リスカと泥濘

蜆川無溟(仮名)

リスカって気持ちがいいですよね。僕が死ぬほど不安で幻覚が見えてしまいそうなときに、しています。部屋に虫が湧いたり、誰かからこっそりのぞきみられるのはごめんなので、死にたくはないのでリスカします。薬物もきめます。最高です。
皆さんもリスカ、してますか?

精神薬(せいしんやく)の味を覚えてから
僕は変わったのだ
煙草(たばこ)も始めた
酒もやった
セックス(性行為)もした
気持ち悪いね

ああ、気持ち悪い
死ね、皆死んでしまえ
そんなことばかり思う
あまったウイスキー
彼女が飲むのをやめろと
言ったそれを
今日はお茶で割って
一気に流し込む

ああ、気持ち悪い
だから僕も自傷(じしょう)するよ
君もしたんだよね
だからその仕返しだ
僕は僕を傷つける
酒、薬、ナイフで切り付けた腕
血がにじむね、かわいいよ僕

ああ、気持ちいいね
気持ちがいい、僕は
罰を受けているような
死んでしまえ、僕
死ね、死ね、僕は死ね
何度も切って
()れて血がにじむ
まるで芸術だ
僕が作品なんだ
最高だ
最高に
気持ちがいい
いきそうだよ
君とのセックスより
気持ちがいいかもね

泥濘(でいねい)、泥濘、
知ってるかい
(はす)の花っていうのは
泥の中からでも
美しい花を咲かせるのさ
泥濘、泥濘、
だから僕は
泥に沈むのだ
世界の最底辺から
僕は君を見る
泥濘、泥濘
ぬかるんだ世界が
僕のゆりかごだ
このゴミみたいな場所だけが
僕の居場所だ
僕は一人だ
君がいたって
君がいたって
何にもなりやしないんだ
だから僕を、嫌いになって
泥濘、泥濘
そうして僕を
泥濘、泥濘
捨ててくれよ
泥濘、泥濘
世界の底に沈んでく
泥濘、
そして僕は
泥濘
僕だけになる

世界と会うのは僕だ
他の人間じゃない
究極的(きゅうきょくてき)孤独(こどく)
僕だけだ
泥濘を愛する
この僕だけだ

僕だけが
本当の人間だ
他は違う
僕だけが
本当の芸術家だ

ああはやく死にたい
死にたいね
死にたいよ
泥濘。

リスカと泥濘

リスカは、やめましょう。でも、しょうがないよね。しょうがないんだ、僕ら生きねばならないんだから。死ぬよりは、ましでしょ?愛してよ。ねえ、本気で愛してよ。愛してみてよ。ほら、ほら、愛してみてよ。

リスカと泥濘

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青年向け
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted