愛なるEを越えて

月村凪沙

 一つ問題が発生した。僕の部屋から出られなくなったのだ。僕の部屋はマンションの最上階にある。ドアはもちろんのことルーフバルコニーに続く窓も開かなくなってしまった。何かで固定されていると言うよりかはそこだけ時間が止まっているかのようだった。まるでびくともしない。
 今は6時半に起きてからもう5時間も経っている。なのに全く腹が減らない。喉も乾かない。尿意も便意もない。そして外の景色を見ると、空にある雲が一切動いていない。一体どうなっているんだ。
 手にはスマホがある。どうやら正常に動作するようでホッとした。部屋に時計がないから時間はスマホを頼りにしている。スマホで家族に連絡しようにも繋がらない。どうやら電波も届かないようだ。一体どんな仕組みなのだろう。
 もしかしたら外で僕の家族も僕の部屋を開けようと必死になっているのかもしれない。だが肝心な反応は一切ない。外の出来事がまるでわからないのだ。
 部屋のドアに手を当て額を当てて見ても、向こう側からはなにも伝わってこない。世界が隔絶されたかのようだ。
 まぁ、神様の気まぐれなのだろう。いつまでも慌ててないで、僕は部屋でのんびり本を読むことにした。本来なら学校で勉強している時間だったが、行こうにも行けないし、今は時が解決するのに任せよう。その肝心な時が本当に流れているのならの話だけど。

 10日が経った。本当に腹も減らないし、喉も乾かない。排泄行為も一切ない。僕は積読していた本も読み切り、これからどうしようか真剣に考え始めていた。
 とは言っても部屋から出られる気配はないし、やることは一つに決まっていた。この現象を解明し、この部屋から脱出することである。
 今わかっていることは、この部屋は外界と一切の物理的干渉が起きないと言うことだ。スマホを充電しようとした時に気づいたのだが、コンセントに電気が来ていなかった。外の景色は変わらないし、外から音が一切来ない。まるで世界から僕の部屋だけが断絶されたかのようだった。

 1ヶ月くらいが経った。正直時間感覚はない。スマホも充電が切れて使い物にならなくなっていたからだ。
 日々散らかりつつある部屋。あちらこちらに読み終わった本が置かれている。最近では自主的に勉強も始めている。それ以外にすることがなくなってしまったからだ。
 この部屋にいる限り不老不死という可能性もある。『明日死ぬかのように生きよ、永遠に生きるかのように学べ』とは、かのマハトマ・ガンディーさんの名言だ。僕はこの現象を解明するべく、学問を極めようと考えていた。

 部屋にある全ての本や教材を読み切り学習してしまった。とうとう本格的にやることがなくなってきていて、精神的に辛かった。最近は部屋に飾っている『ヘレーネ・クリムトの肖像』のポスターに向けて話しかけ始めている。その肖像画には美しい少女がお腹の辺りまで真横から描かれている。ダークブラウンのボブが似合う少しあどけなさが残る少女の横顔。孤独で疲れてしまった僕は彼女に救いを求める。

 もう何日経ったのかわからない。僕は音の鳴らない電子ピアノを弾いたりしてみた。でもやるだけ虚しかった。 
 だが、音を想像しながら弾いていると少しずつ音が聞こえるようになった。今では完璧に音が聞こえる。和音だってちゃんと聞こえるようになった。恐らくは幻聴だろうがそれでも僕は嬉しかった。

 最近は部屋にあったノートに自分の活動を記すことにした。余白には絵を描いたりもする。少しだけ正気を保っていられる気がした。

 死にたくなったので、舌を噛み切ろうとしたが出来なかった。誰か救ってくれ。誰か。ヘレーネ。助けてくれよ。誰か応答しておくれ。この地獄から救っておくれ。

 もう一体何年、いや何十年が経ったのだろうか。小説や漫画はボロボロになってしまっていた。今ではもう読む気すら起きない。
 食べることも飢えることも死ぬこともできない。自慰なんてする気が起きない。あらゆる欲が停滞していた。何もすることなく、ベッドで横になるだけ。
 寝ることだけが僕を生かしてくれた。夢を見ることが何よりも楽しかった。もう一生寝ていたい。でも、寝れない時だってある。辛い。死にたい。

 ある時、窓の外から声が聞こえた。寝ていた僕はハッと驚いて、窓へと向かう。外のルーフバルコニーに人が立っているように見えたのだ。

「ヘレーネ?」

 声をかけても返事はない。幻聴と幻覚だったのだ。でもさ、もう。幻聴でも幻覚でもなんでもよかった。僕は僕の脳内に彼女を作り出そうと思い立った。
 ベッドに座って、隣にヘレーネという名の少女が座っていることを想像する。声をかけて、返事も考えて会話する。最初は何やってんだと辞めることもあったが、いつからかうまく会話できるようになった。心なしか輪郭も見えるようになってきた。

「好きだよ。ヘレーネ」
「私も好きだよ」

 そう言って抱き合う。感触こそなかったが、心に満たされるものがあった。彼女が僕の中で生まれつつあった。
 まだ顔を見たことのない少女。まだ声を聞いたことのない少女。だけど何故か、彼女がいつか僕をこの部屋から解放してくれる気がした。

 僕は音のならない電子ピアノで作曲にハマっていた。ベートーヴェンだって耳が不自由になってからも作曲したんだ。音が鳴らなくたって響きを脳内で再生すれば僕だって作曲できる。何故今までこんなに楽しいことに気がつかなかったのだろうか。時間は無制限にある。時間をかけて一音一音研究して、最高の旋律を生み出す。曲が完成したときの達成感は生の喜びと直結していた。これだ!と思った。もしこの部屋から出られた時、これらの曲を世間に発表しよう!そう思った。

 それからいくつも曲を作り、弾いていった。心なしかポスターの中のヘレーネが笑っているように思えた。彼女だけが聴いてくれている。そう考えると一人じゃないと思えた。

 時は流れ、時は流れ、その日がやって来た。
 いつものように音の鳴らない電子ピアノを弾いていると、外の景色が動き出したのだ。それもタイムラプスのように高速で。チカチカと昼と夜が繰り返し、その速度もどんどん加速していく。
 ついに!ついに!その時がやってきたんだ!と歓喜し、演奏を続ける。やっとだ……。長かった。本当に長かったよ。僕はあまりの嬉しさに涙する。心が高揚していく。あぁ、そうなんだ。
 僕はポスターのヘレーネにキスをした。

「次は実際に会ったらね」    

 多分。後もう少しで本当の彼女に出会える気がした。妄想でも幻覚でもない彼女に会える気がした。本能と直感がそう告げていた。そして、向こうもそう思っていると何故か分かった。そうか。僕らは心も通い合っているんだね。心底嬉しかった。

 僕はベッドに座りその時が来るのを待った。部屋の扉が開き、誰かが入ってくると分かった。そして実際そうなった。

 空がいつもの速度で流れ始めた時、ガチャ、と音を立ててドアが空いたのだった。

「失礼します。こんにちは、アダム様」
「ヘレーネ!」

 入ってきたのは肖像画にそっくりではないにしろ、どこか面影のあるボブヘアーの少女だった。というかどんな容姿でもよかった。きっと少女である限り、僕は彼女のことをヘレーネと呼んだだろう。
 僕は少女のもとへ駆け寄り抱きしめた。抵抗はされなかった。少女は抱き返してくれるが、永らく人と触れ合わなかったせいだろうか、心なしかその体は冷たく感じた。

「愛してる。ヘレーネ」
「ヘレーネ?私の名前ですか?」
「違うのか?」
「いいえ。私はヘレーネです」
「そうか。ずっと会いたかったんだ」

 もうニ度と離してやるかと思ったが、流石にずっと抱き合ってばかりもいられないのでしばらく抱き合ったのちに体を離した。

「ごめんね。急に抱きしめて」
「大丈夫です。ずっとあなた様のことを待っていましたから」

 どれだけヘレーネは可愛いのか。こんなに人を好きになったことはなかった。僕は片腕をヘレーネの腰に回して体を引き寄せ、キスをした。こちらから舌を出すと向こうも応じてくれる。初めてのキスだったが、かなり気持ちの良いものだった。僕はそのままヘレーネを部屋のベッドまで優しく連れて行く。

「ヘレーネ。いい?」
「どういうことでしょうか」
「服脱がしてもいいかな」
「構いません」

 僕は興奮していたが、ヘレーネはそういった様子は見えなかった。彼女はクールな印象だけど、強がっているのかな?僕はヘレーネの服をゆっくりと脱がして行く。僕も服を脱ぐ。二人とも一糸纏わぬ姿となった。
 ヘレーネの裸体は美しかった。優しく愛撫から始めて反応を見る。やはり依然として興奮している様子は見られなかった。僕のやり方が下手なのかなと少し自信をなくす。

「もしかして、気持ち良くない?」
「いえ、多分気持ちいいんだと思います。すみません。よく分からなくて」
「ならいいんだ。今度は舐めてもいいかな」
「はい」  

 僕は左右の手でヘレーネの両胸を揉みながら、片方の乳房を舌先で舐める。味はあまり感じない。てっきり甘いのかと想像していたが違ったらしい。

「お気に召しませんか?」

 ヘレーネが首を傾げながら訊いてくる。どこか心配そうである。

「いや。全然。あと、どうして敬語なの?」
「私はあなた様に仕える身ですから」
「仕える身?」
「はい」

 そう言うとヘレーネは自身の右手を胸元に当てて続けた。

「私はアダム様をイブ様のいるエデンの園へと導く案内ロボットです」
「え?」

 アダム?イブ?エデンの園?なんの話だよ。それにロボットって。

「君は人間じゃないの?」
「はい。私は人に作られたロボットです」
「そ、そうなんだ。ごめんね。服着ていいよ」

 僕はロボット相手に発情していたのか。驚きで一気に萎えてしまった。そして罪悪感に襲われる。

「君の本当の名は?」
「名前はありませんでしたが、あなた様がヘレーネとつけてくださいました」
「そっか」

 僕はヘレーネという名のロボット少女の頭に手を置き優しく撫でた。

「驚いちゃったよー。完全に人だと思ってたから」
「失望させましたか?」
「いや、全然。それにヘレーネのこと好きな気持ちは変わらないから」
「それは良かったです」

 少し気まずくなってきたので、僕は服を着て窓を出てルーフバルコニーに向かった。ヘレーネも服を着て遅れてやって来る。

 僕の部屋はマンションの最上階で、この町の景色を一望できる。僕は愕然とした。町が緑色になっていたからだった。

「一体世界に何が起きたの?」

僕が尋ねるとヘレーネが説明を始めた。

「はるか昔。とある研究所である感染症が発生しました。その感染症は瞬く間に世界に広がっていきました。その名は緑化症。感染した人間は皆、植物になってしまうのです。そして今から300年前、人類は滅亡したのです。アダム様とイブ様を除いて。人類は部屋の中に閉じ込められている二人を人類の希望としました。そしてイブ様の部屋を中心に二人が部屋を出られた後も生きていけるようにとエデンの園を造りました。私の役目はアダム様をイブ様の住むエデンの園に案内することです」
「そうなんだ……」

 僕は涙は出なかったが、絶望に打ちひしがれた。家族は?友達は?みんなとっくの昔に死んでしまっているんだ。生きているのは僕とイブって言う人だけ。その人さえ生きているかは分からない。僕の様子を気にしたのか、ヘレーネが身を寄せてきた。

「ヘレーネ?」
「私がいますから、安心してください」

 本当にロボットかわからなくなるくらい可愛らしい。

「ありがとう。ヘレーネ」

 ついでに胸を揉んでおいた。うん、いい感触だ。そうだな。いつまでも落ち込んではいられないし、エデンの園へ行こうか。

「ヘレーネ。お腹すいたからご飯食べたい」
「はい。準備できています」
「食べ終わったらエデンの園に行こうか」
「はい、そうしましょう」

 僕はヘレーネがあらかじめ用意してくれていた料理を家のリビングで食べ、そしていざ、外の世界へと旅立ったのだった。

 僕らは徒歩でエデンの園へと向かっていた。ヘレーネが先導し僕が後ろをついて行く。
 町はジャングルのようになっていた。ビルの部屋からは木が生え、アスファルトに根を張り、本当に終末世界といった感じだった。

「ねぇ。ヘレーネ。コールドスリープとかって出来なかったの?」
「はい。実際に試したようですが、うまく機能しなかったみたいですね」
「そうなんだ……。じゃあやっぱり生きているのって僕とイブさんだけ?」
「そうなりますね」

 それってつまり子作り確定だよな。それが使命みたいなものだし。それにしても自分の命が人類最後の希望って考えてみても、あまり想像つかないなぁ。イブさんって子と上手くやっていければ良いのだけど。

「ヘレーネ。イブさんについて知っていることってある?」
「はい。あなたと同じ18歳です。身長は163cmで体重は51kg。血液型はB型で」
「ちょっと待って。そう言うのは聞いてないかな」
「では一体どのようなことを知りたいのですか?」
「ごめん。やっぱり聞かなかったことにして」

 ヘレーネが不思議そうに首を傾げている。別に僕はイブさんの身長とか体重が知りたかったんじゃない。そうだ。名前だよ。彼女の本名でも訊いたら良いじゃないか。

「なら教えて。イブさんの本名」
「イブ様の本名は黒川梓咲です」
「そうなんだ。ありがとう」
「いえ」
「僕はもう前の名前は捨てようかな」
「どうしてですか?」
「だってもうこの世界に知り合いなんていないし、実質僕があたらしい世界のアダムになるんだもん。もうアダムでいいやって思って。それにヘレーネがアダムって呼んでくれるから」
「そうですか」

 僕らはひたすら歩いた。まさにコンクリートジャングルの中を淡々と。天気は晴れ。季節は初夏らしくとても暑い。喉が渇いてきた。

「ねぇ。ヘレーネ。喉が渇いたんだけど」
「エデンの園につけばありますが、今用意はできませんね」
「そっかぁー。我慢するよ」

 そうだよな。人類が滅亡しているんだから水道なんか通っているわけもない。エデンの園だけが唯一人の住める場所なのか。そういえば部屋に閉じ込められていた時は食欲も無かったし喉も乾かなかったけど、部屋を出てからそういった機能を取り戻しつつあるようだ。ヘレーネの用意してくれた料理は豪華で美味しかった。

「そうだ。ヘレーネ。エデンの園に着いたらまたご飯作ってよ」
「はい。かしこまりました」
「それと、エデンの園ってあとどれくらい?」
「もうすぐですよ。ほら、見えてきました」

 ビルの狭間に白い壁が見えた。とてつもないほど巨大な施設のようだ。野球ドームよりも大きそうに見えた。直近まで歩くとその大きさに度肝を抜かれた。

「中へ入りましょう」

 そう言ってヘレーネは壁に手を当てた。すると忽ち何も無いただの白い壁だったところに通路が現れた。どういった仕組みなのだろうか。まぁ考えても仕方ないけど。

「すごいね」

 中は最先端の施設といった感じで真っ白で綺麗だった。少し歩くとどこからかピアノの音が聞こえてきた。ピアノ!弾きたい!

「ねぇ。ヘレーネ。ピアノのあるところへ行ってもいい?」
「いいですよ」

 ピアノの音が聞こえるということは演奏者がいるということ。もしかしたら黒川さんかもしれない。施設を音の方へと進むと開けた場所に出た。
 中庭のようだ。とても広く、草花が気持ちよさそうに太陽の光を受けて辺り一面を覆い尽くしていた。楽園と呼ぶに相応しい場所だった。そして中央に巨大な木が1本ある。そしてその木の下にグランドピアノが置かれていた。
 ピアノを弾く黒髪で長髪の女性が一人と、その横でその旋律を聞いている女性が一人いた。近くでピアノの音を聴くと酔いしれそうになる程上手い。

「来たようですね」
「そのようね」

 ピアノの音が突如途絶える。演奏者が立ち上がってこちらへやって来た。

「初めまして。アダムさん。私はイブ」
「初めまして。イブさん。よろしくお願いします」

 イブが右手を差し出すので僕も合わせて握手をした。

「ピアノ凄いね。聴き惚れちゃったよ」
「冗談でしょ」
「いや、本当に思っているよ」
「あなたに分かるの?」
「きっと」

 そう言って僕は彼女が座っていた椅子へと腰掛け、ピアノを弾き始めた。僕があの部屋で完成させた曲を。

「すごい。なんて曲?」
「僕が作ったんだ。名前はまだないけど」
「もったいない。そうねぇ。大自然を彷彿とさせるから、ガイアとかどう?」
「いいね。それ」

 僕はそよ風に身を躍らせながらガイアを弾いていく。音が鳴るってこんなに素晴らしいんだ。いつもは想像や幻聴のようなもので聴いていたけれど、実際にとなると違った。

「あなた、やるわね」
「それ程でも」

 とても楽しかった。とても気持ちよかった。ガイアを弾き終わると、拍手が起きた。ヘレーネとイブともう一人の女性からだった。

「そちらの方は?」
「私専属のロボットよ。名前はアデル」

 アデルと紹介された女性が一歩前に出てお辞儀をする。

「アデルと申します。よろしくお願いします」
「僕はアダム。よろしくね」
「私はヘレーネ。アダム様専属のロボットです」

 一頻り自己紹介が終わるとイブが言った。

「これじゃあハーレムね」
「あはは。そうだね」

 こうして僕らは邂逅を果たした。そして新たな人類の神話がここから始まるのだった。

愛なるEを越えて

愛なるEを越えて

部屋に閉じこめられ、永遠に等しい時を過ごす。次に部屋を出たとき、世界は終末を迎えていた。アダムとイブ。二人の人間しかもう生き残っていない。 これは二人の神話の始まりの物語。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • SF
  • 成人向け
  • 強い性的表現
更新日
登録日
2022-04-22

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted