手を入れてみてください。そうしたら、 皆さんは今回用意したの材料の中で、 一番相性の良いものが掴めるはずです。」
アヤタカは僅かに首を動かし、 皆が手を入れ始めたことを横目で確認してから、 えいやっと小窓に手を入れた。
窓の中は、朝の空気のように爽やかな心地だった。ふいにアヤタカの手に、 何か固く細長いものが触れる。
窓から手を出してみると、そこには血のように赤い、 欠片のようなものが握られていた。
「あら……君、 それは鷹の爪だね。」
いつの間にか近くにいたミザリー先生に、 アヤタカは話しかけられた。
鷹の爪……アヤタカの本名、 サイオウという名前は空を彩る鷹を表している。鷹の爪は、 その彩鷹という名前に相応しいのではないだろうか。そう思い、 アヤタカは思わぬ偶然に胸を弾ませて呟いた。
「鷹の……爪……。」
「うん。唐辛子だよ。」
唐辛子を手に入れたアヤタカを放り、ミザリー先生は説明を始める。
「皆さんが今手にしている物は、 それはあの中からあなたの力を一番引き出すもの、 もしくはあなたの欠点を保護してくれるものです。 心当たりのある方は、おそらくピンと来たのではないでしょうか。」
ピンと来ないアヤタカは、 掠れた小声で呟いた。
「何で唐辛子……?」
「冷え性なんじゃないかな?」
間髪入れずに応えた先生に、 教室がどっと沸く。
「あっははははは! よかったわね〜アヤタカ! でもどうせなら急須が出てくればよかったのにねぇ? あはははは!!」
先ほど泥沼の戦いをし、1つ空けて隣の席に座っているラムーンが笑っている。
お前ら隣同士かよという周りの目を差し置き、 二人は先ほどから机の下にあるお互いの足を蹴り合っていた。
しかしアヤタカはラムーンの手に握られている琥珀を見て、 今回ばかりは負けたと肩を落とした。 琥珀は深い黄金の光を放っていて、 甘くとろけるように透き通った蜜の色は文句なしに美しかった。
アヤタカがちらりと窓際の端っこにいるフレイヤを見た。 彼の整った顔は相変わらず氷のように無表情で、 長い指はスプーンを掴んでいた。 アヤタカの頭の中で、 スプーン曲げを試みるフレイヤの姿が浮かんで消えた。
ミザリー先生が再び説明を始める。
「例えばサファイアが出てきた人は、 サファイアの付いている武具が合っていますよ。 他にも羽や銀製のものが出てきた人はそのままと解釈して良いでしょう。」
唐辛子の武器とは一体どんなものがあるのだろう。 アヤタカは隣の琥珀を羨ましそうに見る。
「しかし、 今回皆さんには基本的なものの中から選んでもらったので、 他にもたくさん合うものがあるはずですよ。 なので珍しいものも是非是非試してみてくださいね。」
アヤタカはそれを聞いて少しホッとした。
「さて、 百聞は一見にしかず! 実際に合うものと合わないものを付けてみることで、 何故自分にあった装備を選ぶ必要があるのか身を以てわかります! ほら、 君! そこの君立って!」
唐突に目が輝いたミザリー先生に、 だらしなく鼻の下を伸ばしていた男子生徒が指名された。
焦茶色の短髪、 長身な三枚目顔の学生だ。 周りの学生に囃し立てられ、 面倒そうに嬉しそうにミザリー先生の隣に立った。
「…ちっ、 群れないと安心できない小心者め…。」
「それはあんたでしょ」
アヤタカのひがんだ独り言を、 ラムーンがぴしゃりと叩いた。
この大講堂で最も手の込んだ装飾を施された黒板付近へと、 ミザリー先生と男子生徒が歩いていく。 途中の柱にはバラや天使が彫られており、 所々に真珠が散りばめられていた。
ミザリー先生が話し始める。
「では……えっと、 君は柳の木を掴んだの? じゃあ……相性の悪いものから試そうか。 まずは少し相性の悪い、 ファイヤーオパールのブレスレットからつけてもらいましょうか。」
二重にされた華奢な鎖に、 丸くカットされたファイヤーオパールがちらほらついている。 燃えるような色の石が、 辺りに赤やオレンジの光を撒き散らす。
男子生徒はミザリー先生が自分の手に着けてくれることを期待して、 わざと不器用そうな手つきでブレスレットを扱う。 見かねた先生は、『おともだちに着けてもらってね』と言って軽く突き放した。
渋い表情でブレスレットを手にはめた男子生徒は、 あれっと表情を変えた。
「あれっ……。なんか、手がピリピリ?します……。」
途端にミザリー先生が目を輝かせる。
「そうっ! 相性が合わないなどの理由で道具に拒絶されると、 武具は使えないばかりか攻撃してくるんです! 」
へぇーと学生達が声を漏らす。先生はにこにこして続きを話す。
「では次は、 合う方の柳の木で出来たイヤリングをつけてもらいますね。」
男子生徒は、 ここだと言わんばかりにばかりにせんせー! 僕うまくイヤリングが着けれません! と声をあげた。 ミザリー先生はあら、 じゃあ手に持ってるだけでもいいからねと言って突き放した。
渋い表情でイヤリングを握りしめた男子学生は、おやっと表情を変えた。
「なっ……。なんか手が熱くなってきました!」
「でしょう? そのイヤリングは上級なものだから、 強い魔力がこもっているの。」
魔法の装備なんてかっこいいね、 わくわくしてきた。 さわさわと生徒たちが楽しそうに囁く。
先生はにこにこしながら見守っていた。
ぼんっ。
唐突に男子学生が爆発した。
茶色く短い、 タワシのようだった頭は、 乾燥したひじきのようになっている。
先生は相変わらずにこにこしながら、 しかしよく見ると最初よりも距離をとって男子生徒を見つめていた。
「はい。このように自分の力量があまりにも及ばないような、 分不相応な武具を着けてしまうと、 魔力が暴走してしまうことがあります。君、 どうもありがとうね。 席についていいよ。」
道具に拒絶され分不相応と言われ、 タワシがひじきになった可哀想な男子生徒は何も言わずに自分の席へと帰っていった。
やがて真珠の星も沈みかけ、 授業は平和に幕を閉じそうだ。
この授業ではアヤタカもラムーンも、 大人しくお互いの足を蹴り合うことしか行わなかった。
先生の号令が聞こえ、 本日最後の授業を終えた生徒たちはまばらに散り始める。
「そこの君。」
唐突にアヤタカは誰かに話しかけられた。 振り向くと、 そこにはミザリー先生が立っていた。ミザリー先生の桃色のくちびるがにこりと笑う。 アヤタカは隣の人と机の下で足を蹴り合うなど、 怒られる心当たりが十分にあったため、 顔を強張らせた。 その緊張を知ってか知らずか、ミザリー先生は言葉を続ける。
「ちょっと君は残って貰ってもいいかな? 時間があれば、 これから私の研究室に来てほしいの。」
授業は、 まだ始まったばかりかもしれない。

Ⅶ アヤタカ 「美人の先生」

Ⅶ アヤタカ 「美人の先生」

やあ、 ぼくはアヤタカ! 今回の授業は「武具製作」だ! 簡単に言うと、武器や防具の図画工作って感じかな? この回で書きだめしてあった分は終わりだから、 これからは少しスピードが落ちるけど、飽きたわけじゃないからね!

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-ND
原著作者の表示・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-ND