ほんじい

かなかな

 図書館から借りた本を開けてみたら、小さなおじいさんがはさまっていた。
「こりゃ、しまった。わしとしたことが」
 おじいさんは、はずかしそうに顔を赤らめた。
 おどろいた。これが世にいう、小人さんというものかしら。私は夢でも見ているのだろうか。
「あなたは誰ですか」
「わしは、どこにでもおる本好きのじいさんじゃ」
 いや、どこにもいないだろう。今まで一度も見たことがない。
 おじいさんの話によると、むかしむかし、本が大好きな文学少年がいたそうだ。あまりに本が好きすぎて、彼はとうとう本の中に入ってしまった。
 それから、彼は本から本へとわたり歩き、今ではすっかりおじいさんだ。図書館にある一冊の本に入っていたところ、私に借りられて、今こんなことになっているということだ。
「まあ、これも何かの縁じゃ。二週間ほど世話になるわい」
 図書館の本は、二週間まで借りられる。今すぐ返しにいってもいいのだが、おじいさんがいやがった。
「おまえさんの家の本を見せてくれ。なんのおかまいもいらんわい。わしゃ、本があればそれでいい」
 どうやら二週間もいすわる気らしい。
 図書館とはまたちがう本が楽しめるといって、おじいさんは本棚へ向かってピョンピョンはねていった。

 小さなおじいさんを、私は「ほんじい」と呼んだ。
 ほんじいは、ありとあらゆる本の中に入っていった。本は閉じていても、かってに入れるようだ。
 たまたま本を開いたら、さし絵の中にほんじいがいた。最初からそこに描かれていたかのように、しっくりと絵の中にとけこんでいる。
 初めはびっくりしたが、だんだん慣れてきた。ときどき、本が小さく動いたり、風もないのにページがめくれるときは、ほんじいが中にいるのだとわかった。
 ほんじいは、おなかがすいたら、本に書かれているごはんを食べるらしい。料理本でも絵本でも小説でも何でもいいようだ。
「おやつなら絵本がうまいぞ。あまくて、ふんわり、うまそうな絵までついとる」
 そんな話を聞くと、ほんじいがうらやましくなる。
「じゃあ、あの大きなおなべいっぱいのカステラも食べられるんだね」
「もちろんじゃ。絵本のなかまといっしょに、ならんで食ったさ」
 小さいころに読んだ絵本を思い出す。あの見開きいっぱいの絵の中に、動物たちにまじって、ほんじいがカステラを食べている。
 想像したら、おかしくて笑ってしまった。
「本の世界は楽しい?」
「もちろんじゃ」
 ほんじいは、にかにか笑って本の中にもぐってしまった。

 図書館に本を返す日が、とうとう来てしまった。
「また二週間、貸し出しをのばすことができるんだよ」
 そう話したら、ほんじいは首をふった。
「だめじゃ。おまえさんは本を読み終わったんじゃろう。図書館の本を待っているのは、おまえさんのほかに、たくさんおるんじゃ」
「私の部屋の本だなにいる気はないの? これから新しい本も買ってくるよ」
「だめじゃだめじゃ。わしのためでなく、自分のために本を買わなきゃ」
「寂しくなるね」
「本を読みおわるときは、そんなもんじゃ」
 ほんじいは、開いたページの上にちょこんと立っている。本を閉じてしまったら、ほんじいと「さよなら」をしなくてはいけない。
「また、会えるよね」
「わしは図書館の本の中におる。縁があれば、また会うじゃろう」
 ほんじいは、にっかりと笑った。

 私はいつもワクワクしながら図書館の本を開く。それは、私しか知らない秘密をこっそりのぞくような楽しみだ。
 本を読んでいればいつかまた、ほんじいに会えるかもしれない。
 こんどは他の子が、ほんじいを見つけるのかもしれない。
「こりゃ、しまった」といって、ほんじいは顔を赤らめるのかしら。
 あれやこれやと浮かぶ想像に、私は思わず、にんまりと笑ってしまう。

ほんじい

ほんじい

借りた本を開いたら、小さなおじいさんがはさまっていて・・・・・・短篇。メルヘン(?)

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted