しばこまつだ

生き物、色、性、死、孤独、個人的な、破滅、はじまり、終わり、流れ、架空、スピリチュアル、、、などの短編物語

死のまわりー私

死のまわりシリーズ 1/3話。死は誰の身近にありながらも、遠い世界。死に向かっていくまでのそれぞれの物語。 本当に生きてることを実感できるのは、死の直前なのかもしれない。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 成人向け
  • 強い暴力的表現
  • Copyrighted

死のまわりーじいさんとばあさん

死のまわりシリーズ 2/3話。じいさんとばあさんは何百年と二人で生き続けている。庭の桜の古木とともに。永遠につづくと思われていた生活にも終わりはあった。死についてのファンタジー。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 青年向け
  • Copyrighted

死のまわりーみんな

死のまわりシリーズ3/3話。我々は愛を体験するために、この世界に生まれてきたのだろうか。愛を感じるためにはやはり、死というルールは不可欠。死の場面で体験した感情とは。死のことの物語。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 青年向け
  • Copyrighted

シーラさん

店にはシーラさんがいた。シーラカンスのシーラさん。風俗店で働く私が出会った整形をしすぎて顔がつぎはぎだらけの不思議なシーラさんとの物語。シーラさんの声に耳を傾けると、私は遠く航海に出たような気持ちになる、、。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

すずめ

私は主体性がないってよく言われる。自分の意見をはっきり言わないで、人に流されてばかりだから、きっとエイズにかかってしまったのだ。頼まれると嫌といえない。客の要求するプレイはどんどんエスカレートしていく。私は嫌と言えない。言いたいのかもわからない。私はすずめのように大衆に紛れて、生きている。

  • 小説
  • 短編
  • 青年向け
  • Copyrighted

イカシナプス

私の住む星はすべてが満ち足りて、すべてが通じ合い、悲しみも痛みもない完璧な世界だった。私はその世界から、この世界にやってきた。すべてが未完全で荒々しい黒い世界。私はそこで孤独を知った。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 青年向け
  • Copyrighted

たけのこ1号

お金持ちたちが住む高層マンション群。ふとしたきっかけで僕はそこの住人になることができた。しかし、その世界は、僕が慣れ親しんだ世界とはちょっと違っていた。僕は彼女を部屋に招いてプロポーズをした。でも、フラれた。僕は一人ぼっちになり、辺りは猫に埋めつくされていた。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

スペースボール

スペースボール、スペースボール、飛ーんだ。子供たちの歌遊びが示唆しているのは、宇宙探査機サトシとサトルの行く末、、。いや、地球の行く末。宇宙空間で起こった小さな爆発。大きな破滅。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

ある晴れた日に

「たまには本当の空で泳いでみれば?」って、私はソラ男に言った。ある晴れた日に仲良しグループたちとバーベキュー。私が「ソラ男よ。彼は風船なの」って紹介すると、みんなは拍手喝采、大歓迎。まさか本当に、彼が風船だって信じている、一人の男を除いては。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 青春
  • コメディ
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

風の向こう側

ママは死者が乗る列車をホームで待ち続けていた。ホームは果てしなく長く、その果ては闇の中に消えていた。ホームには一台の電話が設置されている。それは下界の自殺志願者と繋がる電話。電話が鳴った。ママは自殺志願者に、死を選択させることも、生きることを説得することもできるのだった。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted