子宮の詩

林やは

きみは、発してしまったものを、食べて、はらんだ。ささやきから、幾千年の源を感じて、ぼくに、たまに、やさしくしてくれるものが、鼓動でした。(脈の、もうひとつの、リズムに、なりたい。きみに、やわらかな、他人のように。)

子宮の詩

子宮の詩

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted