アランの秘密

きゃする。すわんな。らぷらす。

ぼくは、プランちゃんだよ?

I

《歩!!》
【何ですか】
【部長】
《お前さ》
【?】
《二重に見えんだよ》
【へ?】
この、話、ぼくは知っている。
あの子だ。
【ぼく、、、。】
【ぼく、、、。】
少年は、言った。
《俺のすきなこ、どこ行った?》
【へ?】
《いんだろっ!!》
【や、や、やめてっ】
《ふ~ん。うそつくのかよ》
【やっ、だ~!!】
《何してるんだ、アラン!!》
《コイツが、ウソつきやがんだっ!!》
【そうなのか、】
【アラン。】
《そうだ。お前が、こんなやつ連れてきやがって》
【、、、】
【失ったものは、元には、戻せないんだ。】
【アラン】
《ん?》
【プランだ。】
【アラン】
《ねえ。》
《ぼくって、かわいい?》
【かわいくねえよ?】
プラン。
どこに?
こいつ、
お前?
教えてくれ。
俺。
ツラくて。
仕方ねえ。

アランの秘密

ツラくて。仕方ねえ。

アランの秘密

お前が、二重に見えんだよ。

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted