幸と極光

猫宮ゆり

 マナが産まれた深夜、町の上空にはオーロラが訪れていたという。
 妹の誕生日の話とはいえ、年が近いベルガはそれを記憶に留めてはいない。ただおぼろげに、母の大きかった腹が窄まって、代わりに赤ん坊がやってきたことはおぼえている。そう言うと、
「あら、だって」
 長姉のデルフィナが目を細め、
「ベルガは見てないんだから、おぼえてなくて当然だわ。わたしはあの時、おばあちゃんと一緒に表に出てオーロラを見たの。ベルガにも見る? って訊いたけど、あなたはマナとお母さんにくっついて離れなかったから」
柔らかな声で懐かしんだ。
「そうだったの? ……」
 ベルガは頬杖をつき、十六年前へ心を移す。ものごころついて以降、オーロラなんてこの町で何べんも見てきたが、妹が産まれた晩のそれはどんなに美しかったことかと思う。むろんあの時は、幼心にオーロラがどれほどきれいでもそれ以上に、目の前の小さな妹と母に寄り添っていたい、と願ったのだろうけれども。
「それで、」
 ふと、ずっと俯いて手を動かしていた祖母が声を発した。
「それであの子は、今年は何が欲しいって言ってるんだい」
 暖炉に一番近い揺り椅子は祖母の定位置だ。そこで編みものを続けながら、声音だけをこちらへ向けてくる。ベルガは姉と顔を見合わせた。
「それがね」
「ね」
「マナのことだ。どうせまたえらい無理難題なんだろう?」
 祖母の嘆息へ、薪の爆ぜる響きが励ますようにかぶさる。
「そう。毎年のことだもんね、マナのわがままは……おばあちゃん、今年はあの子、花だって。花が欲しいんだって」
「花ときたかい。この真冬に、」
 ベルガが言い上げると、祖母は丸い肩を動かして笑った。足元の毛糸玉もつられて揺れる。
「困ったもんだね、草一本生えちゃいないのにあの子ときたら。デルフィナ、どうするんだい、もう明日だろう?」
 窓の外は降り積もった雪でまっ白だ。花どころか青葉一枚見えはしない。だが、
「ふふ。大丈夫よ」
 姉のデルフィナが微笑する。
「こんなこともあろうかと、夏にお花を乾燥させたのを多めにとってあったの。それでブーケをつくってプレゼントしてあげようと思って。ベルガ、後で手伝ってくれる?」
 さすが姉さん、と上げたベルガの声と、さすがデルフィナ、と讃えた祖母の声とが重なった。
 姉はいつも、温かくやさしかった。そのやさしさは父母を喪ってからなお増し、ベルガと妹のマナにとって親代わりにも等しい姉だった。

 翌日の宵、さし出された花束に妹は目を丸くした。その輝くばかりに美しい頬を上気させ、
「え。うそ。花……本物のお花じゃん!」
 リボンでまとめられた花束と、ベルガとデルフィナを交互に見た。よく干せたラベンダーと犬薔薇は夏の色を鮮やかに映し、マナは口元を歪ませたかと思うと、
「……あたし、あんなしょーもないわがまま言ったのに……おねーちゃんたち、今年も、叶えてくれたなんて……」
 デルフィナの胸へ顔を埋める。ベルガは姉と一緒にマナの頭を撫でながら、今年もこうして、妹の望みをかたちにしてやれたことに安堵した。
 マナは放埓でわがままだが、素直で純真な子だ。ベルガにとってこの十六年は、妹が寂しい思いをしないよう、姉や祖母と一日一日、温めるように繋いできた日月だった。
「よかったねえマナ、ほれ、鮭のシチューができたよ」
 台所から祖母の柔い声が立つ。
「ありがとおばーちゃん、あたし、おばーちゃんのシチュー大好き!」
 マナは花を抱いて仔犬さながらに跳ねていき、デルフィナが笑みをこぼす。
「よかったわね。なんとか今年も、あの子のお願い叶えてあげられて……ベルガ、ありがとう」
「ううん、姉さんが準備してたおかげじゃない。……お母さんがいたら絶対、姉さんとおんなじことしてたと思うし」
「……だといいんだけど……」
 そのとき表が賑わって、開けられた扉から隣家の幼なじみたちの声が聴こえた。
「おーい、オーロラ見えたから出てこいよ、マナの誕生祝いだな、」
「え、行く行く!」
 表から吹きこむ凍風に、花を抱えたマナが足を弾ませる。
「ね、早く、おばーちゃんもおねーちゃんたちも行こっ」
 マナに急かされ、ベルガは姉や祖母と玄関へ押しだされた。「そんなに急いで、オーロラなんてまた見れるわよ」と言うデルフィナ、「あったかくして出ないと風邪をひくよ」と案じる祖母との間で、ベルガは感慨にくるまれる。
 両親はなくとも、こうして祖母と姉妹で明るく暮らせていること、マナの産まれた日に訪れていたオーロラを今みんなで眺められること。その朗らかな喜びが、犬薔薇とラベンダーの香気に溶けて風に乗る。

 こんな日々がずっと、ずうっと続いてゆくだろうと、ベルガは願うまでもなく信じきっていた。

幸と極光

★『凍露』本編の序章部分はこちら→ https://slib.net/102439 

★テキレボEX2 花月 『凍露』webカタログ→ https://plag.me/c/textrevo_ex2/2689 

★テキレボEX2 花月 『凍露』購入専用サイト直通→ https://text-revolutions.com/staffdaikou/products/detail/2428 

幸と極光

2020年2月一次創作エア同人誌即売会様初出・2020年6月紙街x1様参加+2020年5月テキレボEXわくわくおためしパック用ペーパーへ掲載した作品の再録です。 猫宮ゆりの一次創作小説『凍露』の番外編で、人魚の伝説が残る北の町に暮らす三姉妹のひとこま。 『凍露』は架空の北欧風ダーク寄りハイファンタジー・2020年11月22日新刊オンリー(オンライン同人誌即売会)にて発行/テキレボEX2や自家通販で頒布中です。なお、本編の序章以外のweb公開予定はありません。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2020-09-29

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted