ニユウヨウコ

月

あの人と目があって
わたしがきらきらリボンをつけたのも

自分が正しいと
わたしの中で小さな虫が大行進したのも

わかりあえないと
わたしの胸にできた湖も

月は見てる

わたしは、月に
どう思ってるの?、と聞く

月は何にも言わないけど

深い藍色に
きいろとオレンジを溶け込ませて

大きな丸さを
静かに揺らしながら

わたしから目をそらさない

だから、わたしは

すっかり安心して

眠くなるんだ

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2021-09-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted